• 20180502e7d2135
  • 20180502e1d4036
  • 20180502e1d4032
  • 20180502e7d2117
  • 20180502e7d2015
  • 20180502e7d2007
  • 20180502e7d2010
  • 20180502e7d2096
  • 20180502e1d4024
  • 20180502e7d2076

« 親分肌 | トップページ | 奴ら参上! »

夏色オオダイサギ

20170415e1d4001 冬にやってくる亜種ダイサギ、いまはオオダイサギと呼ぶと笑われてしまうので、表記がややこしい。冬鳥だから夏羽のダイサギは、亜種チュウダイサギと思い込んでいたのだが。この日あったのは太ももから亜種ダイサギと思われる個体の夏バージョン。

20170415e1d4005 ホントか否と思ってたのだが、その後チュウダイサギ夏羽とバトル、大きさからも間違いない模様。

« 親分肌 | トップページ | 奴ら参上! »

ダイサギ」カテゴリの記事

コメント

名称が変わるとややこしくなりますね.
セグロカモメの仲間もややこしくてあまり使いたくなくなりますね.

ROBINさんへ
折角慣れてもそのうち呼び方が変わるかもしれませんものね。
オジロビタキはどうなるのでしょうね。早く別種に再分類してほしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親分肌 | トップページ | 奴ら参上! »

フォト

カテゴリー