• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

右党

20150322e1d4059 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
酒飲みを左党呼ぶのに反対を右党と言わないのはなぜ?と思ってましたが、甘党のことを右党とも言うらしいですね。でも実際に使われているのを見たこと無い。左党=砂糖なのになんで酒飲み?と思っていましたが、大工さんがノミを持つ手が左手だからだそうで、江戸落語的駄洒落なのでした。
20150322e1d4079 ライファーのウトウは、如何見ても酒飲みの顔をしていました。キビナゴをつまみに酒飲んでいそうだねぇ。

2015年3月30日 (月)

空飛ぶハンマー

20150321fz106 FZ1000/4K
山からの帰りにMFの池に少し寄ってみました。着いた時クロツラヘラサギたちは眠っていたのですが、突然4羽が飛び立ちました。
20150321fz107 さらに2羽が飛び立ち、そのうちの一羽が頭上を通過していきます。嬉しいことにヘラサギの方でした。下から見ると嘴の形がハンマーのように見えます。
20150321fz110 居残り組みの3羽も移動して水浴びなど始めました。嘴がピンク色の幼鳥ヘラサギも居ます。雪ちゃん2世かも!
20150321fz111 飛び立った個体もみんな直ぐに戻ってきました。現在この池には嘴の色の違うヘラサギ3羽と、クロツラヘラサギ6羽滞在中。

2015年3月29日 (日)

フィナーレ

20150321e1d4160 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
そろそろ2枚目の32GBが一杯になるので帰ろうかなと思い始めてたら、そうはさせじとハヤブサが山の上まで登ってきました。
20150321e1d4171 白黒のはっきりした精悍な顔つきのハヤブサがフィナーレを飾ってくれました。おかげで今回は心置きなく山を降りることができました。マサさん、ご一緒した皆様、どうもありがとうございました。

2015年3月28日 (土)

写ってたんです

20150321e1d4056 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
何羽かのハイタカが一度にやってくると、山の上のへぼカメラマンは少しパニックです。とりあえず近い奴から撮ったりするわけですが、撮るべきものを撮ってないこともしばしば。
20150321e1d4063 ハイタカの中にツミが居るよといわれても、ファインダーの中の鳥は小さすぎてどれがツミ何かも分からない。どうか写っていますようにとパソコンで入念にチェック、5対の翼先分離を確認して一安心。写っていて良かった。他方、オオタカは写した筈なのだが、写真チェックでは判別できず、残念。

2015年3月27日 (金)

ミサゴの夢

20150321e1d4041 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ミサゴだって観覧車で遊びたい。
20150321e1d4156 ミサゴだって街で買い物がしたい。
20150321e1d4158 でもお弁当持ってピクニックがやっぱりいいなぁ

2015年3月26日 (木)

ノスリは東へ

20150321e1d4079 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ハイタカが西を目指すのに対して、ノズリは東へと向かいます。この日たくさんのノスリが飛んでいきました。大抵は海面を背に、低いところから現れます。
20150321e1d4133 時には海響館の鯨屋根をバックに飛んだりもします。
20150321e1d4130 関門橋あたりで上昇気流を捉まえ舞い上がり、
20150321e1d4087 旋回するときにカメラ目線でハイポーズ。ノスリの精一杯のおもてなし。

2015年3月25日 (水)

サービス満点

20150321e1d4020 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
続いて雄のハイタカ登場、やや靄が薄れた空に、暗青灰色の背中が似合います。上から見ても顔の赤身が判ります。
20150321e1d4022 我々の眼の前でくるっと一回転のおもてなし、腹側を見せてくれました。
20150321e1d4027 対岸の街を背景に西を目指し去っていきました。

2015年3月24日 (火)

背鷹

20150321e1d4007EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ハイタカの背中が見たか、撮りたかということで、福岡県のお山、先日筋肉痛のみを残して敗れ去ったあのお山に遠征してきました。朝から靄っていましたが、その靄の中からハイタカのお出ましです。期待通りに背中を披露してくれました。20150321e1d4006_2翼を力強く羽ばたいて、
20150321e1d4010 まっすぐ西を見据えて飛んでいきました。

2015年3月23日 (月)

置きカメラ

20150315fz1012 FZ1000/4K
折角天気予報が外れたのに先日の雪遊びが過ぎて風邪気味、家でごろごろしながら満開のサクランボを愛でていると時折メジロやスズメ、ジョウビタキがやってきます。そこでジョウビタキがよく来る桜の根元に向けてFZ1000をセットし、TV鑑賞。この桜は子供が撮影者です。
20150315fz1002 あとでカメラが勝手に撮ってくれた記録を見ると、ジョウビタキが一度だけやってきてくれてました。首を捻って軽く運動してから、
20150315fz1004
勢いよく飛び込んで何か食べています。
20150315fz1008 何度も何度も繰り返していました。普段あまり口を開けているところを見ないのですが、この日は何度も何度も吼えているようでした。
20150315fz1005 いったい何を食べているのだろう?ビデオでは小さな虫がひっきりなしに動いているのが見えます。口元をアップにすると蟻らしきものが写っていました。

2015年3月22日 (日)

露わ

20150310e1d4075 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
やがて西日が差した頃、黄アオジがひょこっと出てきてくれました。魔法の白い粉はすっかり消えてしまいましたが、まだ薬効は残っていたようです。

2015年3月21日 (土)

すっきり

20150310e1d4056 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
クリークのカワセミ、葦に留まって苦しそう。
20150310e1d4057 ペレットを吐こうとのた打ち回っているようです。
20150310e1d4061 やっと吐き出しました。予想と違って後ろに飛ばしています。前の絵と比べてペレットを見つけてみてください。
20150310e1d4063 この後恐らくは水を飲むために飛び込みました。終わって見ればこの日はカワセミディでした。

2015年3月20日 (金)

嬉しい誤算

20150310e1d4048 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
出る来るの法則にしょげて戻っていたとき、前方の地面に居た小鳥に気づかず飛ばしてしまいました。どうせホオジロかカワラヒワかなんかだろうと思っていたのですが。「いま飛ばしたのベニマシコですよ」とKEIさんに教えてもらい、がーん。捜し求めていた赤い鳥、季節の変わり目にまた立ち寄ってくれてたのです。
20150310e1d4047 全身が見えるようなところにはなかなか出てくれませんでしたが、それでも結構近くで採餌してくれました。
20150310e1d4045 日が差すと紅色がますます輝いていました。KEIさん、どうもありがとうございます。

2015年3月19日 (木)

出る来るの法則

20150310e1d4035 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
雀士にはおなじみの、切る来るの法則というのがあります。待ってる牌が中々来ないので待ちを変えた途端に積もったりします。
20150310e1d4037 捜し求めたオオモズが強風のため揺れない?フェンスに留まっているのをやっと見つけました。さてさてこれから如何撮影してやろうか。舌なめずりしていた時でした。
20150310e1d4039 犬の散歩のおじさんが無情にも僕を追い越して、オオモズは消えてしまいました。出る来るの法則なんて大っ嫌い!

2015年3月18日 (水)

かんむり大福

20150310e1d4031 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
海には今年は少ない?カンムリカイツブリが浮かんでいました。海の色だけなら暖かそうに見えるのですが、陸と同じくらい寒いのでしょうね。夏羽カイツブリは丸まって大福餅みたいです。
20150310e1d4032 その近くを冬羽の子が颯爽と泳いでいました。この2羽とも見てる間は潜りませんでした。やっぱり冷たいのはお嫌いなのでしょうか?

2015年3月17日 (火)

はやにえ

20150310e1d4020 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
恥ずかしながらモズのはやにえというのを見た記憶がありません。
20150310e1d4021 綺麗なオスのモズが、雪を背景に飛んでった先に、
20150310e1d4023 よくよく見るとはやにえらしきものが枝についていました。小さなカエルの足に見えます。
モズは少しだけ齧って飛んで行きました。ついにはやにえライファー?です。

2015年3月16日 (月)

雪見ジョウビタキ

20150310e1d4018 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
日差しがでてきたら、あっというまに雪が少なくなりました。名残惜しそうにジョウビタキが眺めていました。風に払われて粉雪がふっていました。
20150310e1d4019 なに見てんのよ。視線が気になったようです。
20150310e1d4034 園の反対側では雄のジョウビタキが花見していました。

2015年3月15日 (日)

ユキオオジュリン

20150310e1d4013 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
オオジュリンも雪の中。まだまだ冬羽でよかったね。
20150310e1d4015 葦原の中のオオジュリン、幻想的な絵になりました。

2015年3月14日 (土)

ユキチュウヒ

20150310e1d4008 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
雪山をバックにチュウヒが飛んでくれました。これもなかなか撮れないシーンです。
20150310e1d4009 チュウヒの足はとても華奢です。こんな足でよく獲物を掴めますね。
20150310e1d4011 寒い中外回りの甲斐がありました。

2015年3月13日 (金)

ユキシギチ

20150310e1d4007 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
杭の上のシギチたちは風に立ち向かって留まります。杭にくっついた雪でそれと判ります。足が冷たいのか、片足上げたダイゼンも居ました。ダイゼンの中にハマシギが一羽混ざって居ました。

2015年3月12日 (木)

ユキカワラヒワ

20150310e1d4004 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
雪が小やみになったので外回り。雪景色の中の鳥に出会える機会は早々ありませんから。カワラヒワだって雪と一緒なら新鮮・新鮮。
20150310e1d4005 盛んに雪のしたから木の実か何かをほじくって食べていました。

2015年3月11日 (水)

なごり雪

20150310e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
なごり雪と呼ぶにはひどすぎる雪でした。おまけに暴風雪警報発令中。折角の平日休みでしたが、こんな天気ならK浜の室内しか行き場がありません。哀れんだかカワセミが雪の中、杭に留まってくれました。SS変えて少し遊ばせて貰いました。1/500ならこんな感じ。
20150310e1d4002 1/8000ではおでこに雪が積もりました。この日の風ではこれでも雪が止まりませんでした。
20150310e1d4003 翼を広げるときは、尾で体を支えていました。

2015年3月10日 (火)

普通のモズ

2015030e1d4004 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
鳴き声に見上げると、普通のモズ、逆光でも白くは見えず残念。
2015030e1d4005 それから舞い上がり、
2015030e1d4007 フライキャッチ?
2015030e1d4009 反転して消えていきました。大きなモズにも遭いたいなぁ。

2015年3月 9日 (月)

春は落ち着かない

2015030e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
土曜日の誤算により、ネタは尽きて筋肉痛のみ。でも季節は待ってくれずついにウグイスも鳴き始めました。そんな日曜の昼下がり芽吹いた柳の枝にホオジロが留まりました。
2015030e1d4002 後をきょろきょろ落ち着かないのは春の所為?

2015年3月 8日 (日)

ちっちゃなモズ

20150307e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
MFの一角にオオモズがやって来てくれました。今年に入って4つ目のライファーです。331種目になります。米田の350も射程距離か、でもこれからが大変そうです。
20150307e1d4013 それにしてもオオカラモズよりも小さいとは聞いていましたが、遠くてちっちゃいモズでした。
20150307fz015 そして恒例のFZ1000からの4K動画切り出し、飛び出しの方向が今一でした。ちっちゃなオオモズはまた小さい可愛い声で鳴いていました。その声はガンマイクがちゃんと拾ってくれてました。

2015年3月 7日 (土)

手振れ補正

20150228fz1000001 FZ1000/4K
その昔EOS7(銀塩)と100-400mm(旧型)を使っていたころ、ツグミのお腹の模様はほとんど流れてた。初めて一脚を使ったとき、模様が見えたのに感動したくらいです。
20150228fz1000002 FZ1000のレンズは400mm相当ですが、4KビデオでEX光学ズームを使うと1184mm相当になります。もちろん手持ちではぶれぶれ、ファインダー覗いていると気分が悪くなってもおかしくない。それなのに
切り出した静止画ではお腹の模様もくっきりなのです。ちなみにISOは400、1/1000、F5.6とF4でした。

2015年3月 6日 (金)

頑張れ

20150228fz1000053 FZ1000/4K
薄汚れたハクセキレイが居ました。幼鳥というわけでもなさそうだし、換羽の時期なのでしょうか?
20150228fz1000054 こっち向いた瞬間シリーズ、なんかおかしい?
20150228fz1000055 歩き出して気づきました。右足の指が全く無いのです。どうしたらこんなことに?何はともあれ頑張って生き延びてくれ。

2015年3月 5日 (木)

飛び出せ鳥春

20150228fz1000004 FZ1000/4K
風の中から鳥たちの羽音が聞こえてきます。松の木にはヤマガラ
20150228fz1000012 桜の枝からジョウビタキ
20150228fz1000021 それとシロハラ
20150228fz1000031 そしてコゲラが
20150228fz1000048 負けじとジョウビタキも飛び立っていきました。

2015年3月 4日 (水)

花がらみ

20150228fz1000035 FZ1000/4K
珍しい?コゲラの花がらみ、花壇には黄色い花が咲いていました。
20150228fz1000042 コゲラに負けじとジョウビタキもやってきてハイ・ポーズ。

2015年3月 3日 (火)

春を見つけた

20150228fz1000057 FZ1000/4K
ヒヨドリが寒そうに留まっていましたが、蕾は膨らみかけていました。
20150228fz1000019 こちらのヒヨドリは椿の蜜を吸ったのでしょう、黄いろい嘴でした。春はもう直ぐ。

2015年3月 2日 (月)

偵察

20150228fz1000006 FZ1000/4K
春はどの位来ているかしら。R山に偵察に行ってみましたが、冷たい風が吹いて冬のままでした。遊具を風除けにして、隠れていたらビンズイがでてくれました。

20150228fz1000009 地べたじゃネタにならんのだろう、とばかりに枝に移ってくれました。20150228fz1000010 最後はこっち向いた瞬間シリーズ。この冬はMF2箇所でビンズイが見れました。

2015年3月 1日 (日)

終幕

20150215e1d4108 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ハイイロチュウヒにライバル心を燃やしているのがコチョウゲンボウ、この日も主役の周りにちょろちょろと現れます。
20150215e1d4110 特にスピード勝負が大好きで後ろから来てあっというまに抜かしたり、
20150215e1d4139 主役の前を横切ったり、そんなことしてて捕まっても知らないよ。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト

カテゴリー