• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

防波堤

20151128k52s011 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

防波堤にカワウの姿、最初は4羽でしたが1羽はさっさと飛び去ってしまったのに、残る3羽に飛ぶ気配なし。
20151128k52s012 その向こう、遠くにトビの姿、足元にハクセキレイと思っていたが、イソシギでした。
20151128k52s015 カワウ飛ばして進んで行ったら、イソヒヨドリが下から急に登場、面喰ってしまったか、イソヒヨドリはまるで大きなミソサザイ。

2015年11月29日 (日)

シメシメ

20151122e1d4017 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

道路から近い木の枝に鳥影が...しめた!と思ったのですが、そこに居たのはシメでした。色がきれいでした。
20151122e1d4019 時々下の田に降りて採餌していました。プチ遠征はこれで〆、さあ温泉入って帰ろうっと。

2015年11月28日 (土)

占拠

20151122k52s032 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

シラガホオジロのお気に入りの場所を、アトリが占拠していました。お蔭でここにはあまり寄り付かないようです。この日だけの特例ならいいのですが。

2015年11月27日 (金)

湿原

20151122k52s022 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

昨年はゆっくり回れなかった湿原、今年は時間をかけましたが、他に鳥屋の姿なし。やっと足元から飛び出したカシラダカが木の枝に留まってくれました。
あとは湿原の風景など....
20151122k52s027 20151122k52s028

2015年11月26日 (木)

3つの目

20151122e1d4047 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

プチ遠征してきましたが、自分の一つ目では心もとないので、もう2つの目に援軍を頼みました。お蔭で今年もシラガホオジロに逢うことができました。でも遠くて小さくて、おまけに土の色と紛らわしく、なかなかに難敵です。
20151122e1d4046 今年は去年より雄の出がよかったのですが、白髪頭はやはり難しい。
20151122k52s044 何とか証拠写真。これが精いっぱいでした。

2015年11月25日 (水)

特設ステージ

20151115k52s129 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

ガラス越しとはいえ此処で歌うか、ジョウビタキ。スマホビデオ撮るのやめたら飛んでいきました。やっぱり勘違いしている?

2015年11月24日 (火)

流行り

20151115k52s152 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

流行りの髪型しているホシハジロ、五郎丸を気取ってる?

2015年11月23日 (月)

シーズン・イン

20151115k52s140 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

前週は逆光で空に溶けてしまったチュウヒ、この日は反対側に現れてくれました。丁度この辺に出てくれたらいいのになぁと思っていたところでしたので、タイミングの良いこと。
20151115k52s142 いよいよ冬の猛禽シーズン、始まりです。

2015年11月22日 (日)

美白

20151115e1d4033 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

チョウゲンボウがカラスに追われて来ました。
20151115e1d4043 見慣れたいつもの光景なのですが、やけに白いチョウゲンボウでした。チョウセンチョウゲンボウかもと思ったのですが、チョウゲンボウの変色個体ではないかとのことで残念でした。
20151115e1d4041 2羽の追いかけっこはトビが乱入して終わりました。

2015年11月21日 (土)

ツル繋がり

20151115k52s102 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

ナベヅルの居場所から橋を一本渡ったところにツルシギが来てました。着いたときは寝ていたのですが、すくっと起きてくれました。手前の草の色と水の青、その中にツルシギの赤が映えていました。
20151115k52s106 でもひらりと飛んで岩陰に隠れてしまいました。お蔭でアカアシシギと異なる翼のパターンが垣間見れたのです。

2015年11月20日 (金)

ポニーテール

20151115k52s098 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

前週見逃したナベヅル、もうあきらめていましたがこの日も目撃情報あり。探すと田んぼの真ん中に停まっていた景色に似合わない高級車の傍に5羽のナベヅルがいました。お蔭ですぐに見つかりました、Mさんありがとうございます。
20151115e1d4015 ツルの里では他のツルについつい気を取られてじっくり撮ることが少ないのですが、ここにはナベヅルしかいないのです。前から思っているのですが、ナベヅルの尾、ポニーテールに見えて仕方がありません。
20151115e1d4013 ナベヅルの幼鳥は確かに鍋底のような黒い色をしていますか、成鳥の色はそうでもないのです。頭の赤も小さいけど綺麗でした。


2015年11月19日 (木)

陸の上の鴨

20151115k52s200 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

刈取りの終わった田んぼでカルガモに
20151115k52s087 マガモに
20151115k52s090 オナガガモが大食事会。

2015年11月18日 (水)

バナナ

20151115k52s074 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

その満ち潮に乗って、カモたちが押し寄せてきました。大半はマガモでしたが、そのマガモの嘴はいろんな色をしてまるでバナナの熟れ具合。美味しそうな黄色いバナナに
20151115k52s076 まだ熟れていないエクリプスバナナ。
20151115k52s080 それからまだまだ緑色に見えるバナナまで。この時期のマガモ、意外に面白い。

2015年11月17日 (火)

なぜか市川

20151115k52s063 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

朝の河口に大型シギ2羽が佇んでいました。左の個体の方が若干小さいようです。
20151115k52s066 満潮時間は過ぎていたはずなのですが、潮はひたひたと満ちてきて、小さい方は堪えきれず飛び立ちました。
20151115k52s070 それから数コマ後、大きい方も飛び立ちました。おかげで2羽ともホウロクシギと判りました。それにしても潮位アプリ、大きく狂っているのはなぜ。確かめるとポイントが市川港になっていました。先月設定変えたまんまだったのでした。
それはともかく飛び立ったホウロクシギが水面を思い切りけりました。巻き添えなりし鴨や哀れ。20151115k52s073

2015年11月16日 (月)

20151108fz4k005 FZ1000/4K

公園のカルガモ、松の木がいい雰囲気を出していました。
20151108fz4k014 こちらのカルガモ、しばらく観察しましたが片足の裏が上を向いたままでした。

2015年11月15日 (日)

必携

20151108fz4k019 FZ1000/4K

一週間前の日曜の夕方、用事が済んだあとにK浜にぶらっと寄って見ました。どうせ珍鴨はもういないだろうからとFZ1000しか持っていなかったのですが、思いがけず怪しげな鳥影を見つけました。
20151108fz4k025 これまで見てきたヒドリガモ交雑種と比べると、頭の色、嘴基部の黒、体色に灰色味が無く褐色であることなど、アメリカヒドリの特徴を備えていました。レンジャーさんに聞くと、アメリカヒドリに限りなく近いこの個体はこの日現れたばかりなんだそうです。幸運のレンズ、車に積んどくだけでも御利益がありました、カメラは忘れてたのに
20151108fz4k031羽ばたきを撮ろうと戻ると眠っていました。眠った姿はアメリカヒドリそのものでした。日本のカモ識別図鑑、この冬のK浜は必携です。

2015年11月14日 (土)

尾行

20151103k52s118 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

キジが前を歩いていました。すぐに隠れるかと思いましたがそうでもありません。
20151103k52s121 尾行するように追いかけたのですが、一向に距離が縮まりませんでした。キジも同じような速度で歩くのだとわかりました。

2015年11月13日 (金)

伝播

20151103e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

またまた愛想の良いジョウビタキ2羽に逢えました。
20151103e1d4003 今度は雌雄のペアです。繁殖地から一緒に渡ってきたのでしょうかね。まったく縄張り争いのようなことはしませんでした。
20151103k52s100 愛想の良さがホオジロにも伝播したのか、目の前で囀りでも地鳴きでもない歌を歌ってくれました。

2015年11月12日 (木)

書道家

20151103e1d4031 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

水面のキャンパスに即興で文字を書いているようでした。さかさまですが"ぴ"に見えます。
20151103e1d4032 これは白蛇に見えました。
20151103e1d4033 さすがにこれは何だかわからない。でもまぁ面白い発見でした。

2015年11月11日 (水)

3か所

20151103e1d4010 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

この日は3か所でタゲリに出会えました。まずは朝のタゲリ。ホシムクと同じところにいました。
20151103e1d4042 お次は昼間のタゲリ。背景まで違いが分かりません。
20151103e1d4062 最後は夕方のタゲリ、ねぐらに帰っていくところです。

2015年11月10日 (火)

仲良し?

20151103e1d4055 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

チュウヒがカラスに追っかけられていました。まだ幼鳥らしく、ちっとも反撃しません。ずっと付きまとわれて迷惑だろな。
20151103e1d4057 でも一連の写真を見ると結構シンクロしていて、実は仲良しなんじゃね?と思えなくもありません。

2015年11月 9日 (月)

ムナグロの石

20151103e1d4027 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

毎年来る越冬ムナグロ、昨季に続いて今年も2羽で来たようです。
20151103e1d4034 居てる間、通行人が来ようが、鷺類が飛び回ろうが、2羽とも一歩も動きませんでした。石になりきっているのカモ?

2015年11月 8日 (日)

阿修羅王

20151103e1d4043 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

亜種ダイサギ、今季初認です。もうオオダイサギとは呼ばないらしいです(日本鳥類目録改訂第7版)。亜種オオダイサギをひそかに阿修羅王と呼んでいたのですが、もう使えない。
20151103e1d4044 そんなことお構いもせずにさっと飛んでってしまいました。翼の下面の質感が気に入った一枚です。

2015年11月 7日 (土)

来ました2

20151103e1d4050 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

あちこちでミヤマガラスの群れを見かけるようになりました。大きな群れが電線に留まっていたので確認すると、居ました!パトカー仕様のコクマルガラス、、真っ黒のもすぐ近くに留まっていました。でも後ろのミヤマガラスに脅されている風。
20151103e1d4052 そしたら逃げてもっと近いところに来てくれました。光の加減があまり芳しくないけどシーズン早々から淡色型コクマルガラスに逢えるなんて、幸先よし。

2015年11月 6日 (金)

来ました

20151103e1d4041 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

今季もクロツラヘラサギが市内にやって来ました。とりあえず6羽です。嘴がピンクの幼鳥もいました。まだヘラサギは来てないようです。
20151103e1d4040 クロツラヘラサギの脇には赤い脚のシギも写っていました。この子には夜気が付きました。この春に来てた子なんでしょうか?このまま越冬してくれるといいね。

2015年11月 5日 (木)

きらきら星

20151103e1d4006 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ヒバリを飛ばしながら農道を進むとヒバリより大きくて逃げない鳥が居ました。久々のホシムクドリでした。
20151103e1d4009 少なくとも6羽以上を視認しました。真ん中の袋が邪魔、いやいいアクセントかもしれませんが、5羽が並んだところです。
20151103e1d4015 ホシムクは動くたびに光の加減で緑色にキラキラ光りました。

2015年11月 4日 (水)

しかと

20151024k52s027 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

相変わらずトビでも練習練習と、レンズを向けております。他の猛禽類でもこんな風に撮れたらなぁと思うわけですが、なかなかそううまくはいきません。
20151024k52s028 しかもこのトビはこっちの存在を思いっきり無視して、はみ出すぐらいの距離でした。余談ですがペンタックスのゴミ取り機能の方がキヤノンよりも優れているようにこの絵を見て思いました。

2015年11月 3日 (火)

R山ハイタカ

20151024k52s010 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

R山でも時々鷹類が出ますがこれまでなかなか捉えきれませんでした。この日はたまたま距離があったのと、立木の邪魔がありませんでした。
20151024k52s012 翼端の羽を数えると、ハイタカのようでした。反転して向かってきてほしかったけれど西の空に消えました。

2015年11月 2日 (月)

健康のため吸いすぎに注意しましょう

20151024k52s009
K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM
夜露を吸ってたのでしょうかね?てゆうか、公園にごみ捨てるな!

2015年11月 1日 (日)

Niwa

20151024k52s002 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

渡ってきたばかりでまだ縄張りが決まっていないのでしょうか?2羽のジョウビタキが近くにいました。一羽は僕に向かって飛んできて、気付いたものの近くに留まってくれました。近すぎて尻尾の先が切れちゃいました。
20151024k52s004 もう一羽は反対側の木に留まって上から目線で見てました。この2羽、その後もいたるところで出くわしました。喧嘩してはいないけれど牽制し合っているようでした。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト

カテゴリー