• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 満潮下がりの一文字(2) | トップページ | 初見予約 »

2014年5月23日 (金)

行司差し違え

20140520003 今年の大授搦で報告したシベリアオオハシシギに審判団より、オオハシシギではないかとの物言いが付きましたので検証しました。まずは去年の丁度2種が重なった写真から。正直、より赤いのがシベリアオオハシシギで、藤色のがオオハシシギというくらいの感覚でした。実は背中の羽の白い縁取りの違いも大きなポイントなんだそうです。形や長さも違うようです。
20140520004 次に今年の3羽を等倍近くにトリミング、ご覧のとおりの不鮮明な画像です。まだ薄暗い時のを増感したからね。で前のと見比べると写りが悪くてよく判らんと逃げたいところですが、羽の形からするとオオハシシギの方が正解のような気がしてきました。よって行司差し違えで今年のはオオハシシギの勝ち。

« 満潮下がりの一文字(2) | トップページ | 初見予約 »

オオハシシギ」カテゴリの記事

シベリアオオハシシギ」カテゴリの記事

コメント

足の色が見えると完璧ですね.
丁度水が隠して難しくしていたのですね.

ROBINさんへ
色変わり期のシギの識別は慎重にしなければいけないとつくづく勉強になりました。
オオハシシギの赤いのが見れて良かったと受け取ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満潮下がりの一文字(2) | トップページ | 初見予約 »

フォト

カテゴリー