• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

黒クロサギ

20130324k52s008 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
クロサギを最初に見たのはまだ本州とつながる前のこの島でした。別に鳥見に来たわけではなく、夏の職場旅行でしたから、カメラは写るんですしか持ってなかったなぁ。写るんですじゃ写らんですでした。
20130324k52s010 ここのクロサギの喉は白くありませんでした。前にMFで見た南方系とは違うようです。飛び立った瞬間、水飛沫がメインです

20130324k52s011 それから隅のほうでハンティングを始めました。獲れたのか獲れなかったのか、判るようには撮れませんでした。

2013年3月30日 (土)

お弁当は大事だ!

201303241d4034 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
ミサゴがお弁当下げて飛んで来ました。あまりにも小さいので片足で掴んでいます。ベラか何かでしょうか?
201303241d4038 この日はお弁当を持たずにお昼は食堂でした。それはそれで楽しみの一つなのですが、お弁当持参組はその間も鳥さんに遊んでもらったみたいです。

2013年3月29日 (金)

夏のび

201303241d4026 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
夏羽のノビタ君が居ました!これも遠かったけれどとりあえず花がらみ。
201303241d4032 オレンジ色の喉元が綺麗でした。昨秋たくさん見ましたが、秋には決して見れない色ですね。

2013年3月28日 (木)

白無垢鳥

201303241d4024 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
電線に留まったムクドリの中に白いムクドリ発見。すわ!ギンムクか何か?心騒いだのですが。
201303241d4021 残念ながらムクドリの部分白化個体のようでした。ホオジロムクドリでもないようです。
201303241d4022 色の白いは万難隠すと言うけれど、隣のムクドリの鳥相の悪いのに比べると、なんとも可愛いらしいムクドリでした。

2013年3月27日 (水)

花やっちゃん

201303241d4012 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
今年も逢えましたヤツガシラ。でも物凄く遠かった。ハイタカが飛び回っている所為か、神経質でぴりぴりしている感じ。それでも一輪だけ咲いていた花に寄ってくれました。
201303241d4015 その後砂浴びを少しだけ。以前T公園に現れた時のようにフレンドリーにはなれませんでした。冠羽を立てるところは見せてもらえませんでした。

2013年3月26日 (火)

赤ハイタカ

201303241d4008 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
焼酎と言えば緑色のプラスティック容器に入った、ワンカップの霧島が懐かしい。夜行列車で帰省先から戻る際に、車内で飲めと2,3本持たされたっけ。霧島は今や黒霧島や赤霧島ばかりで、緑の霧島は飲まなくなってしまった。
201303241d4007 ハイタカといえばずっと白いイメージだったのだが、赤いのが居ると知ってからは無性にそいつが見たくなった。春の渡りの季節、島の空には赤ハイタカが飛び回っていました。空がもう少し青かったらね。

2013年3月25日 (月)

テレコン

20130317k52s020 K-5IIs + FA★200mmF2.8 ED 2X-S
ペンタックスの最大の弱点はまともなテレコンが無いこと。MFでしか動かないのだから嫌になります。ロードマップにあるAFテレコンが世に出る日は来るのでしょうか?本来なら
FA★200mmF2.8 EDには2X-Lを着けるべきなのでしょうが、Lは1.4Xしか持っていません。仕方なく2X-Sをつけて見ましたが少し色が悪い気がしました。
20130317k52s022 このテレコン、どちらも中古で買った物です。1.4X-Lを買ったときは隣に2X-Lも並んでいて、今よりもずっと安い値段だったのです。あの時2つとも買えばよかったとつくづく思います。今の値段はとてもコストパフォーマンスが合わないので買う気になりません。

2013年3月24日 (日)

旅支度

20130317k52s009 K-5IIs + FA★200mmF2.8 ED
暗いところで動く影、シロハラはこういうところが大好きです。ここではAF迷うことなく合わせてくれました。AF性能はカタログで謳っている通り進化していました。
20130317k52s013 明るいところに出てきました。ちょっと露出をへくりました。SSの設定が悪かったようです。
20130317k52s031 バラ園に出てきました。シロハラも旅支度が忙しいのか、あまり遊んでは呉れませんでした。

2013年3月23日 (土)

春支度

20130317k52s002 K-5IIs + FA★200mmF2.8 ED
軽い装備で公園を散歩しました。小さいレンズなら鳥も近寄ってくれるはずとの目論みは大はずれ。300mm相当では小さいですね。シジュウカラが幹に生えた苔を集めていました。巣作りがもう始まっているようです。
20130317k52s004 頭の後ろのハゲを見せてくれました。でも1羽だけだから個体識別もへったくれもありません。
20130317k52s006 春支度が忙しいのでしょう。愛想ふりまくことも無く林の中へと去っていきました。

2013年3月22日 (金)

ツバメ来る!

P1230076 FZ150 敢えて広角域で撮影。
このところ玄関に泥が落ちているので、見上げるとツバメの巣が一部壊れていました。ハテ?またカラスが悪戯してるのかと思っていました。ところが、昨日夜帰ると糞が落ちていました。見上げるとそこにはツバメの姿が....早過ぎない???。一体どういう展開になるのか、今後が楽しみです。

2013年3月21日 (木)

遅梅

20130316d4079 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
桜の開花がニュースになっていたというのに、まだ咲いてる梅ノ木がありました。梅がらみで撮れるかもと、近くに座り込んで待ってたらホオジロがやってきてくれました。ただテッペンの方は花が少ないんです。でもまあ折角やって来てくれたのでパシャパシャと。
20130316d4083 このおっさん、何座り込んでるのだろうと不思議そうに首をかしげています。きっと通り過ぎていった車のドライバーさんたちも同じように見てたのではないでしょうか。

2013年3月20日 (水)

トイカメラ風

20130316d4100 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
オカヨシガモが池に居ないと思ってたら川に来ていました。ただ此処は車置いたところから遠いのでモアレテストは手軽に出来ません。
20130316d4071 川辺に下りて低い位置から撮って見ました。防波堤の上の高いところからが多いので、一度水面くらいの高さから撮ったら面白そうと思っていたのです。流石に近くに来ては呉れませんね。なんだかデジタル処理でトイカメラにしたような雰囲気になっちゃいました。1D4にはそんな機能はありませんが。

2013年3月19日 (火)

鵜の花

20130316d4060 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
一応カワウの花がらみ。どこに花が?背景にちらりと紫の花が見えていました。卯の花ではありません。
20130316d4061 反転するカワウ、背景は杉の花か?きゃー怖い。マスクをしてるとファインダーが曇ったりするので不便です。

2013年3月18日 (月)

ガッチャマン

20130316d4103 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
堤防を歩いていたら足元のダイサギを飛ばしてしまいましたが、直ぐに降りてくれました。翼を広げて降りる姿が、ガッチャマンに見えてしまいました。きっと6番目のメンバーでコードネームは、白鷺のダイ、白鳥のジュンの双子の兄に違い有りません。それにしてもナイスプロポーション。

2013年3月17日 (日)

おしゃれ

201303031ed484 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
ウミアイサまでもが近くに浮いてきました。好物のカニを捕らえたのですね。
201303031ed492 食べ終わってすっきりした顔をしています。これからの旅に備えてたくさん食べないとね。ウミアイサにしては髪が整っているおしゃれな女の子でした。

2013年3月16日 (土)

式神

201303031ed478 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
干潟で採餌してきたハマシギが帰ってきました。杭の上を行ったり来たり飛びまわります。
201303031ed481 反転してパッと白くなりました。まるで式神のようだなとつぶやいていたら、聞こえたのか杭へは留らず、また外海へと移動してしまいました。

2013年3月15日 (金)

温暖化

201303031ed465 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
ちょっと前までは、この辺りでアオアシシギが越冬することは無かったらしいのですが、このところ、よく見かけます。ハマシギ、イソシギの次にポピュラーなシギではないでしょうか。今年はおまけに、本来春・秋に渡っていくコアオアシシギまでが、南下するのを止めて越冬しています。コアオアシシギがアオアシシギに挟まれました。決して親子ではありません。
201303031ed469 絞り6.3では前後のアオアシシギがぼやけてしまうので、絞りをF10に上げてみました。体の大きさと嘴の長さと反り具合、足の色が違うのが判ります。アオアシシギ、コアオアシシギって繰り返し発音すると舌をかみそうです。

2013年3月14日 (木)

羽ばたきコレクション2013-おまけ

201303031ed463 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
ホオジロガモの雌が近くに来ていました。もう1200mmは仕舞った後だったのが残念。とりあえずコレクションに追加しました。780mm相当ではこんなものでしょう。

2013年3月13日 (水)

悔い無しとはいかず

20130303k52s184 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
キンクロに遊んでもらっているうちに本命さんが顔を覗かせました。岩の間からじっと様子を窺っています。
20130303k52s193 遂に全身を現してくれました。嘴の色が綺麗です。いま春が来てクイナは綺麗になっているところです。
初めてまともにクイナを撮れたので非常に満足でしたが、帰ってみるとどうにも画質が荒くISOは8000でした。SS(1/500)を落として見れば良かったと悔いが残ります。
20130303k52s195 そのうち真上のデッキにバーダーさんがやってきて、飛んでしまいました。こちらへと向かってきているのですが悲しいかなマニュアルフォーカス。あんた今クイナ飛ばしたとバイと心の中で思わず叫んでしまいました。何はともあれ、先日の電撃トレードの一番の理由がここのクイナを撮ることでしたので、とりあえずめでたし。

2013年3月12日 (火)

春モズ

20130303k52s167 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
カモに気を取られている間に本命さんがチラッと顔を覗かせたのだけれどまた隠れてしまいました。すると今度はモズが遊びに来てくれました。
20130303k52s169 少しだけハイキーに仕上げてみました。春らしい雰囲気だと自画自賛。

2013年3月11日 (月)

羽ばたきコレクション2013

20130303k52s161 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
午後から天気も良くなってきました。K浜の池のほとりで本命待つ間に鴨に遊んでもらいました。うれしいことにこれまでは池の奥に居ることが多かったキンクロハジロが今日はなぜか手前に集まっていました。羽繕いを始めたので早速撮らせて貰いました。手始めに1/2000、F11、ISO1250、翼はほとんどぶれていませんが何か面白味が足りません。
20130303k52s166 そこで思い切ってSSを1/160に落としてみました。F16でISO200です。翼が見事にぶれましたが、ちょっとぶれ過ぎカモ。それでも頭はしっかり止まっていて、紫に光っています。
20130303k52s164 同じ羽ばたきの中の別コマ、7コマ連写の威力で丁度いい位置が写っていました。ISO200の方がやっぱり色の出もいいのだとつくづく思いました。

2013年3月10日 (日)

海を見ていた午後

201303031ed426 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
浜には浜千鳥ならぬシロチドリが海を見つめて佇んでいました。
201303031ed436 近くには雄の姿も。この浜辺で営巣するのだろうか。烏や鳶も多いのだが。
201303031ed432 身だしなみを整える雄。
201303031ed430 それを遠くから眺めている雌の姿。

2013年3月 9日 (土)

恋の大騒ぎ

20130303k52s107 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
アオサギたちが集まって大騒ぎ。
20130303k52s128 こちらは二人仲良くダンスの披露。
20130303k52s113 みんな赤い顔してすっかり出来上がっているみたい。もう巣に座ったアオサギも居ました。

2013年3月 8日 (金)

葦原の小忍者

201303031ed408 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
葦原の大物忍者はまだ居るんかいなと訪ねてみましたがお留守のようでした。それでも葦が小刻みに揺れていたので見てみると、小忍者がこちらを見ているではないですか。
201303031ed409 忙しなく葦の間を動き回ります。セッカとかヨシキリみたいな留り方もしました。
201303031ed413 ところで地鳴きもさえずりもしなかったので本当にウグイスだったのか?今頃図鑑見て首捻っています。

2013年3月 7日 (木)

超伝導

201303031ed401 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
別に隠れたりもせずに居たのですが、時折気づかずにやってきた鳥が近くに降りようとして慌てて逃げていきます。そこで速写砲システムを手元に置いて待ってたら、コサギがやって来ました。近すぎて羽の先を入れ損ねました。タッチアンドゴーだったので雫が落ちていきました。
201303031ed403 ヘラサギがまたお休みになったのでそろそろ場所を移動しようかと立ち上がったら、足元からカイツブリが逃げ出していきました。水面の忍者走り、何時見ても見事です。
201303031ed405 それからふわっと浮きました。きっと昔流行った超伝導に違い有りません。
201303031ed407 それから鏡のような水面に2本のシュプールを描いて滑っていきました。

2013年3月 6日 (水)

はみがき

20130303k52s042 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
ヘラサギの一日は歯磨きから始まる、なんて人間臭いのでしょう。眼を覚まして羽繕いを終えると、葦の生え際にやってきたヘラサギ、大きな嘴を開くと葦の茎を鋏んでばりばり。
20130303k52s048 まるで歯磨きのようで、嘴の汚れを落とす効果もありそう。
20130303k52s050 そのうち爪楊枝のようにシーハー、奥歯に魚が挟まったのかな。本当は巣作りを真似て遊んでいるんじゃないかということです、念のため。

2013年3月 5日 (火)

バランス

20130303k52s017 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
一番立派な嘴を持った個体がのしのしと歩き始めました。眠っていたカルガモを押しのけて進みます。カルガモって大きいんだなぁとあらためて思います。
20130303k52s020 石の上にひょいと載りました。翼を広げてバランスをとります。翼に黒いところが無いのが良く判ります。
20130303k52s023 石が小さいのでよろけてしまいました。
20130303k52s024 何とか石の上で落ち着きました。この後羽繕いして眠りましたが、きっと足が冷たかったのでしょうね。

2013年3月 4日 (月)

トレード

20130303k52s010 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
1対2+金銭のトレード成立。思い出がぎゅっとつまったベテランEOS40Dと限定カラーが眩いK20Dを泣く泣く放出してまで採った新人の実力は如何程なのか?海辺のMF回ってテストしてきました。カモくらいしか居ないだろうとの予想を覆し、嬉しいことにクロツラヘラサギの中に1羽ヘラサギが混じっていました。朝方は曇っていましたが、高感度アップで問題なし。
20130303k52s056 お昼近くなって活動を始めました。被写体が動いてもさくさく撮れて非常に快適です。高倍率コンデジと見間違うような小さなボディに技術がぎゅっと濃縮されているのです。
20130303k52s066ピントの山も見やすく、電子水準器も便利です。巷で噂どおりの実力でした。きっと解像度もいいんじゃないのかな。これから大きな戦力になりそうです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

フォト

カテゴリー