• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

日向ぼっこ

20140216id4165 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
まだまだ寒い日が続きますが空の上からヒバリの声が響く季節になりました。路上でヒバリがうずくまっていました。どこか具合が悪いのでしょうか?いえいえ唯の日向ぼっこ。道路が日差しを蓄えて暖かいのでしょうね。
20140216id4169 行く手に座り込んでいるので、困ってしまいましたが、どっこらしょっと腰を上げて、どいてくれました。

2014年2月27日 (木)

春でした!

20140216k52s189 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
最初にお断り。18歳未満は、2枚目以降見ちゃダメだよ。A川ではマガモ達が水浴びの真っ最中。春を迎え、お洒落に余念がありません。
20140216k52s195 そんな群れから離れて、カップルがどんどん近づいてきました。なんだか、目つきが変だぞ~。
20140216k52s198 と思っていたらこういうことだったのですね。
20140216k52s202 ♂は背中に乗ると嘴で♀の頭を押さえていました。
20140216k52s204 どんどん沈んでいって溺れそう。この時、まさかのバッテリー切れ。カメラの基本性能はかなり進化したけれど、バッテリー残量表示は昔のままのペンタックスなのでした。

2014年2月26日 (水)

遠く近く

20140216id4143

EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
今年はウミアイサが少ないと聞いてたのですが、確かにいつものポイントで岸壁近くに来るウミアイサを見かけません。ようやく一文字でペアを見つけました。

20140216id4140

キンクロハジロは、遠くに居ることが多く、これまで撮ってもお蔵入りばかりでした。クリーク沿いの荒れ道を行くと、水路に黒い影。どうせバンか何かだろうと思ったら、キンクロハジロでした。一羽は葦の陰にすぐに隠れたのですが、この子は悠然と泳いでいきました。でも額に汗が光っているみたいです。

2014年2月25日 (火)

悪役大賞

20140216id4152 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この冬最も嫌われたジョウビタキは、きっとこの子でしょう。「え、私のこと?」きょとんとしているようですが、間違いなく貴女です。
20140216id4155 どうせならこの日のように、愛想ふりまいとけばよかったのにね。まぁ、超人気のあの子にライバル心燃やす気持ちがわからない訳でもないけど。

2014年2月24日 (月)

特別警戒中

20140216id4125 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
警戒心の強いヒヨドリ、無防備に枝に留まっていました。
20140216id4126 右や左をきょろきょろ、何かを警戒しているようなのですが、ターゲットは人間ではないようです。
20140216id4128 すると近くに現れたシロハラを追っ払って藪の中に飛び込みました。シロハラと縄張り争いしてたのですね。

2014年2月23日 (日)

越冬ヒクイナ

20140216id4157 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
夕方も4時を過ぎると、あの人気者はお休みです。すっかり人影も減って油断したのか、葦原から、ヒクイナが顔を出してくれました。
20140216id4160 折からの西日に映えて緋色が鮮やかでしたが、酔っ払いのようでした。越冬ヒクイナ、やっぱり居るのですね。

2014年2月22日 (土)

リベンジ

20140216id4114 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
先日、ホバリングしているカワセミを双眼鏡でむなしく見てました。あぁ、なぜにカメラを持ってなかったかと...この日は公園を散歩してたら青い鳥が目の前を横切って、水辺の石の上に止まってくれました。
20140216id4115 先日みたいにホバリングしてくれないかと願いましたが、ちょっと飛んだだけでした。
20140216id4118 その後も石の上から見下ろしていましたが、ここのちいさな流れには獲物は居なかったようです。

2014年2月21日 (金)

巣材集め?

20140216id4075 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
メジロと一緒にエナガもやって来ました。いっそう落ち着きが無くなってました。
20140216id4030 木の実を食べてばかりと思いきや、違うことをしている子がいました。
20140216id4031 小枝を集めているようなんですが、きっと巣材にするのでしょう。日本中あちこちで冬将軍が暴れまわっているようですが、やっぱり春が近づいているんですね。

2014年2月20日 (木)

さかさメジロ

20140216id4041 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
南国では梅の蜜を吸っているらしいですが、ここではまだ木の実を齧っていました。ぶら下がって逆さになって、嘴で実を採ろうとするのですが、なかなか上手く取れません。
20140216id4053 こちらでも逆さになって、必死の形相。
20140216id4035 落ちそうになっても翼があるから安心です。

2014年2月19日 (水)

遠くでガサゴソ

20140216id4004 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この冬は今一出が悪かったのですが、春先になってようやく露出が増えました。東屋で待っていたら、黒頭のシロハラが飛んできてくれました。
20140216id4089 それから地面に降りてガソゴソ始めました。豪快な木の葉投げまでは見られませんでしたけど。
20140216id4091 日向にも出てきてくれました。この日は遠くでガサゴソ、近くでのんびりでした。

2014年2月18日 (火)

ひさびさ

20140216id4026 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
最近、声はすれども姿は見せずでしたが、ひさびさにコゲラが写程距離に来てくれました。
20140216id4020 スローシャッターでドラミングのつもりですが、唯のピンボケか?
20140216id4024 削られた木屑がひらひらと降っていました。

2014年2月17日 (月)

ホットスポット

201402091d4017 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
雪ちゃんとクロツラ6は池の水位が増したため、K川河口に移動していました。入り組んだ堤防のお陰で接近できました。
201402091d4013 この辺一帯は、チフチャフにヘラサギ、淡色型コクマルガラスと盆と正月が一度に来たような賑わいです。

2014年2月16日 (日)

未だ熟せず?

201402091d4064 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ムクドリの小さな群れ、白いのが混じってなくて残念。
201402091d4068 実を食べるかと思いきや、熟れ具合を確かめるような仕草をして、
201402091d4070 飛んでいってしまいました。

2014年2月15日 (土)

フォーカードならず

2014020952099 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
淡色型コクマルガラス、4羽に増えていましたがなかなか揃ってくれません。最初は1羽のみ写程距離に入ってくれました。正面から見るとやっぱりカラスの顔してますね。
2014020952104 それから別に2羽が、やってきてくれました。先日は3カードだったけど、この日はこのワンペアのみでした。

2014年2月14日 (金)

競争

2014020952114 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
飛び立ったズグロカモメを1200mmで追ってみました。
2014020952119 すると後の干潟に居たハマシギたちが釣られて飛び立ちました。
2014020952122 ハマシギの群れはズグロカモメに追いつき追い越していきます。
2014020952123 まるで最初に滑った後、どんどん順位を落として行く選手のようなズグロカモメでした。

2014年2月13日 (木)

衣替え中

201402091d4044 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
葦原にオオジュリンがまだ残っていました。その中には衣替え中のオオジュリンも。
201402091d4039 せっせと葦の皮を剝いては虫を探していました。
201402091d4046 水面にではなく鳥にピントを合わせたいのですが、咄嗟に反応できないのが悲しい

2014年2月12日 (水)

5羽!

2014020952151 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
今季はもう来ないのかもと思っていましたが、A川ポイントを覗いてみたら、5羽羽を休めていました。とりあえず良かった、良かった。4羽は休憩中でしたが1羽だけ手前で採餌していました。
2014020952157 やがてお腹も満ちたのか、ゆっくりしゃがむと、
2014020952159 その反動で、休憩所へ飛んでいきました。こちらにもちょくちょく見に来なければいけませんね。

2014年2月11日 (火)

ちょこんとノスリ

2014020952142 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
曲がろうとした瞬間、正面の電柱にノスリがちょこんと座っていました。Uターンして少し離れた位置からとりあえず1枚。こっちを気にはしていますが動こうとはしませんでした。
201402091d4026 少し前進して
EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIIIに持ち替えて迫ったらにらまれてしまいました。
201402091d4029 それでもすぐには動きませんでしたが、そのうちゆっくり飛び立つと、
201402091d4035 隣の電柱まで飛んで行きました。流石にそれ以上追っかけるのは気が引けました。

2014年2月10日 (月)

眼下のコガモ

201402011d4102 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
車を停めるとたいていの鴨は飛び立ってしまうのですが、一羽だけのコガモは気づかない振りをしてそのまま居座っていました。
201402011d4105 いよいよ花粉が飛び始めたようで、コガモだって眼がかゆい。眼下ではなく眼科のコガモでした。

2014年2月 9日 (日)

もうすぐ...春....なのに

201402011d4043 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
暗色型コクマルガラスが、実か何かを咥えて差し上げています。お隣の淡色型コクマルガラスにプレゼントなのかな?
201402011d4046 ところが淡色型1号君、なぜか、のけぞって受け取りません。その模様を離れたところから淡色型2号が眺めていました。
201402011d4048 暗色型君はそれなら君にあげるとばかりに、ぴょんぴょん近づきます。
201402011d4049 淡色型2号は慌てて飛び立っていきました。可愛そうな暗色型君、ますます暗くなりそう。

2014年2月 8日 (土)

どっちだ

201402011d4019 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
蒲の穂がほぐれてきて綿毛が頭についていました。おべんとつけてどこ行くの?
201402011d4021 からかうような気持ちで見ていたのですが、直ぐにうまい具合に嘴でつまみました。
201402011d4023 それからてっきり食べたものだと思っていたのですが。
201402011d4025 その後には振り払っているような行動が写っていました。食べたのか吐き出したのか、結局判らず仕舞い。

2014年2月 7日 (金)

テスト飛行

201402011d4088 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
飛び物の写りも今一だったのでミサゴで試験しようと思ったのですが、肝心なミサゴが居ません。その代わり水際にいたクロツラヘラサギの若鳥がテストに付き合ってくれました。
201402011d4091 眠っているホシハジロを越えて、
201402011d4092 池をぐるっと一周して戻ってきて、オオバンを追い抜き
201402011d4099 雪ちゃんの側に舞い降りました。どうやら飛び物も大丈夫です。

2014年2月 6日 (木)

コクマルサンバ

201402011d4035 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
白色型コクマルガラスがやって来ました。最初に見つけた1羽は、暗色型と一緒に行動していました。
201402011d4057 しばらく時間を置いて見に行くと、2羽に増えていました。分散してたミヤマガラスの群れが集まってきたようです。
201402011d4056 さらにもう一羽、やってきて3羽揃ってくれました。遭いたい逢いたいと思っていた白色型にMFでしかも3羽も見れるなんて、踊りたい気分です。

2014年2月 5日 (水)

ヘラサギ雪ちゃん

201402011d4085 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
今季もクロツラに混じってヘラサギが一羽来ていました。きっと雪ちゃんに違いない。ところで入院前の328は遠くを撮るとどうもぼやけて上手く写りませんでした。イスカを撮った時も全部没(。>0<。)
201402011d4111 退院後は、かなりトリミングしても元通りブログに使えるようになりました(≧∇≦)やっぱり軸がどこかずれていたんだろうね。

2014年2月 4日 (火)

STAP細胞

201402011d4010 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
328がやっと退院してきました。壊れた部品を取り替えて型番までおNewになって還ってきました。おまけにレンズも綺麗にぴかぴかに。人間の臓器も痛んだらSTAP細胞で再生できる時代がいつか来るといいですね。早速試し撮りにあの子の元に飛んで行きました。暖かい午後の日差しを浴びて、前よりも元気いっぱい、大サービスしてくれました。
201402011d4013 心なしか強トリミングしても写りがシャープな気がします。性能までアップしたような得した気分。
201402011d4012 そしてチフチャフ君の傷ついた尾羽もこの通り、見事に再生していました。きっと弱酸性の雨に打たれたのでしょう

2014年2月 3日 (月)

頑張れ日本

201401181d4017 EOS1Dmk4 + EF100-400mm  IS USM
林の間から見える枝にシメが留まりました。このきらきらした瞳を見るとある
アスリートの瞳をつい連想してしまうのです。
201401181d4020 ソチオリンピックが最後の選手達には、競技生活の“シメ
をぜひ飾ってもらいましょう。

2014年2月 2日 (日)

あちこちあ、トリ

201401191d4050 EOS1Dmk4 + EF100-400mm  IS USM
アトリとは公園内あちこちで出会いました。あるときは単独で、あるときは小さな群れで。
201401191d4052 特にアジサイ園の周囲では木の実を食べにたびたび現れました。白い実を好んで食べていました。
201401191d4162 日が傾いてきた時も出口近くで出くわしました。藪が少なくなっても木の実は多いので、アトリやツグミ類には良い処なのでしょう。

2014年2月 1日 (土)

受験シーズン

201401191d4114 EOS1Dmk4 + EF100-400mm  IS USM
いよいよ受験シーズンですね。日ごろはこんな気持ちで親に突っ張ってくる反抗期の中学生たちも、
201401191d4121 入試の日はこんな気持ちで高校に行くのでしょうね。あ、外見の話ではないですよ。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト

カテゴリー