• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

梅の女王

20160221e5d2006 EOS5DMKII + EF70-200mm F2.8L ISII

ひさびさに引っ張り出して梅の名所へ出かけました。まだ満開には早いのと、日差しが強すぎて梅の花は今ひとつ。せっかくお出ましになった梅の女王も、顔に枝の影がくっきりでした。
20160221e5d2002 紅梅バックもぼけすぎでしたね。

2016年2月28日 (日)

水面仁王立ち

20160213e1d4294 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

コガモの羽ばたき、空中浮遊までは至りませんでしたが、水面仁王立ち!

2016年2月27日 (土)

安心

20160213k52s319 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

この日はクロツラヘラサギはお出かけでした。あの薄茶の子と、もう一羽のヘラサギがお留守番。無事仲間に入ったようです。

2016年2月26日 (金)

ほぼ水平

20160212e1d4282 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

少しだけ時間があったので、曇り空でしたがまた探しに行きました。今度はもう少し低い枝に♀を見つけました。桜の蕾をバリバリ食べています
20160212e1d4283 その向こうに♂が2羽、久々に仰ぎ見なくていい位置に留まってくれました。次は俯角で見たいなぁ。

2016年2月25日 (木)

影絵

20160211e1d4208 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM

燃える夕日をバックにチュウヒが舞ってくれました。
20160211e1d4219 この時間は刻々と空が変わります。
20160211e1d4198 それより少し前、ハイイロチュウヒも飛んでくれました。もう少し早ければキラキラしてたのですが、残念。

2016年2月24日 (水)

ハリムクドリ

20160211e1d4185 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

タゲリの反対側でホシムクドリがキラキラ、でも羽毛がつんつんしていてハリネズミの様でした。

2016年2月23日 (火)

プロポーズ

20160211e1d4177 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

春が近づいてます。タゲリが畑で妙な格好をしています。陽を浴びてキラキラと輝いていました。プロポーズはお相手に届いたでしょうか?

2016年2月22日 (月)

残念な一枚

20160211e1d4167 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

藪の中にベニマシコを見つけました。被りの多い場所から抜けのいい所に移動してくれてしめた!と思ったのですが、パソコンでチェックするとすっきりしない写りでした。枝が手前にあったのでしょうね。
20160211e1d4170 残念なベニマシコは、近くの茂みに飛んで行ってしまいました。

2016年2月21日 (日)

男の意地

20160211e1d4128 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

訪れたときは杭で休んでいたK浜のズグロカモメ、館外に出るのを待ってかのように舞い始めました。小腹がすいたのでしょうね、しきりにダイビングを始めました。よくみるとカニを咥えている子も居ました。
20160211e1d4136 岸近くを飛んでくれる子も居ました。ちょっと意地を張ってしまいました。

2016年2月20日 (土)

ゲスの極み

20160211e1d4103 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

山陰側へ久々に行ってみました。こちらの川には普通にカワアイサが居るのですね。全然知りませんでした。此処には♂2羽と♀3羽がいました。
20160211e1d4108 車を停めて見てると、一羽の♀がえらい形相で片方の♂を追っかけます。声も聞こえましたが、この下衆男が~と怒っている様子。
20160211e1d4084
そのうち嘴で攻撃です。
20160211e1d4089 さらにもう片方の♂まで追っかけます。
20160211e1d4124 追い払った後は2羽で勝利のポーズ?

2016年2月19日 (金)

新人さん

20160211e1d4051 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

日常鳥景の中に薄汚れたヘラサギが新しく仲間入り。ヘラサギも白鳥なんかと同じように幼鳥の時は薄汚れた羽色なのでしょうか?初めて見ました。
20160211e1d4061 一羽だけ古株とは離れていましたが、そのうちなじんでくれるでしょう。

2016年2月18日 (木)

カモメデー

20160211e1d4002 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

最近よく通るようになった海沿いのこの道、小さな入り江にカモメの姿を見つけ車を停めました。まず目についたのはオオセグロカモメ、瀬戸内では珍しいのと懐かしさから、テンションが上がります。
20160211e1d4007 足の黄色いニシセグロカモメも!他のセグロカモメも足の色からするとニシセグロなのかもしれません。
20160211e1d4015 ズグロはいませんでしたが鮮やかなユリカモメも。
20160211e1d4030 おまけに沖から次々とやってくるので、楽しませてもらいました。

2016年2月17日 (水)

嘘じゃない

20160207k52s176 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

それで周りを探すと桜の木の上の方にオスのウソが3羽!
20160207k52s173 時折現れる青空を待った甲斐がありました。

2016年2月16日 (火)

非日常鳥景II

20160207k52s161 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

いつもの公園、いつものエナガ・ヤマガラポイントで遊んでいました。
20160207k52s153 エナガは、このシステムではMFじゃないと難しいので苦労していました。
20160207k52s150 ふとすぐ上にもっと大きな鳥が居るのに気付きました、うそ!

2016年2月15日 (月)

非日常鳥景

20160207e1d4233 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

そんな嘆きが聞こえたか、すれ違ったMさんに窓越しに教えてもらいました。あの葦原に久々に賑やかな鳥の声。ツリスガラの団体さんご到着!
20160207e1d4262 ガマの穂の食い散らかしぶりからすると少し前からやってきてたのでしょうね。

2016年2月14日 (日)

日常鳥景

20160207e1d4043 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

越冬ムナグロがゴカイをちゅるちゅる。
20160207e1d4046 隣でイソシギがエビでしょうか?大きな獲物を咥えていました。冬の日によくある鳥景色。

20160207e1d4032

遠くでは仲の良いヘラサギと、クロツラへラサギ、でも当たり前の景色になってしまい、最近珍しい鳥出ないねぇと嘆いているのです。

2016年2月13日 (土)

トップガン

20160207e1d4114 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

トップガンの続編があるとか、ちょっと楽しみです。飛び立ったオオヒシクイとマガンはしばらくの間、ぐるぐる飛び回って楽しませてくれました。
20160207e1d4119 マガン2羽も頭上近くを飛んでくれました。これが噂のトップ ガン
20160207e1d4136 遠くへ飛び去ってしまうのかとも思いましたが旋回してGメンみたいに戻ってきました。
20160207e1d4134 山バックに並んで飛ぶ光景もMFでは新鮮です。やがて少し遠くの田んぼに降りました。

2016年2月12日 (金)

あれから

20160207e1d4008 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

一週間後、さすがにもう居ないだろうと思いつつ現場に戻ると案の定、姿が見えません。やっぱりなと思いながら名残惜しく田んぼを眺めていたら、見回りに来た軽トラのおじさんに反応して、むっくりと首をもたげました。それまでは小さくなって休んでいたのですねきっと。
20160207e1d4019 さらにおじさんが田んぼを歩き回るのでそわそわし始めました。ひょっとして今日も飛んでくれるかな?期待どおりでした。
20160207e1d4021 次々とテイクオフ、さあ航空ショーの始まりです。

2016年2月11日 (木)

黒頭コンビ

20160131fz1000078 FZ1000/4K

堤防から身を乗り出すとウミアイサが慌てて遠ざかっていきました。真っ黒頭の♂が囮になり、メスはさっさと沖へと泳いで行きました。
20160131fz1000077 反対側のクリークを見降ろすとオオジュリン、早くもオスの頭は黒くなりかけでした。

2016年2月10日 (水)

偶々

20160131fz1000056 FZ1000/4K

タゲリを飛ばした後、逆方向を見たら大きな鳥がごろごろ。地図上で決めたセンサスルートにまさかこんな大物がいるなんて。知ってればアプローチの仕方を工夫したのですが。逆光でしたがマガンの顔は確認できました。帰ってパソコンで見るとマガンは2羽だけであとはヒシクイ、しかもオオヒシクイでした。この亜種は初見です。伊豆沼のヒシクイの中にも居たのかもしれませんが、当時は区別していませんでした。
20160131fz1000068 案の定、これも飛ばしてしまいました。徒歩だから致し方なし。でも狙い通りに雁行が見れました。

2016年2月 9日 (火)

飛ばしタゲリ

20160131fz1000051 FZ1000/4K

ルートの先にタゲリの群れが見えました。案の定飛ばしてしまいました。が、狙い通りといえばその通りです。タゲリの飛翔シーンが大好きです。

2016年2月 8日 (月)

土筆鴨

20160131fz1000048 FZ1000/4K

あの雪の日から、まだ1週間だというのに小春日和。田んぼに土筆がにょきにょき生えていました。後で車で近くに行ってみたら根こそぎ無くなっていました。

2016年2月 7日 (日)

下げパン

20160131fz1000039 FZ1000/4K

この日はツグミがでないなぁと思ってたら、終了後に現れました。翼を下げた下げパンの格好、枝の上でもするのですね。

2016年2月 6日 (土)

裏年

20160131fz1000036 FZ1000/4K

今年は数が少ないミコアイサ、静かに水面を滑って行きました。

2016年2月 5日 (金)

青空独り占め。

20160131fz1000030 FZ1000/4K

この冬はよくシメに出会います。この日は2度目の登場でした。青空が似合っていました。

2016年2月 4日 (木)

反芻

20160131fz1000016 FZ1000/4K

枝に留まったジョウビタキ、口を開け閉めしてると思ったら
20160131fz1000017 何かの実をお腹から出してきました。
20160131fz1000019 そのままポイするのかと思ったら、噛み噛みしてまた呑んでしまったように見えました。
20160131fz1000022 それから、どやって感じで移動しました。

2016年2月 3日 (水)

ステルス

20160131fz1000005 FZ1000/4K

歩道下の日陰で微妙に地面が動いている?アオジが隠れていました。しかもペアで。
20160131fz1000003 ズームアップして見ました、♂はピントが合うのですが、♀はカメラのAFでは背景と区別がつかないようでした。

2016年2月 2日 (火)

やっと会えた

20160131fz1000024 FZ1000/4K

大雪の1週間後はぽかぽか日曜日でした。今年初めてE公園でルリビタキ見つけました。
20160131fz1000025 高いところにしか留まらなかったけれど、とりあえず安心しました。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

フォト

カテゴリー