• 20200913k72024
  • 20200913k72008
  • 20200913k72018
  • 20200913k72007
  • 20200906k32008
  • 20200906k32010
  • 20200906k32012
  • 20200906k32005
  • 20200906k32006
  • 20200906k32002

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

ヒーハー

20151018k52s122 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM
アオサギを飛ばしてしまいました。
20151018k52s124 いつものように「げぇ」と鳴いて飛んで行きましたが、画像を見ると「ヒーハー」と鳴いているようでした。

2015年10月30日 (金)

夢の中

20151012k52s004 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

先日上京した時、噂を聞いて行ってみました。2時間以上待って、そろそろ撤収の文字が頭に浮かんできたころ、ターゲットが突然現れました。
20151012k52s007 朝からの雨がようやく上がり、薄日が差し始めたころでした。
20151012k52s009 初めて見るヒメイソヒヨは、淡い日差しの中でもそれと判る羽色をしていました。
20151012k52s010 少しだけ長く留まってくれて夢のような時間でした。身を翻して飛んでいきました。鳥友の執念と師匠の機動力,
そして鳥運の良いレンズに感謝。

2015年10月29日 (木)

大足

20151018k52s113 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

クリークにいつの間にかバンの巣ができていました。雛の足の大きいこと大きいこと。
20151018k52s114 その丈夫な脚で、すぐに巣を離れていきました。

2015年10月28日 (水)

居候

20151018e1d4048 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

7月10日登場のヒドリガモ、結局越夏してしまったようで、前と同じところに潜んでいました。河口の方にも行ったりしていたようですが、この場所がきっと居心地いいのでしょう。
20151018e1d4049 それはきっとカルガモさんたちが優しい眼差しで見守ってくれてるからに違いない。でも河口には仲間がもうたくさん来ているのですが。来年の夏もまだいるつもりカモ?

2015年10月27日 (火)

キジ記事

20151018e1d4068 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

トンビが飛んできて田んぼに降りるところをぼんやり眺めていたら、そこからキジが飛び出して、あわててカメラ構えました。
20151018e1d4071 キジは結構な距離を飛び、また黄色い田んぼに降りていきました。近くで飛ばしたキジを何度も撮り逃したけれど、これだけ距離があれば...でも迫力なし、まぁキジは飛んだだけで記事になるってことで

2015年10月26日 (月)

未達

20151018k52s139K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

今年もノビタキが野に溢れる季節になりました。
20151018k52s152 ジョウビタキより先に撮ってはいたもののいいショットに恵まれず...
20151018k52s154 後回しになってしまいましたが、
20151018k52s168 いろいろと楽しませてくれました。
20151018k52s147 目標のコスノビは今年も撮れませんでしたので、代わりにハチノビ。

2015年10月25日 (日)

交雑種

20151018e1d4082 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

アメリカヒドリみたいなヒドリガモ発見、ですがごま塩が足りないということで、交雑種扱いです。非常に残念。
20151018e1d4081 なかなか純潔のアメリカヒドリに西日本で会うのは難しいのカモ。ここではホシハジロにも交雑疑惑種がいるそうです。後ろの個体とは関係ありません。
20151018e1d4096 そしてメジロガモとの交雑?と疑われているこの子は、純血種であるというお墨付きがあったとかなかったとか。このままずっといてくれて証明してくれることを願っております。

2015年10月24日 (土)

波紋

20151018e1d4045 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

K浜に現れた姫が、こっちにもいないかなと少し粘ってみましたが、現れたのはいつものカイツブリ。でも波紋がとってもきれい。いつもと一味違いました。
20151018e1d4055 身震いするときも波紋の中
20151018e1d4062 泳ぐときも波紋の中、あれでっかい鯉
20151018e1d4066 真鯉がゆったり、顔をのぞかせていました。

2015年10月23日 (金)

御開帳

20151018e1d4013 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

もう一羽、タシギがこっそり眠っていました。
20151018e1d4014 そのうち起きて、長い嘴を御開帳。
20151018e1d4021 羽繕いついでに尾羽も御開帳。タシギを水辺で見かけるようになるといよいよ冬の始まりを感じます。

2015年10月22日 (木)

ちっちゃなハマシギ

20151018e1d4019 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

変わったシギはいないかな、いつものお池に行くと、決まりきったようにアオアシシギのお出迎え。
20151018e1d4010 目を凝らすとイソシギが佇んでいました。身を軽くしておもむろに行動開始。
20151018e1d4007 それと同じような距離にいたハマシギがえらく小さく見えました。ホントにハマシギ?、帰ってから図鑑とパソコンで審議。ひょっとして姫様ではないだろか
20151018e1d4043 翼の白帯からするとやっぱりハマシギなんだろうなぁ。とりあえず小さ目のハマシギということにしておこう。反論大歓迎。

2015年10月21日 (水)

First Jove

20151018e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

今季最初のジョウビタキ、葦原で見つけました。まだ到着したばかりなのでしょうか、心なし真冬に逢うときよりもスマートに見えました。
20151018e1d4003 去年、飛び出しのシーンに何度もチャレンジさせてくれたあの子なのでしょう。今年も待ち時間を、楽しませてくれそうです。

2015年10月20日 (火)

ナイスキャッチ

20151017k52s033 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

モズが梢で鳴いていたのでレンズを向けたらピントが合う前に飛ばれてしましました。でもひらひらと浮かぶような飛び方です。
20151017k52s034 モズはターゲットの虫を狙っていたのですね。
20151017k52s035 見事フライング・キャッチしました。奇跡的にこの過程にピントが合っていて驚きました。このレンズ運だけでなく実力もかなりの物?

2015年10月19日 (月)

尾長食堂

20151012k52s046 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

地面に降りたオナガが何かと闘っていました。決着ついて相手が分かりました。カマキリだったのですね。
20151012k52s050 オナガは熟し始めた柿木食堂にもご来店。
20151012k52s053 僕らが待っているともう成鳥は来ませんでしたが、幼鳥君がやって来ました。熟れている柿を選んで食べるのですね。

2015年10月18日 (日)

秋のオナガ

20151012k52s054 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

東京では珍しくもないのでしょうが、大昔に逢ったことがあるだけのオナガを撮りたくて、多磨霊園へ。しばらく歩くも見つからない。でもついに賑やかな声が聞こえてきました。移動中のオナガの群れに出くわしました。やっとこさオナガの初撮りです。
20151012k52s038 幸先よく飛びものもゲット!この子は幼鳥でした。まだまだこの時期子育て中なのですね。
20151012k52s048 警戒心が強くてシャイだとは聞いてましたが、一番てっぺんで長いこと鳴いているのも居ました。せっかくなのでテレQの準備を始めたら、飛ばれてしまいました。

2015年10月17日 (土)

ビルカモメ

20151012k52s033 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

ビルをバックに飛ぶカモメ(ウミネコ)、MFで撮るのは難しい。
20151012k52s036 ウミネコは快くこのシステムでの飛びもの撮り練習に、協力してくれました。
20151012k52s035 そして夕焼け空に消えていきました。

2015年10月16日 (金)

魔力

20151012k52s029 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

やっと迷い道を抜け出し海岸に出ると、時すでに遅く、満潮で干潟はなくなっていました。おまけに天気予報通り風も強くなり、オオソリハシやダイゼンも杭に留まるのが精いっぱい。ミヤコドリも遠くに避難していました。
20151012k52s025 でも幸運のレンズの力に引き寄せられたかのように、こちらに飛んできてくれました。

2015年10月15日 (木)

流石は師匠

20151012k52s011 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

上京する機会があり、師匠に三番瀬を案内していただきました。駐車場に迷い込んでしまったと思いきや、さに非ず。砂利の上でシロチドリの群れが休んでいました。
20151012k52s016 この中から珍しいの探してよと、無理なお願いをしたら、ハジロコチドリを出してくれました。流石は師匠、昔と変わらずいい仕事をしてくれます。
20151012k52s020
「いやー見つかっちまった」ハジロコチドリも頭を掻いてました。前に見たときはスコープの中の豆粒でしたからやっと見た気になれました。記念すべき日本で撮った鳥の300種目です。

2015年10月14日 (水)

アカハジロ三態

20151004k52s035K-5IIs + A★1200mmF8 ED
アカハジロ飛翔姿を撮り逃したのが悔しくて粘ってみたのですが、チャンスはありませんでした。その代りに口を開けた可愛らしいアカハジロ。
20151004k52s063 アカハジロののど元には白い点があるということで、これも狙ってみました。たくさん撮った中に何とか見つけました。
20151004k52s076 そして恒例の羽ばたきコレクション。羽ばたきは何度も見せてくれました。
20151004k52s069 おまけに飛び立った瞬間。飛びもの用のシステムを手元に置いてなかったのは大失敗。

2015年10月13日 (火)

ハトガモ

20151004e1d4107 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

土鳩が飛んできたなと思ったら、着水!え、カモだったの??
20151004e1d4108 でもやっぱり鳩でした。
20151004e1d4109 水を飲みに来たみたいなんです。
20151004e1d4114 それからすぐ近くに留まり、やけに馴れ馴れしいなと思ったら足環が見えました。

2015年10月12日 (月)

アカハジロの食事

20151004k52s007 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

アカハジロは潜水して水草を食べていました。水面に浮いた水草を食べる時もありましたけどね。
20151004k52s009 真下に潜るので元の位置に浮上してくれます。でも咥えた水草は大抵少しだけ。
20151004k52s023 隣のホシハジロはたくさん咥えて浮上してきました。
20151004k52s024 さっさと離れていくホシハジロを物欲しそうに追いかけるアカハジロ。

2015年10月11日 (日)

定石

2015100452s153 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

この日のもう一つの目標はアリスイ、この季節の定石通りモズの足元に見つけました。本当はもっと近くの木に来てくれるはずだったのですけどね。
20151004k52s040 その後、またアカハジロに遊んでもらっていたら、てっぺんに出てくれました。ここも遠かったけど大玉だったのでなんとか。

2015年10月10日 (土)

珍客到来

20151004k52s001 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

珍客到来というので、開門直後から探すけどエクリプス集団の中ではなかなか見つからない。それでも、白いお眼目が決め手となって見つけだすことができました。ヒドリガモよりずっと小さい!
20151004k52s003 でもカイツブリよりかはちょっとでかいぞ。
20151004k52s004朝日を浴びて頭もかすかに緑色。アカ繋がりのライファー334種目でした。

2015年10月 9日 (金)

落胆

20151002e1d4117 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

久々に回った東の水田、珍しげなシギ発見!と思いきや
20151002e1d4116 わずかに残るお腹の黒にがっかりなのでした。2羽しかいないハマシギにはいつもながら惑わされます。

2015年10月 8日 (木)

かわいい顔してあの子...

20151002e1d4114 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

田園地帯へ行くとショウドウツバメが飛び回っていました。すっかり秋の風物詩です。
20151002e1d4105 ただ単に飛び回って居るわけではなく、羽虫を狙っているわけなんですね。それにしても大きな口です。
20151002e1d4101 ピン甘ですが、こんなところも写っていました。かわいいショウドウツバメですが、虫の立場からしたら獰猛なハンターなんでしょうね。

2015年10月 7日 (水)

蝕不知

20151002k52s147 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

河口から飛び立ったカモの集団、カラフルな顔が見えました。蝕知らずのオシドリです。越冬地の池ではなく、中継地で会うのは初めてかも?
20151002k52s149 ぐるっと旋回して頭上近くを飛んでくれました。14羽でしたので雌雄半々かと思いましたが違いました。雄には厳しい争いが待っている。

2015年10月 6日 (火)

4種同盟

20151002k52s141 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

河口に残る陸地にシギが固まっていました。いるのはホウロクシギに、
20151002k52s034 ダイシャクシギとオオソリハシシギ、3種仲良くまったりと。
20151002k52s144 そこへオナガガモらしきエクリプス集団がやって来ました。カモ類も増えてきましたがいかんせん識別が面倒な羽衣を纏っています。
20151002k52s137 4種同盟を結び対抗するのは、飛行機?

2015年10月 5日 (月)

三度目の春

20150927k52s001 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

山から下りた翌日はMFのR山で狂い咲きの桜シリーズ、メジロには時ならぬごちそうです。
20150927k52s020 コサメビタキも前回よりいい場所に留まってくれました。
20150927k52s016 この日の真の狙いはムシクイ、数日前にメボソムシクイの中にオオムシクイの地鳴きを聞いたという情報があり、ビデオ持参で挑んだのですが、さっぱり鳴かず。まぁこの子と比べたら春にメボソとした子はやはり間違いであったかと納得した次第です。

2015年10月 4日 (日)

カーテンコール

20150926e1d4074 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

4時が近くなったので帰り支度を始めたところでした。ハチクマ!近い!の声にあわててレンズを再び装着しました。1羽はきれいなオスのハチクマです。
20150926e1d4083 もう一羽はメスでした。番で渡りをするものなのかは知りませんが、きっとそうなんだろうなと。
20150926fz089 その後次々とハチクマがやってきて鷹柱が上がりました。今日は1日いい鳥見日和でした。山頂でお世話になった皆様ありがとうございました。
20150926fz090 結局4時を過ぎたので飛鳥IIのお見送りをすることにしました。
20150926fz091 同じころに出港したフェリーがずいぶんと小さく見えました。

2015年10月 3日 (土)

フィナーレ

20150926e1d4052 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

2時半ごろのことでした。ハチクマが海面から1羽、舞い上がってきました。こういう絵を撮りたかったんです。
20150926e1d4055 換羽中でしょうか、羽が傷んでいましたが、精悍な顔つきでした。
20150926e1d4056 目の前で旋回して西へと向かいました。本日のフィナーレを飾るにふさわしい幕切れでした。

2015年10月 2日 (金)

小休止

20150926e1d4051 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

1時を過ぎてからは小休止、この間ノスリが1羽ずつ海の上を通過していきます。
20150926e1d4047 こげ茶色が強いのでハチクマかと思って撮ると顔がでかくてがっかりのパターンを繰り返し。
20150926e1d4050 海面を飛ぶミサゴがいい練習台になってくれました。

2015年10月 1日 (木)

風向き変わる

20150926e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

お昼を過ぎたころ、良風に変わりました。それまで背後ばかりを飛んでいたハチクマが良いコースを飛ぶようになりました。お昼ご飯をしっかり食べていました。
20150926e1d4034 さらにはチゴハヤブサが頭上を通過していきました。人生2度目の出会いです。
20150926e1d4040 メスのハチクマも近くを飛んでくれました。
20150926e1d4042 さらにはサシバも南へ飛んでいきます。12時台は大忙しでした。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト

カテゴリー