« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

昭和枯れすすき

20161028k1037 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

今季初めてのジョウビタキ、秋空に縄張り宣言中。
20161028k1038 でも長旅の疲れか、縄張り争いの奮闘結果なのか、順光に回っても、尾羽がぼろぼろでした。

なんだこりゃ?

20161023001 K-1 + A★1200mmF8 ED

ホウロクシギが干潟で獲物ゲット。4つ脚で短い尾が付いている生き物の様?犬の胎児みたいにも見えて気味悪い。
20161023002 泥を洗ったら中身はカニでした!

いつでも?

20161015e1d4037 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ここは、いつ来てもアオアシシギが迎えてくれます。
20161015e1d4036 水が退かず、他のシギが寄ってくれません。あ、イソシギも居ましたね。

先陣

20161015e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

越冬季は数えるのも嫌なくらい居るのですが、今はカルガモのほかに3羽だけでした。

喧嘩好き

20161015260 K-1 + A★1200mmF8 ED

そのカラスに攪乱されて、ダイゼンたちが大騒ぎ。相変わらず血の気の多いお兄さんたちです。
20161015262 中には隣のウミネコに八つ当たりする奴も。

ブラック

20161015279 K-1 + A★1200mmF8 ED

最近ぬるぬるした触感の缶コーヒーのブラック、淘汰されました。まったくシリコンなんぞ飲ませやがってと思ってましたが、淘汰されてよかった。やっぱりブラックはこのカラスの様じゃなきゃ美味しくない。

J2

20161015202 K-1 + A★1200mmF8 ED

どこからか白っぽいシギの集団が飛んできて、おぉ!と期待したが、ソリハシシギで少しがっかり。サッカーに例えるとホウロクやオオソリハシがJ1ならこちらはJ2といった感じ、オレンジが目立つレノファ山口でしょうか。
20161015212 それでもしっかりJ1を目指して背伸びしていました。

選抜

20161015265 K-1 + A★1200mmF8 ED

オオソリハシシギの姿もありました。大半が寝ているのでちゃんと数えてはないけど、10羽以上のオオソリハシシギも羽やすめ。
20161015257 偶に起きてる子見つけては、レンズを向けるので、ピンボケ量産でした。
20161015276 いつもの年より少し時期が遅い気もするけれど、今年ですから。

ヒヨ渡る・カモ来る

20161015197 K-1 + A★1200mmF8 ED

背後から賑やかな声がして、ヒヨドリの群れに包まれました。手持ちシステムを用意しておけば、もっといい場面も撮れたのでしょうが。
20161015200 ハヤブサが出現することもなく。対岸へと渡って行きました。
20161015e1d4024 そこで1D4と328用意して待っていたけど、ヒヨドリは来ず、代わりにオナガガモの大群が沖へと飛んで行きました。

クロップ

20161015162 K-1 + A★1200mmF8 ED

近くにもう一羽の大型シギ、こちらもダイゼン、ハマシギの間ににょっきり立っていました。
20161015270 羽繕いの最中に垣間見た羽の模様がきれいでした。クロップしてコマ数あげててよかった。

カンロク

20161015161 K-1 + A★1200mmF8 ED

台風騒動もひと段落、一文字の門が開きました。ダイゼンやハマシギに混ざってカンロクのある大型シギ一羽。
20161015190 翼を開いて名乗り出てくれました。まぁお腹も茶色なので最初からそう思っていましたが。

ノグサノビタキ

20161015e1d4041 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

やっとノビタキに逢えました。コスモスノビタキを撮りたいと思いつつ、まずは野草ノビタキ。

20161015e1d4044

ノビタキは農道に沿って生える雑草に留まることが多いので、撮影するのに苦労します。

怪鳥

20161002e1d4030 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
低空を飛ぶ旅客機を気にしてました。

子鳴き爺

20161002e1d4027 背中の毛がそう見えてしまいました。昔深夜放送に出てた芸人のギャグを思い出しました。振り返ってくれると完ぺきでしたが。

前けん体操

20161002e1d4022 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

先日のインドアカガシラサギ、飛び立つ前に前けん体操してました。飛び立つの待ってたんだけど、タイミング合わず残念でした。

初鳴き

20161002k1038 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

モズを見かける様になりました。鳴き声を聞くのは今年初めてでした。10月というのに汗ばむ陽気でしたが、秋が深まりつつあるようです。
20161002k1032 まだまだアゲハチョウが元気に飛んでましたが、翅は少し痛んでました。

ガラスの翼

20160924e1d4015 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

たくさん撮ったアマツバメの中にこんなのが写ってました。まるでガラスで出来ているように透けてました。。

月光仮面

20161002e1d4002 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

インドといえば、カレーよりも月光仮面!子供の頃はインドカレー、辛くて食べれませんでしたから!そのインドから?はるばるやってきた鳥がいると、新聞情報頼りにプチ遠征してきました。
20161002e1d4007 片足を怪我しているようですが、食欲は旺盛で、虫やミミズを食べてました。でも、遠くの獲物に小走りで近づくときはきつそうでした。元気になって欲しいものですが帰り道はわかるのだろうか?

出会いがしら

20160925e1d4023 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

忘れ物の傘を取りに行ったついでに、東の干拓地もまわってみました。このところ空振りばかりでちっとも鳥果がなく、期待してなかったのですが、セイタカシギが一羽だけで休んでいました。目瞑って振ったらまぐれあたりでホームランみたい。
20160925e1d4044 最初は遠いところに居たのですがしばらく眺めていたら、近くへきて夢中で餌取りをしてくれました。

蜻蛉

20160925k1061 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

手前に浮いたカイツブリ、何か咥えていたので撮ってみたらば、トンボ?(ヤンマ?)のよう。産卵しに来て捕まったか。

20160925k1059 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

先日忘れた傘を取りに行ったら、シマアジ飛来中。エクリプスだから見落としそうな羽色でした。ちょうど雨が降り出したので、傘が役立ちました。

大本営発表

20160924e1d4056 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

「1550、東の空より低空で侵入せるアマツバメ1羽に対し、連写砲にて迎え撃ちこれを激写せり」
と、K司令官に報告したもののこれは大本営発表、しこたま撮ったのにピントがかつかつ合っていたのはこの一枚のみ。あとはすべてどうしようもなくピンボケ(恐らく後ピン)。アマツバメのスピードに完敗。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト

カテゴリー