• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

空気

20161119k1022 この日のメインは窓越しのセイタカシギ、遠いしほとんど寝てるからネタになりにくい。散策してたら頭上で一声、いつの間にか起きて飛んだりしていたらしい。割と近い間に空気しかないところに降りてくれました。

20161119k1027 それからまた定位置へ戻りました。

2016年11月29日 (火)

紅白歌合戦・紅組

20161123e1d4011 そろそろ昼飯食って帰ろうか、たまたま同じ目的?で居合わせたS先生に、今日はトビくらいしか撮るもんありませんねと嘆いたら、この頭赤いのは何?と画像見せられ、「べぇ!

20161123e1d4036 昼飯抜きで延長戦突入、今日は紅組勝利です!

2016年11月28日 (月)

紅白歌合戦・白組

20161123e1d4015 1週間前に消えた鳥の、後続がまた来てるんじゃないか?と強引な推理で、雨と強風の中、191号線を左に折れてあの島へ。強風に吹かれながら探すも、ただホオジロしか出てこない

20161123k1074 白い鳥はいずこ?、港で見つけたのはホオジロハクセキレイモドキ。ホオジロハクセキレイ7:3ハクセキレイってところか?
198403me001 ええい悔しいので1984年の写真をアップしちゃえ。なんたってこの子には雪景色が一番似合うもはやカテゴリーを増やすのが目的化してますね。

2016年11月27日 (日)

放鳥記

20161112_296005 K-1+FA★200mmF2.8ED

帰宅途中に見かけた人だかり、見るとフェンスに茶色い塊が....眩しくて動けないフクロウ!?
20161112_296015 よくよく見ると片翼がだらんとしているし、子供たちが触っても身じろぎすらしない。結局、しかるべきところで保護してもらいました。
Fz075 骨折などはなく1週間で放鳥することになりました。翼を傷めて狩れず、お腹が空いてただけ?たくさんご飯を食べて元気になったとか。なにはともあれ逞しくこの冬を越してくれることを祈ってます。

2016年11月26日 (土)

MF巡り 出会い

多種再々20161113e1d4059 バリトンのエーデルワイスに感動した後、夕方もう一度シロカモメを探しに行くが見つからず。いつもは一文字で休んでいるところばかりのオオソリハシシギが干潟で採餌中。

20161113152 それから移動していると思いがけなく、ヒシクイ4羽を発見。
20161113e1d4065 おまけにクロツラヘラサギ2羽が飛んでくる、A川今季初認。
20161113e1d4071 ヒシクイはしばらくして田んぼへと移る。追っかけて行ったら思いっきり怪しまれ
20161113e1d4080 遂には飛ばしてしまった。いい日には違いないが、少し後味悪し。

2016年11月25日 (金)

MF巡り 純白

20161113126 再びA川へと戻る。思いのほか退いた干潟にセグロカモメの群れ、脚の黄色いのは見つからず。
20161113128 そしてユリカモメの群れ、今季初だったか?
20161113110 そして見つけてしまったシロカモメ、うっすらと灰色になった成鳥冬羽、毎年来ている子なんだろう。
20161113148 セグロカモメとは別行動で下流へと飛んで行った。

2016年11月24日 (木)

MF巡り 増

20161113093 隣の市のK川へと移動、ここではクロツラヘラサギが11羽に増えていた。

20161113098 カモも多く、ヨシガモとオナガガモが目立つ。今日はマガンの姿はなかった。

2016年11月23日 (水)

MF巡り ガングロ

20161113e1d4015スズガモの他に飛び立ったのはヒドリガモとホシハジロ

20161113e1d4017 ホシハジロは水面ではきれいでが、空では頭でっかちで不格好なんですね。
20161113e1d4046 そして海の上のカルガモ、1羽だけこげ茶色なのはなんでだろうか?カモ図鑑にも答えは見つからず。
20161113e1d41036 アップにしてみました。ほっぺも黒いです。

2016年11月22日 (火)

MF巡り 大群

20161113e1d4020 I調整池へと移動、今朝はクロツラの姿なし。足元から飛ぶアオアシシギのタンディム飛行。

20161113e1d4028 凪いだ海にはカンムリカイツブリ。
20161113e1d4033 そしてスズガモの大群が海へと移動を開始。
20161113e1d4038 この瞬間に出くわすなんて、今日はいい日になりそう。

2016年11月21日 (月)

MF巡り 異変

20161113e1d4002 A川に未だクロツラヘラサギの姿なし。後背地にてツグミ今季初認。
20161113e1d4004 KJ干拓地に移動するも、先日と違いホシムクの姿なし。かろうじてタゲリ1羽を発見。先日とは違い元気なし。そして1羽のみ。
20161113e1d4007 ひょっとして、もう一羽はオオタカに襲われたか?

2016年11月20日 (日)

乗り遅れ

20161106k1s077 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

今季ノゴマブームには完全に乗り遅れましたが、最終便には何とか間に合いました。
20161106k1s082 半日待ってやっと出が良くなりました。ところがまさかのバッテリー切れ。今季はとことんノゴマに嫌われたようです。

2016年11月19日 (土)

見つけた

K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

20161106k1s057 ウグイスもホーホケキョと鳴いてました。こちらは変なんだそうです。寒くなったり温かくなったりするので、体内時計が狂いっぱなし?
20161106k1s058 この子は地鳴きしていたところを見つけました。そしてこの子も何か見つけたようです。

2016年11月18日 (金)

一声

20161106k1s045 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

一声だけ聞こえた方を探すと、お目当てのアリスイに出会えました。比較的近場の葉の無い木に留まってくれてました。

2016年11月17日 (木)

見返り

20161106k1s037 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

ホオジロの声に聞きほれていたら、地味な鳥の群れが飛んできて、その一羽だけ留まってくれました。カシラダカ今季初認です。
20161106k1s038 そして今季まだちゃんと撮れていないジョウビタキ♂、今一でしたが、同じポーズだったので採用しました。雌と違って愛想が悪いのはなんでなんでしょうね。
20161106e1d4001 雌は朝一番にサービスしてくれたのに。

2016年11月16日 (水)

秋なのに

20161106k1s016 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

秋だというのにホオジロが囀っていました。しかもあちこちで。
20161106k1s034 なんでも、秋のうちに縄張りを確定しているのだとか。でもここは猛禽ランドの一角、春まで長いぞ、頑張れ。

2016年11月15日 (火)

視線の先

20161106k1s011 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

イソヒヨドリが睨んだ先に何が居るのか?あまり気にせずに堤防にカメラ載せてイソヒヨゲット!
20161106k1s005 その瞬間、わずかに残った干潟からクロツラヘラサギが飛んで行きました。

2016年11月14日 (月)

到着

20161103e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

3ポイントの観察地点のうち、2か所にクロツラヘラサギが到着しました。
20161103e1d4039 どちらも2羽ずつですが、これから増えるのを楽しみに致しましょう。

2016年11月13日 (日)

キビレ

20161103e1d4034 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ミサゴが外道を捕まえていました。キビレでもチヌはチヌ、味はよさそうです。

2016年11月12日 (土)

白線

20161103e1d4010 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

田圃道を歩いていたら、足元からジシギを4度飛ばしました。期待を込めて毎回撮りましたが、どの個体にも白線がはっきりと写っていました。

2016年11月11日 (金)

エクトプラズマ

20161103e1d4011 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

不思議なものが写っていました。

2016年11月10日 (木)

田有り

20161103e1d4021 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

ケリが見たいのですが、タが付いてて残念。そんなこっちの気持ちを知ってか、どなりながら飛んできました。

2016年11月 9日 (水)

星空

20161103k1s082 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

11月に入ってようやく冬の気配が。星空もよく見えるようになりました。
20161103k1s093 しかもこの日は、昼間っから青い空に星がたくさん輝いていました。
20161103e1d4179 キラキラと星屑をこぼしながら飛んでいました。
20161103k1s117 その後、流れ星が電線に引っかかっていました。

2016年11月 8日 (火)

初心

20161028k1105 K-1 + A★1200mmF8 ED

いい天気でした、近いところで羽繕いを始めたホシハジロ。
20161028k1108 そういえばこのレンズ手に入れたころは、ここでよく撮ってたなと。
20161028k1109 昔を懐かしく思い出しました。あの頃は*istDSだったんだっけ。

2016年11月 7日 (月)

危険行為

20161028k1050 K-1 + A★1200mmF8 ED

メジロガモが首を伸ばしてそわそわ、なんだか飛びそうだな?
20161028k1051 そしたら本当に飛び立ってしまいました。今日はこれでさようならかしら?
20161028k1053 いえいえぐるっと回って戻ってきてくれました。どうやらオオタカに反応したようですが、他のカモたちは無反応だったので、反って危なかったのでは?

2016年11月 6日 (日)

紛れるカモ

20161028k1069 K-1 + A★1200mmF8 ED

シマアジの♀幼羽が一羽、コガモと一緒に食事をしてました。言われないとわからないくらいですが、並ぶと違いが分かります。
20161028k1101 その後見失ってしまったら、ホシハジロの間で休んで居ました。メジロガモのすぐ近くでした。

2016年11月 5日 (土)

亀楽園

20161028k1086 K-1 + A★1200mmF8 ED

アオサギはあのバンの楽園にフナを運び、そこで食べようとしました。お蔭でバンたちは逃げまどい失楽園。
20161028k1090 必死に飲み込もうとしますが、フナが大きすぎて呑み込めない。
20161028k1092 とうとう足元に置いて、あきらめてしまいました。フナはきっとアカミミガメの御馳走になることでしょう。

2016年11月 4日 (金)

その間の出来事

20161028e1d4012 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

瞬間を取り逃さない様に、EOSに持ち替えて待ってると、頭から飛び込みました。
20161028e1d4014 ミサゴみたいに体ごとザブンです。
20161028e1d4019 ようやく顔をあげると嘴には大量の水草?
20161028e1d4023 水から上がる時、大きな魚体が見えました。

2016年11月 3日 (木)

大物

20161028k1080 K-1 + A★1200mmF8 ED

浮島に飛んできたアオサギ、何やら見つけたようで真剣な表情で、獲物を狙っていました。
20161028k1083 そしてゲットした大物フナ、嘴を銛のように突き刺して捉えました。この2枚の間は、また今度。

2016年11月 2日 (水)

楽園

20161028k1055 K-1 + A★1200mmF8 ED

オオバンが増えてきました。カモたちが憩うお立ち台を集団で占拠。花絡みでまとめてみました。

2016年11月 1日 (火)

20161028k1046 K-1 + A★1200mmF8 ED

去年から時折現れるもののなかなか捉まえられない幻のメジロガモに、半日遊んでもらいました。
20161029k1123 とはいえほとんど寝てたのですが、突然派手に水浴びを始めました。
20161028k1044 羽ばたきも何度も見せてくれましたが、風向きの所為で毎回後ろ向き。
20161028k1049 メジロガモなのに目が黒いのが玉に傷でした。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト

カテゴリー