• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

初恋

2015025e1d4015 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
公園のイカルの群れにコイカルが混じっているというので、これまで何度もイカルの群れに逢うたび丹念に見てきたのだが見つからなかった。でもこの朝は早起きの賜物、イカルの群れにコイカルが混ざっていました。実に30数年ぶりの再会なのでした。
2015025e1d4018 コイカルというだけあってイカルよりも小さく見えました。やっぱり混群の方が安心なんだよなぁと思っていたのですが、
2015025e1d4025 通行人に驚いて飛び立ったイカルの群れにコイカルの姿はありませんでした。
2015025e1d4062 コイカルだけ別行動をしていたようです。これでいままでイカルの群ればかり追っかけて見つけられなかった謎が解けました。

2015年1月30日 (金)

銀椋の道

2015025e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
遠い遠い遥かな道のりでしたが、遂にギンムクドリ初見です。今年2種目のライファーです。この公園に時折現れるギンムクを求めて何度か足を運びましたが、「休日の壁」に阻まれてこれまで見ることが出来ませんでした。
2015025e1d4006 そこで今日はまだ薄暗いうちに公園へと向かいました。幸いいい道路が通ったので1時間もかからずに着いてしまうのです。そして停めた車のまん前にギンムクドリは降りてくれたのでした。
2015025e1d4009 でも直ぐに時は流れて
ギンムクドリは姿を消してしまいました。賑やかな公園がギンムクは嫌いなのでした。

2015年1月29日 (木)

意地

2015024e1d4029 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ミソサザイが来そうな切り株の近くに三脚立てて椅子用意して待つことに。丁度お昼だったので車に昼食取りに行って戻ると、三脚の足元からミソサザイが飛んでいった(^-^;
2015024e1d4031 そこで三脚を後にずらし待つことに。やがてミソサザイの声がして元居た辺りに来たようなのだが、姿は見えず。やがて声もしなくなった。痺れを切らして近づくと、死角から飛んでいくミソサザイ(。>0<。)こんなところに隠れてたら見つけにくいよね。
2015024e1d4034 こうなれば意地だ。ミソサザイを撮るまでは山を降りるものか、ところが30分ほど待っても声すらしない。2度も飛ばしちゃったからね。そこで付近を一回り、時間をつぶして再訪すると、今度は見つかりましたミソサザイ、やっと初撮りです。(*゚▽゚)ノ

2015年1月28日 (水)

黒でなし、赤でなし

2015024e1d4013 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
お目当ては赤い鳥なんですが、一向に出てくれません。出て来るのはアオジばかりと思ってたら、この子は
嘴の色他からするとクロジの♀。でも黒くない。
2015025fz4k156 翌日も夕日に染まる赤い鳥を求めてうろうろ。ジョウビタキと思ってFZ1000で撮ってみたらばベニマシコの♀。慌ててカメラに持ち替えた瞬間に逃げられてしまった。4K動画もこの明るさだと少し苦しい。
この子も全く赤くないのでした。まぁ赤いのが出てたらそっちばっかし撮っただろうから、これでいいのだ。

2015年1月27日 (火)

蒼の気配

2015024e1d4003 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
赤い鳥を探しにお山へ、赤い鳥には逢えませんでしたが青い鳥に逢えました。このごろルリビタキの気配が判る様になって、藪の前で待っていたら出てきてくれました。こっち向いた瞬間シリーズ第三弾です。
2015024e1d4007_2 ガードレールと地面を行ったりきたりして虫を捕まえていました。「美味しかったですか?」「ハイ!」
2015024e1d4015 その後ずっと行った所で今度は若いルリビタキ♂がでてくれました。ここのルリビタキはガードレールがお好きなようです。

2015年1月26日 (月)

羽根突き

2015018fz4k029 FZ1000・4K
前にジョウビタキの飛び立ちを狙ったけれど、10コマ/秒ではなかなか難しく、シャッターを単に苛めているだけで勿体無い気がしてました。4K動画ならそんな心配要らないのです。便利な機械が出来ると人間どんどん怠惰になっていく典型ですね。飛び立ったジョウビタキ、バドミントンのシャトルのような格好でした。尾羽もいっぱいに広げて浮力を稼いでいるのでしょう。
2015018fz4k034 こちらは振り向きざまに枝から離れたエナガ、こちらは羽子板に打たれた羽子の様です。

2015年1月25日 (日)

碧湖の妖精

2015018fz4k059 FZ1000・4K
湖の畔にたどり着くとミコアイサが出迎えてくれました。ここのお池のミコアイサ、碧色の水面に良く似合います。潜った後出てくるところを狙ったけれど、なかなか予測どおりにでてきてくれませんでした。
2015018fz4k057 カイツブリの雄たけびに驚いたか、飛び立っていきました。次回は湖面から回ることにしよう。

2015年1月24日 (土)

エアー4K

2015018fz4k044 FZ1000/4K
この日のキクイタダキは松の木の高いところでお食事中。頭が見えない分華麗な飛翔を見せてくれました。
2015018fz4k045 一眼だったら散々撮ってほとんど没だったはずだけれど、4K切り出しなら、面白いくらい写ります。
2015018fz4k046 この明るさならSSをもっと上げても良かったみたい(SS1/1000、F10)。
2015018fz4k042 以上空中のキクイタダキ4枚でした。

2015年1月23日 (金)

三国志

2015018fz4k009 FZ1000/4K
昔々、とあるところにエナガの国がありました。其処へシジュウカラがやってきてエナガを追い出しました。
2015018fz4k013 一羽のエナガが最後まで抵抗したのですが、
2015018fz4k015 シジュウカラはエナガの脳天に嘴攻撃、こうしてエナガの国はシジュウカラに占領されました。
2015018fz4k017 でも力で奪った物は力で奪われてしまいます。メジロがやってきてシジュウカラ王朝はあっけなく滅んでしまいました、とさ。

2015年1月22日 (木)

リーゼント

20150110e1d4045 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ミヤマホオジロ♂
20150110e1d4038 ミヤマホオジロ♀
20150110e1d4048 ♂はびびって逃げ出しました。

2015年1月21日 (水)

寡占

20150110e1d4021 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
公園には今、メジロが最も多いようです。藪がどんどん失われたのでウグイスの地鳴きは滅多に聞かなくなってます。春になってホーホケキョは聞けるのか心配です。
20150110e1d4028 メジロは多いので直ぐ近くにやってくる愛想の良いのも居ます。黒眼と白リングの間もはっきり見えました。
20150110e1d4030 彼もシャッター音でこちらに気づいたようです。

2015年1月20日 (火)

過信

20150110e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
歩道脇の林の地面にアオジが居ました。隠れる藪が無いのだけれど保護色を信じ切っているようです。
20150110e1d4003 松葉の下の何かを啄ばんでいました。
20150110e1d4004 あ、シャッター音で気づかれてしまいました。さすがに藪の向こうに行ってしまいました。

2015年1月19日 (月)

間違い見っけ

20150110e1d4012 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この日もキクイタダキに遭遇、1羽だけでしたが道路わきの松の木で食事の真っ最中。ちょこまか動くし近すぎてなかなか視野に入らない。
20150110e1d4014 ところでキクイタダキの足って、コサギみたいに足の先だけ黄色いのに気づきました。なんとフィールドガイド(増補改訂版)では足の先まで真っ黒で描かれています。これは次の改訂でぜひ改めていただきたいところです。
20150110e1d4017 今回も菊が開くところを見れなかったのが残念ではありますが、こんな近くで撮れてよかったです。
(過去の記事と比べたところキクイタダキの足の色には個体差があることがわかりました。図鑑が間違っていませんでした)

2015年1月18日 (日)

おもかげ色の場所

20150101e1d4206 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
車で移動中、去年の夏走り回った場所の近くを通りました。冬も何か居るかも?農道に乗り入れると果たしてニュウナイスズメの大群に遭遇しました。
20150101e1d4210 MFではしばらく会っていませんが、電線の上のニュウナイスズメは、車を降りて近づいても逃げずに居てくれました。
20150101e1d4205 そこで、ニュウナイスズメにズームイン、青空に紅色が映えていました。

2015年1月17日 (土)

ヒムカセキレイ

20150101e1d4103 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
キセキレイは日向好き、こんな印象があります。元日の公園でも、木漏れ日の中にキセキレイは居ました。
20150101e1d4113 団栗に来る虫を食べているのでしょうか?栄養過多でこんな姿に??なっちゃった???
20150101e1d4114 こんなに日向が似合うのだからイワミセキレイに対抗してヒムカセキレイと改名して欲しいのです。

2015年1月16日 (金)

鳥見不日和

20150101e1d4244 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
強風と時折雨が降ってくる鳥を見るには残念な大晦日でした。それでも西日が傾いてきた頃ツクシガモが帰ってきました。
20150101e1d4247 翼の緑を写し込みたかったけれど、ちょっと時間が遅すぎました。
20150101e1d4248 そしてクロサギも帰ってきました。2014年はこの2種が締めてくれました。

2015年1月15日 (木)

騒と静

20141228e1d4108 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
年末の公園、モズの騒々しい声が聞こえてきました。
20141228e1d4119 負けじとヒヨドリも叫びます。
20141228e1d4117 この日のイカルはとても静かでした。
20141228e1d4038 カワセミが池の畔に留まりましたが、水音を立てることなく飛び去りました。

2015年1月14日 (水)

修羅場

20141228e1d4169 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
カワアイサたちが獲物を探し出すと、それを見たダイサギが寄って来ました。静かだった川面は鳥たちが上げる水飛沫で修羅場と化したのでした。
20141228e1d4208 オオダイサギもやってきて、漁夫の利を得ようと構えていました。

2015年1月13日 (火)

一方通行

20141228e1d4096 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この冬はジョウビタキの数が多いようで、同じ場所で2羽見かけることも珍しくありません。往々にして喧嘩になるのですが、その場面が中々撮れません。公園のフェンスにジョウビタキの雄が2羽留まっていました。距離は3mくらいでしょうか。
左の雄は背中膨らませて一応警戒態勢で、
20141228e1d4097 一触即発を期待して構えていたのですが、右の雄は涼しいそぶり。結局何事も起きませんでした。

2015年1月12日 (月)

四合わせの青い鳥

20150110e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
MFでの初鳥見はE公園から、今日も1万歩以上歩きました。昨年見かけた辺りで藪の中に鳥の気配がするのでしばらく待って見ると、今季初見のルリビタ男くん登場!
20150110e1d4059 さらに歩を進めると、木の上から聞きなれぬさえずりが?聞こえ、見上げると小さな鳥が2羽。若いルリビタキのカップルのようです。ビデオも撮って見ましたが肝心の声は雑音と風の音にかき消されていました。残念。
20150110e1d4035 上を見上げていたら足元の暗がりにも、ルリビタ子さん登場!4個体を確認できました。ジョウビタキ軍団に敗れた宮崎の借りを返すことが出来てしあわせです。

2015年1月11日 (日)

アイサコンプリート

20150101e1d4041 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
日本で見られるアイサ類4種、最後のコウライアイサを元日にゲットできました。欲を言えばオスも見たかったところですが。川岸で休んでいました。
20150101e1d4036 泳ぐところも見たいわねとしばらく待っていたら豪快に...体が軽くなったところでそろそろ活動開始?
20150101e1d4063 上流の方へ移動しました。動画も撮ろうとサブ機を用意していたら忽然と姿を消しました。もし飛んだのだったら惜しいことをしました。兎にも角にも元日からライファーゲット!ですROBINさんありがとう!!

2015年1月10日 (土)

2015年の初撮り

20150101e1d4014 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
年末は強風が吹き荒れ目論見どおりの鳥見は叶いませんでしたが、元日の朝、その強風に負けずにカラフトワシが舞い上がってくれました。
20150101e1d4006 獲物を探しての飛翔かと思いましたが、砂嚢は膨らんでいるようです。腹ごなしの運動かもしれません。そういえばこの日は自分も1万5千歩以上歩きました。
20150101e1d4011 翼の模様が綺麗です。前日遠くからいらした方が、このカラフトワシの写真は貴重だと言われており、それは尤もだと思いました。
20150101e1d4018 同じ視野に入ったミサゴが小さいこと。なにはともあれ2015年の初撮りはカラフトワシ飛翔で始まりました。こいつは春から縁起がいいに違いない。

2015年1月 9日 (金)

眼の前

20141228e1d4159 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
遠くの石ころもといイカルチドリをファインダー越しに凝視してたら、足元の流れに鳥の気配、なんとカワアイサが泳いでいる!
20141228e1d4191 魚を探すのに夢中になって、こっちの事はあまり気にしていないみたい。
20141228e1d4206 そして追い込んだ魚を見事に捕まえた。眼の前でこんな漁が見られるなんて、県庁所在地にこんな公園があるっていいな。

2015年1月 8日 (木)

石ころころころ

20141228e1d4134 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
浅瀬ではコガモの群れが食事中、コガモころころ。
20141228e1d4121 その手前にイカルチドリが石に紛れてころころ、
20141228e1d4150 石ころころころ、イカルチドリ初撮りです

2015年1月 7日 (水)

片足の鳩

20141228e1d4058 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
公園のヒドリガモ達には時折パンの差し入れがあります。そんな時ヒドリガモは飛ぶようにやってきます。文字通り水を蹴って飛んでやってくる奴も。
20141228e1d4066 着水直前のヒドリガモ、面白い格好です。
20141228e1d4070 水飛沫を立てて着水、飛ぶような距離でもなかったのでは。
20141228e1d4043 そしてお相伴に与るドバト達、1羽動きの変なのが居ると思ったら片足でした。

2015年1月 6日 (火)

親方は何処へ

20141228e1d4002 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
カワラヒワを蹴散らして、ノスリの親方飛んできた。
20141228e1d4006 颯爽と、でも鈍重に舞い降りる親方、それなりの風格アリ
20141228e1d4009 かと思いきや、カワラヒワがこれ見よがしに舞い降りてきた。ノスリの親方まるで権威なし。
20141228e1d4011 いたたまれなくなったか、また飛び立った、ノスリの親方何処へ行く。

2015年1月 5日 (月)

22羽居る

20141223e1d4135 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
残り6羽のクロツラヘラサギの心当たりのつもりで、I池に来ると、なんと11羽此処にも居ました。
20141223e1d4139 ただその中の1羽は、ヘラサギ!雪ちゃんに違い有りません。
20141223e1d4142 ということは市内にクロツラ21、ヘラサギ1の22羽が滞在中なのです。

2015年1月 4日 (日)

アライシギ

20141223e1d4128 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
イソシギが勢い良く水際に走っていきました。嘴には大きな獲物。
20141223e1d4129 水でジャブジャブ洗って、
20141223e1d4130 水を良く切って、
20141223e1d4132 美味しく食べてしまいました。カニとかも洗ってしまうイソシギって、アライソシギと紛らわしい奴なのです。

2015年1月 3日 (土)

葉っぱの魚

20141223e1d4117 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
このミサゴ、見掛けは立派なんですが、漁の腕(足?)は全く、何度も何度も飛び込んでくれるのだけれど、ちっとも獲物が捕れません。
20141223e1d4121 お陰で空の上でこんなポーズを決めたり、
20141223e1d4124 翼が切れるくらいの近さで飛んでくれました。
20141223e1d4111 折角4K動画で何度も飛び込みを撮ったのに無駄でした。なぜ獲れなかったのか?この画像を分析した限りでは、葉っぱか何かを魚と間違えていたようです。

2015年1月 2日 (金)

先入観

20141223e1d4095 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
残りの6羽は何処へ行ったやら?心当たりはありましたが、後で行こうと思いとりあえずマナヅルにご挨拶。昨日の雪で田んぼには水溜りがたくさんできていました。
20141223e1d4098 ついでにシロカモメにもご機嫌伺い。防波堤の上で睨めっこの最中でした。
20141223e1d4099 このとき惰性で撮った他のカットに、家で見るとクロツラヘラサギが写っている!ちゃんと数は確認できませんでしたが残りの6羽は此処に居たようです。防波堤なんかに居るはずないとの思い込みが強すぎて、
今日はシラサギが多いなぁと思っていました。

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

20141223e1d4090 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
今年もよろしくお願いします。A川のクロツラヘラサギ、塒から満潮になって追い出されました。9羽くらい居るのかなと思っておりましたが、なんと11羽も飛び立ちました。
20141223e1d4093 群れは2つに分かれ、一つは紅葉の残る山々を背に優雅に飛んで行きました。
20141223e1d4094 近くの調整池にある神社の参道に、5羽降りていました。残りはどこだ?

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

フォト

カテゴリー