• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 飛行機雲 | トップページ | 性格の不一致(後編) »

2014年9月25日 (木)

性格の不一致(前編)

20140920k52s097 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
丁度いい具合に潮が満ちてきて、沖合いから大型シギが移動してきました。最初に来たのはホウロクシギ。水際で次々とカニを食べながら移動していきます。
20140920k52s101 時折上を見上げていましたが、特にミサゴなどは飛んでなかったのですが。何かに見られている気がするのでしょうきっと。空からじゃなくてこっちからだけどね。
20140920k52s103 ホウロクシギはどんどん移動して、さっさと川の中央の中州に行ってしまいました。どっちかというと陸の上が好き見たいでした。

« 飛行機雲 | トップページ | 性格の不一致(後編) »

ホウロクシギ」カテゴリの記事

コメント

なるほど,嘴の長さを利用して
陸の上でも逃げ足の速いカニが捕まえられるのでしょうね.

ROBINさんへ
確かにリーチが長いし、巣穴に潜っても長い嘴が捉えられますし、カニにとってはやっかいな存在でしょうね。
ほんの短い時間でしたが間近で見るホウロクシギは迫力ありましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛行機雲 | トップページ | 性格の不一致(後編) »

フォト

カテゴリー