• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

仕込み?


20150926e1d4022 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

次に山頂の観客を沸かせたのが、オオタカとハヤブサの航空ショー。
20150926e1d4023 2羽で追いかけっこに、ドッグファイト
20150926e1d4025 まるで訓練されたかのようなショーでした。

2015年9月29日 (火)

結果おーらい

20150926e1d4016 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

主役がなかなか現れない中、アマツバメがしばし楽しませてくれる。
20150926e1d4015 無駄撃ちだなぁと思いつつバシバシ撮ってしまいました。が、この子は翼が短く太く、ヒメアマツバメと思われる。お目当てのハリオではなかったがうれしい初撮り、無駄ではなかった

2015年9月28日 (月)

飛鳥II

2015092fz011前日の強引な前ふり繋がり、小倉の街に飛鳥IIが入ってきました。今日はこのためにFZ1000も一緒に山登り。
2015092fz013 どうせなら関門橋の下も通って欲しかったのですが....
20150926e1d4008EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
もちろん飛ぶ鳥も欲張っているわけなんですがまず現れたのは小型鷹類2羽の航空ショー
20150926e1d4006 うれしいことに今季も時機を逸したと、あきらめていたアカハラダカ、ライファートリプルスリー(333種目)と、
20150926e1d4009 ツミ幼鳥でした。

2015年9月27日 (日)

狂い咲き

20150923e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

台風のおかげでR山に再び春が訪れました。
20150923e1d4010 そしてコサメビタキの桜がらみ。ところでチャゲアスに狂い咲きって歌があったなぁと思いましたが、ひとり咲きの記憶違いでした。そう、一年前の今日は万博公園のステージで松山千春が、飛鳥にエールを送っていた日でした。1年たつのは早いものです。

2015年9月26日 (土)

続2兎を追うものは

20150922e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
1日置いて別のお山に登りましたが、風に恵まれず、返り討ちに遭いました。それでも最初に飛んでくれたハヤブサです。
20150922e1d4002 トビも家並みをバックに良い練習台になってくれました。
20150922e1d4018 ハチクマは発電所バックに、飛んでくれました。
20150922e1d4008 一番たくさん飛んだのはツミでした。まぁ2箇所回ろうなどと欲ばったのが敗因ですね。

2015年9月25日 (金)

2兎を追うものは

20150920e1d4005 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
温泉とハチクマを堪能しようという企ては、北よりの風に阻まれてしまいました。一番写りのよかった1枚。
20150920k52s046 それでも鷹柱がかろうじて見れました。

2015年9月24日 (木)

ばぁ~

20150919e1d4018 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

おばけだぞ~怖いぞ~
20150919e1d4019 ばぁ~
20150919e1d4020 ダメだ、全然驚いてくれない。
20150919e1d4021 甘いわ!

2015年9月23日 (水)

迷いバト?

20150919e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

真っ白い鳩が居ました。キジバトのアルビノ?白い土鳩?
20150919e1d4002 近づくと足環が見えました。どうも関西所属の伝書鳩さんの様です。レースの途中で道草食っているのか?それとも迷子なのか?無事、鳩舎へ帰れますように。

2015年9月22日 (火)

タセミ

20150913e1d4086 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ジシギ探して畦道を走っていたらタシギみたいのを飛ばしてしまいました。悔しがっていたらカワセミが慰めてくれました。
20150913e1d4087 予想に反して、向かって飛んでくれましたが、腕が対応できない

2015年9月21日 (月)

恥ずかしがり屋さん

EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
20150913e1d4063 先週は3羽居たクサシギ、この日はもういない、と思っていたらいつの間にか現れました。でもすぐに稲の中に消えていきました。羽色から推測するに暗めの場所が好きなんでしょうね。

2015年9月20日 (日)

やっと揃った

20150913e1d4018 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

先週は1羽だけだったタカブシギ、今週は複数いる様なのだが稲の間に出たり入ったり、なかなか揃わない。
20150913e1d4084 お昼過ぎにも訪ねると、勢ぞろいしていました。多分ね。

2015年9月19日 (土)

親子

20150913e1d4009 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

田んぼにはセグロセキレイの姿もありました。昆虫を捕まえたみたいです。
20150913e1d4076 グレコは水浴びをしていました。1週間でずいぶん水が無くなりました。
20150913e1d4077 水浴びの後、空中浮遊ではありません。

2015年9月18日 (金)

土台が肝心

20150905e1d4151 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

オスしか残っていないと思っていたツツドリ、立ち位置の反対側ではメスも出ていると聞き、帰る時間を延長して粘ってみました。しかし曇天のこの日の夕暮れが足早に近づいてきます。木立に留まったオスを撮るも、ついにはSSを1/200に落ち、きっとブレブレだろうなぁと。でも嘴を開いた瞬間、思いのほかちゃんと写っていました。やっぱり土台がいいと違うのですね。この夏の設備投資、無駄ではなかった。
20150905e1d4154 そしてさらに暗くなった頃、待望のメスが正面の枝に留まってくれました。全くの証拠写真ですが、顔の違いや羽に模様があることなどが分かりました。しかも赤色型ということです。

2015年9月17日 (木)

ぼちぼち

20150913e1d4037 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

台風で閉ざされていた扉がまた開きました。覗いてみるとまだまだ夏羽のダイゼンや
20150913e1d4049 オオソリハシシギ、オバシギ、ソリハシシギに、ハマシギが少し、一文字で休んでいました。

2015年9月16日 (水)

誤審

20150913e1d4016 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

タカブシギの中に見慣れぬシギが一羽。
  タカブシギに似ているが大きい。
  キアシシギよりもずっと足が長い。
  アカアシシギほど赤くもないし、嘴も黒い。
図鑑やネットを検索すると、コキアシシギに最も似ている?
これはえらいもん見つけてしまった、と日中気分は大盛り上がり。
夜になってとんでもなくたくさん撮った画像を精査し、コキアシシギに間違いないか確かめる。この時点ではもう思い込んでいるのでコキアシシギにしか見えないのだ。
20150913e1d4089 しかしいろんな角度から検証していると嘴が太すぎることに気が付いてしまった。おまけに根元は黒くない。形態的にはアカアシシギに近いかも。ひょっとしてと、アカアシシギ幼鳥でググると、おんなじような画像がヒット。正解は未熟なアカアシシギだったようです。こうなると不思議なものでもうコキアシシギには見えないのでした。

2015年9月15日 (火)

シギの声が聞こえる

20150906k52s079 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

田んぼの方からシギの声が聞こえたので歩いて偵察に。4羽の淡水シギが水田の開水面に。内訳はクサシギ3羽と
20150906k52s093 タカブシギ一羽でした。こんなところに秋がこっそりやってきてたのですね。

2015年9月14日 (月)

ロミオとジュリエット

20150906k52s054 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

ハクセキレイや一緒にいた土鳩が一斉に飛んだので空を見上げたら嘴の長い鳥が2羽、海の方へ飛んでました。
20150906k52s057 後姿からダイシャクシギとホウロクシギの宿敵コンビとわかりました。

2015年9月13日 (日)

頬白もどき

20150906k52s035 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

電線に留まったハクセキレイ、過眼線が薄い、この辺りでよく見かけるホオジロハクセキレイもどきでした。
20150906k52s041 近くにいたもう一羽には過眼線がちゃんとありました。
20150906k52s049 さらに捨てられたネギ山にも、もどきタイプが。ただこれまで見たもどきタイプはずんぐりしていたけれど、この日見たのは本物みたいにスマートでした。

2015年9月12日 (土)

母モズ子モズ

20150905e1d4107 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

なんでもツツドリは最初このモズを見つけて足を止めたら見つかったのだとか。モズさま様です。
20150905e1d4130 近くにはまだあどけなさの残る子モズくんも居ました。きっとこの子のお母さんなんじゃなかろうか。

2015年9月11日 (金)

20150905e1d4114 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

木立の向こうでちらちらと動いた影に照準を合わせると、ちょうど窓のようにぽっかり空いた隙間にツツドリの顔が見えました。おっきな芋虫の食事中でした。

2015年9月10日 (木)

ビバっと

20150905e1d4109 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ツツドリだったらなぁとギャラリーを落胆させたキジバト、よくよく見ればなかなかの美鳩さんじゃありませんか。
20150905e1d4110 練習がてら飛び出しを狙ってみました。思いのほか美しい絵(自己満足)になりました。特に尾羽が気に入ってます。
20150905e1d4111 ツツドリだったらなぁ、やっぱりそうため息をついてしまいました。

2015年9月 9日 (水)

ビッチーズ

20150906k52s002 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

あまりの人の多さにビッチーズの出が良くなかったので、翌日雨が上がった後に再びR山へ。狙い通りビッチーズが出てきてくれました。まずはエゾビー登場。エゾビタキにはひねた奴と可愛らしい子がいてこの子は後者です。
20150906k52s006 コサメビッチはフライングを見せてくれました。この子は胸の模様がはっきりしておらず、眼と嘴の間の白い部分の大きさから、コサメビタキと判断しました。
20150906k52s020 さらにはキビッチも隠れて実を啄んでいました。

2015年9月 8日 (火)

P

20150905e1d4094 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

九州の某県では放送禁止用語で鳴くので有害鳥獣に指定されているツツドリ(嘘です)、やっと初撮りです。秋は鳴かないとはいえ、やましいところがあるのか顔を隠すように留まります。
20150905e1d4099 と思ってたら、とっても良い場所に僕のためだけに留まってくれました。手前に小枝があったのでソフトフォーカスになりましたが、こういうのもビギナーズ・ラックって言うのでしょうか。

2015年9月 7日 (月)

せぷてんばあ

20150905e1d4004 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

やっと秋がやって来ました。山口で一番の鳥見シーズンはやっぱり9月でしょう。ほっといても向こうからやって来ます。R山もサンショウクイの群れで賑やかになりました。しかしこの日は人も賑やか、今までで一番の人出で駐車場も満杯でした。今日は厳しいかもと不安になりました。果たせるかな、朝のうちは飛び回るのみで一向に留まってくれません。
20150905e1d4032 でもそれは全くの稀有でした。しかも以前より背が高くなって邪魔かもと思っていた手前の木に次々と留まってくれました。
20150905e1d4055 例年希少な男の子もたくさんいました。

2015年9月 6日 (日)

成果

20150823e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

鷺やカルガモ以外に何かいないかな、水田を走り回ってやっと見つけた貴重な成果です。コチドリの幼鳥or冬場でしょうか?1羽だけでさみしそうと思ってたら、数羽隠れていました。

2015年9月 5日 (土)

団欒

20150830k52007 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ついさっきまでたくさんいたカルガモが見えなくなったと思ったら、陸に上がって休んでいました。
20150830k52008 ズームリングを回してアップにしても、逃げ出す気配は全くしませんでした。

2015年9月 4日 (金)

赤とんぼ

20150830k52005 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

台風が去り、水田は色づき、赤とんぼが多く飛び交う秋になりました。

2015年9月 3日 (木)

濡れ衣

20150830k52004 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

色づいた水田にスズメが群れていました。現行犯かと思いきや、湧いている虫を食べているようでした。ツバメもひっきりなしに飛び交っていました。

2015年9月 2日 (水)

比較

20150823e1d4026 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

SS変えて遊んでみました。まずは1/1000。
20150823e1d4028 次は1/125、
20150823e1d4023 最後は1/8000。ただそれだけです。

2015年9月 1日 (火)

清流に遊ぶ

20150823e1d4059 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

井関にいろんな鳥が集っていました。第一の目的は採餌なのでしょうが、井関の上を歩くアオサギ2羽は、餌を探しているようには見えません。
20150823e1d4067 そろりそろりと水に脚を取られないように歩んでいました。バランスを崩しそうになると翼を広げて耐えています。
20150823e1d4088 でも結局は耐え切れませんでしたが、どう見ても2羽で遊んでいたとしか思えませんでした。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト

カテゴリー