• 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028

« カモメはカモメ | トップページ | 先遣隊 »

2013年5月 1日 (水)

タイミング

EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
201304211d4106 帰りにまたセイタカシギの元へ、でも漣が立っていて朝のような水鏡は消えていました。
201304211d4104 それでも活発に飛び回ってくれました。1週間後に行って見たらもう姿は有りませんでした。

« カモメはカモメ | トップページ | 先遣隊 »

セイタカシギ」カテゴリの記事

コメント

この時期は天候も鳥も動いているので,
ほんと,タイミング,大切ですよね〜

ROBINさんへ
潮の満ち引きに自分の立ち位置も重要でした。
良かった面、不運だった面いろいろありましたね。

セイタカシギ、今年は多いのでしょうか?
蒲生干潟にも来ているそうです。
ちなみにあの頃、蒲生で見た記憶はありません。
http://tohoku.env.go.jp/blog/search.php?year=2013&month=05&day=1

日和山のない蒲生は寂しいですが、
干潟は少しづつ回復しているようです。

ジュリーママさんへ
あの頃、セイタカシギは東京湾に現れる迷鳥だったはずで憧れだったですね。
さぼり会員の自分にはたとえ蒲生に出ても縁が無かったかもしれませんけどね。
こちらには毎年のように来てくれるようになりました。これも温暖化の影響かも。
蒲生干潟、これまでは入ることも出来なかったのですね。以前に負けない環境に再生して欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カモメはカモメ | トップページ | 先遣隊 »

フォト

カテゴリー