• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« いとしのエリーII | トップページ | 鳩と亀 »

2013年7月16日 (火)

線引き

201307021d4090 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
あと一種だけ逢えてない鳥さんを探しにまた水田へ。シロハラクイナの親御さんにも挨拶したいしね、でも全然出てくれない。そんな中電線に留まったスズメくらいの小鳥、顔が黒っぽく見えたのでよくよく見ると、アミハラではないか。これで310種目!
201307021d4091 この手の篭脱け由来鳥を数えていいものか、とりあえず自分のルールとして、バイブル小学館版の「日本の野鳥」(昭和51年初版)に掲載されているものは数えることにしている。ソウシチョウやガビチョウは載ってないのでノーカウント。フィールドガイド日本の野鳥の増補改訂版には載っているので、あと20年くらいしたらこっそり足そうかなぁ。このアミハラ翌日も別の水田で見かけました。この辺りに根付いているようです。めでたく沖縄本島でライファー10種を手土産に、次の島へと向かいました。

« いとしのエリーII | トップページ | 鳩と亀 »

シマキンパラ」カテゴリの記事

コメント

アミハラ,初めて知りました.
台湾から飛来と書いたものもあるので,数えて良いのではと思いますよ.

ROBINさんへ
そうなんですか、天然由来の可能性も残っているのですね。
このカテゴリでは大昔に佐土原で見たヘキチョウを堂々とカウントしています。
今は居ないのですかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いとしのエリーII | トップページ | 鳩と亀 »

フォト

カテゴリー