• 20171112k3ii006
  • 20171112k3ii011
  • 20171112k3ii003
  • 20171112k3ii004
  • 20171112k3ii002
  • 20171112k3ii009
  • 20171105k3ii008_2
  • 20171105k3ii007_2
  • 20171105k3ii007
  • 20171103k1121

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

中隊

20171029k1001 西の田んぼにアトリが集結中。車停めたら半数位飛んでしまいました。

雨男

20171029k1015 とうとうありがたくないあだ名を付けられてしまいました。3週連続いく度雨だから仕方ありません。

20171029k1018 雨の間にノビタキからジョウビタキに入れ替わってました。

実は仲良し?

20171021k1094 紫の君があきらめきれず、戻ってくるかと雨の中待ってました。その雨が上がった瞬間、チュウヒとハシブトガラスが仲良く飛んできました。

20171021k1096 モビングしているというよりはタンデム飛行しているような感じでした。

大きなうねり

20171021e1d4072 台風の余波で突然雨脚が強くなりました。幸い観察舎で雨宿り。するとミサゴが急降下。水面には大きなうねりが、でかい魚が居るのかも?

20171021e1d4076 浮かび上がるミサゴ、まるで海から生まれたようです。
20171021e1d4081 飛び上がった足元には、期待したよりずっと小さな魚が銀色に光ってました。あのうねりは魚の群れが作っていたのかもしれません。

タラレバの週末

20171021e1d4055 お目当ては飛び出しませんでしたが、南の空からふわふわ変なのが飛んできました。

20171021e1d4061 首なし!コミミズク!!2度目の出会いです。
20171021e1d4066 ふわふわ遅漂って来た方向に戻って行きました。これで満足して持ち場を離れた10数分後くらいにお目当てが飛び出したらしいです。もっとがめつくいけばよかったのに。何はともあれタラレバの多い週末でした。

暇つぶし

20171021e1d4042 お目当てが飛び出すのをずっと待ってましたがなかなか葦原の中から動きません。その間暇なのでカモたちに遊んでもらいました。

20171021e1d4033 背景に取られないように頑張ってみました。

50音順繋がり

20171021e1d4009 シギチの甲高い声が響いた後、杭で休んでいたはずのハマシギその他が舞い上がりました。まだ潮は高いはずなのですが、もしや?

20171021e1d4016 と思ったら追いかけるハヤブサ。この2種、このブログのカテゴリーで実は並んでいるのです。

雨ノビタ

20171015k1015 このところ雨が多いですね。防塵防滴を誇る望遠ズームに変えててよかった。

ターゲット

20171015k1007 モズに睨まれてしまいました。

曇り空

20171015k1002ちっちゃな鳥が飛び回ってました。ショウドウツバメでした。

20171015k1003 大きな鳥がやって来ました。練習機でした。

ときめき一瞬

20171015k1012 この季節、何が出てもおかしくないといいますが、思わずときめいてしまいました。

20171015k1010 お隣に居た子がこの羽色だったので一瞬でしたが。こんな枝に留まられるとただのドバトには見えません。

20171009k1034 対岸に向かったヒヨドリが戻って来ました、真っ直ぐに。羽ばたきの音に包まれましたが、へぼゆえ決定的写真は撮れず。て言うか広角レンズ持ってりゃよかった。

20171009k1038 背後の葦原に入って行きました。時節柄鳴き声が、票票票票と聞こえました。まぁ政治家から見れば国民なんてヒヨドリの群れと一緒なのではと思いたくような今日この頃です。

大物狙い

20171009ead4046 チョウゲンボウがドバトを狙っているところに出くわしました。残念ながら運転中、カメラは急に撮られない(泣き)。その後電線に留まりました。車を停めてゆっくり撮影。

20171009ead4051 何を見つけたか背後の畑へ飛び降りました。コサギのような白い翼が見えましたがもちろん玉砕。隣に留まったハクセキレイには目もくれず大物ばかり狙っているチョウゲンボウでした。

くぐり岩

20171009k1013 龍の山のその先から、龍が舞う。

20171009k1015 くぐり岩を抜けて龍が飛ぶ。
20171009k1020 海面低くすれすれに渡って行きました。

交代交代

20171008k1040午後にはKさんから新たな鳥情報!マガンが刈り後の田んぼで休んでいました。サイズが違うのは親子だから?かわりがわりで見張りと採食を後退していました。

蓮ノビタキ

20171008k1032 今年ものび太君の季節到来。初めての蓮ノビタキゲット。

20171008k1029 でも来年はもうここにノビタキは来ないだろう。そして蓮の花も咲かない。最初で最後の出会いだったかも。

サファイアとエメラルド

20171008k1034 この日はカワセミ日和、いろんなところでカワセミに出会えました。カワセミと言えばブルーサファイアとお腹のオレンジサファイアのコンビネーションが普通なのですが、

20171008e1d4055 夕方に出会ったのはエメラルドグリーンのカワセミ!
20171008e1d4059 中央で写せてないのが玉に傷。

感謝

20171008k1009 コボスタ宮城に渡り鳥のらんにゅう事件、パリーグTVでライブで見てました。アカエリヒレアシシギは記録はあるけど記憶にはなかったし、タブレットの小さな画面ではハマシギのようにしか見えなかった。こっちではほとんど見る機会がないのだが、ある朝Mさんより出現情報あり、予定を変更して朝の支度もそこそこに行ってきました。しかし小さい、逆光、草かぶりの三重苦。

20171008k1016 でも脚立と1200mmとK1がいい仕事をしてくれてました。なぜか撮った覚えのない跳び姿。
20171008k1020 最後は農作業のおばさんがいいところに出してくれました。この日のすべてに感謝。アカエリヒレアシシギ初撮りでした。

小さな犠牲者

20171001e1d4038 いつの間にか出動した上手い方のハヤブサが何か持って帰って来ました。ヒヨドリよりもかなり小さそう。

20171001e1d4053 橋塔の中腹に留まって羽をむしります。黒い尾羽が落ちていきました。20171001e1d4058
食べ終わって足をなめてきれいにして、
20171001e1d4062 飛び立ち山の方へと飛んで行きました。

欲目

20171001e1d4026 遠くを飛んでたカモメをレンズでずっと追いかけてました。サンディエゴで見たおなかの黒いカモメに見えてしまいこれはとんでもない奴かもね?

20171001e1d4027 おまけにずんずん近づいてきます。しめしめ!でも横から見たらウミネコ幼鳥でした。なんだニャー。欲を掻くと人の目はいい加減になるものです。

龍の季節

20171001e1d4004 今年もヒヨドリの渡りの季節になりました。まるで龍のような塊が空をうねります。

20171001e1d4009 でもこの龍からっきし弱くて元居たところへ蜘蛛の子散らすように逃げ帰ります。
20171001e1d4023 このハヤブサはまだ未熟なようで手ぶらで帰って来ました。

バトンタッチ

20170930e1d4068 ハチクマの渡りも最終版だね~と思いながら片づけを始めたころ、サシバの群れが目の前を。

20170930e1d4071 サシバにもいろんな顔があるのです。
20170930e1d4074 そして旋回して
20170930e1d4087 ボディアタックかましてくれました。渡り鳥の覇権交代でした。

幸運のエヴァ

20170930e1d4026 お昼過ぎのピークは過ぎ、惰性でエヴァを待っていました。このポイントで頭を写すと御利益があるのだそうです。
20170930k1136さて店じまいかと思った途端、近くに揚がる突然の鷹柱、滅多に使わない150mm側で撮りました。

20170930e1d4028
久々に見る迫力ある鷹柱。
20170930e1d4047
背面もかっこよい。
20170930e1d4056 そしてボディアタックされるのではと思うくらいのところを旋回していきました。エヴァの御利益半端ねー!

SL

20170930k1104 黒煙をはきながらSLが出発、朝の内の出来事ですが。

20170930e1d4022 ドクターイエロー効果か、お昼過ぎからSサイズのツミや
20170930e1d4011 Lサイズのハチクマが近くを飛ぶようになりました。

幸福の黄色い新幹線

20170930k1101 9月最後の日、いい青空でした。はるか遠く鷹柱。

20170930e1d4005 多分K浜のレンジャーさんたちの方が近かったのでは。
20170930k1113 お昼過ぎにドクターイエローが通過、何かいいことありそうな予感。

201709234k1075 ワンダーランドにはキビタキの姿もありました。でも成鳥オスはちらちらとしか出てくれません。で、意地になって撮れるまで粘ってしまいました。

201709234k1074 とうとう根負けしたか、近くに来てくれました。キビタキの地味な♀または幼鳥はたくさん居ました。

煌き

201709234k1055 オオルリも落ち着きなく木の実を狙っていました。

201709234k1045 でも木陰で一休みしてくれました。木漏れ日にきらめいてました。

落ち着け

201709234k1051ワンダーランドにはR山ではよそよそしかったコサメビタキも出てきてくれました。でもなかなかじっとしてくれません。

201709234k1065同じく落ち着きのないメジロも捉えるのが大変でした。

ワンダーランド

201709234e1d4017 午前中タカの渡りを楽しんだ午後は、小鳥たちが遊んでくれました。そこはまるでワンダーランド。

201709234e1d4019 別に隠れているわけでもないのだけれど次々と小鳥たちが目の前に。ヒタキの目なんて黒一色と思ってましたがちゃんと瞳があったのですね。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

フォト

カテゴリー