• 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028

« 悲願の... | トップページ | 猛禽の季節 »

2013年10月30日 (水)

再生中

P1310414 FZ150
仙台に行く機会が有り、蒲生干潟に連れてってもらいました。干潟のようなものが残っていました。
P1310383 近くの防波堤は壊れたまま、2年半が過ぎようとしています。
P1310385 足元にウミネコが一羽、逃げようとしません。なんと気づかなかったけれどイソシギも居たようです。
P1310397_1 なぜに逃げないかというと、カニを狙っていたのでした。土が戻り、ゴカイ類が戻り、カニが戻り、鳥が戻る、はやく自然の力で再生して欲しいものです。

« 悲願の... | トップページ | 猛禽の季節 »

ウミネコ」カテゴリの記事

コメント

以前を知っている人にとっては悲しみがより大きいでしょうね.
復旧にはまだまだかかりそうですね.

最後の写真,ナイスショット.

未だにこの状態なんですね。
それでも、少しづつ底生生物が戻ってきているんですね。

自然も、人の生活も、一日も早く回復できますように!!!

ROBINさんへ
FZ150で適当に撮ってたらたまたま写っていました。しかも連写が此処で終わっていました。
それよりもイソシギを見落としていた迂闊さがショックでした。

ジュリーママさんへ
閖上のほうも案内してもらいましたが、復興は何も始まっていないようでした。
家の基礎がセイタカアワダチソウに埋もれていました。
仙台近辺でもまだまだなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悲願の... | トップページ | 猛禽の季節 »

フォト

カテゴリー