• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

続16時の鷹

20171119k3ii026 次の日は河口で待ってみました。潮が退き過ぎてて打色カモメの姿は遠くにチラホラでした。そのユリカモメが一斉に飛び立ちました。もしかして?でも空に怪しげな姿は見つかりません。

20171119k3ii028 その時干潟の上を黒い影が飛んで居るのを発見!。
20171119k3ii029 オオタカは空振りでしたが、こちらは収穫大でした。こういう読みが当たるとつい自慢したくなります。

2017年11月29日 (水)

サザエさん

20171119k3ii025 サザエさんカット?のカンムリカイツブリに出会いました。

2017年11月28日 (火)

出遅れた

20171119k3ii017 ツグミに気を使って車内にとどまっていたら池のクロツラヘラサギが一斉に飛び立ってしまいました。1羽だけ残ってると思ったらヘラサギでした。少し遅れて飛び立ちました。

20171119k3ii018 河口に回るといつもの中州でクロツラヘラサギが移動してました。
20171119k3ii019 出遅れたヘラサギもちゃんと来てました。

2017年11月27日 (月)

16時の鷹

駐車場に戻って車に乗ったら、目の前の山からオオタカが飛び立ちました。慌てて車を降りて追っかけました。でもオオタカはさっさとさっきまで20171118k3ii055 居た河口へと向かいました。もしかしてユリカモメ狙い?

2017年11月26日 (日)

まったり

20171118k3ii040 隣の河口ではユリカモメの群れがまったりと過ごしてました。

20171118k3ii049 もちろん食事をしたり
20171118k3ii046 飛び回ったりして、いい練習台になって呉れました。

2017年11月25日 (土)

2羽とも♀

20171118k3ii030 ミコアイサが2羽到着してました。でもパンダは居ませんでした。そのうち来るかなぁ。

2017年11月24日 (金)

1119初認

20171119k3ii015 カルガモが丘で採餌している前にツグミを発見、今季初認です。

2017年11月23日 (木)

到着

20171119k3ii002 やっとMFにクロツラヘラサギ御一行様のご到着、大潮満潮の朝は隣の調整池で寛いでいました。

20171119k3ii001 1羽ヘラサギが混ざってました。このところ毎年来てくれるのでうれしいです。

2017年11月21日 (火)

秋空試し撮り

20171112k3ii013 青空に高速で飛んで行くノスリ、お蔭で別の鳥かと勘違い。ノスリも結構速く飛ぶものですね。バシバシ撮ったけれど結構流れていました。新しいカメラの実戦配備は少し早すぎたようです。バッファーオーバーからの回復がK-5IIsに比べて早いところは気に入りました。

2017年11月20日 (月)

秋の一日

20171112k3ii003 色づいた木にエナガがやってきてくれました。

20171112k3ii006 色づいた湖面にはオシドリ
20171112k3ii011 そしてオオバンが浮かんでいました。

2017年11月19日 (日)

秋ゆく小野で

20171112k3ii004 紅葉がきれいな朝でした。

20171112k3ii002 湖面にはカイツブリがぽつんと。当地出身の知人にこの探鳥会があることを話すと、即座に返ってきたのが「カイツブリまだいますかね?」だった。
20171112k3ii009 白鳥も休んでました。

2017年11月18日 (土)

トビなら

20171105k3ii007_2 150-450のレンズを使い倒すには新しい戦力が必要ということで、K-5II2+金銭でトレード成立。K-3IIIが当分出そうにないので待ちきれずというのもありますが。とりあえずトビで試し撮り。

20171105k3ii008_2 トビにも十分十分使えそう。

2017年11月16日 (木)

空振り三振

20171103k1121 空が一段落したら目の前を蒼い閃光が走りました。カワセミが一羽、護岸に留まりました。3回ドボンしたけれど空振り三振。置きピン狙いも外されました。こちらは見逃し三振かも。

2017年11月15日 (水)

共演

20171104e1167 ヒメコンドルが休むと他の猛禽類が次々を菅らを見せました。まずは3個体目のハイタカ。

20171104e1180 チュウヒがまた飛び立ちました。
20171104e1194 そして遠くの空にはノスリの姿も、流石猛禽島です。

2017年11月14日 (火)

ひと休み

20171104e1099 ヒメコンドルは対岸の木に留まりました。残念ながらたわわな実に体を隠して。その上方にタカ類が留まっていました。

20171104e1101 ここで大玉準備し始めるも、察したのか飛んでしまいました。前のとは違うハイタカでした。
20171103k1103 大玉で覗くヒメコンドル、上手に隠れていました。

2017年11月13日 (月)

くわばら

20171104e1138 背後からタゲリの群れが飛んできました。最初は猛禽島に向かっていたのですが、

20171104e1145 川の上でターンして
20171104e1148 こちらに向かってきました。くわばらくわばらといったところでしょうか。

2017年11月12日 (日)

遥か

20171103k1107 遠くの木に留まっていました。カラスがモビングしてましたが動きません。

20171104e1200 お昼過ぎにはるか遠くの空を舞っていました。

2017年11月11日 (土)

ヒメコンドルは飛んで行く

20171104e1084 どこから来たのか巨大な黒い鳥が舞っていました。噂のヒメコンドル、あっさりとお出ましです。九州山地がアンデスの山並みに見えてきました。この日は丸一日、コンドルは飛んで行くと母を訪ねて3千里の歌が頭の中リフレインしてました。

20171104e1073 翼は真っ黒と思ったら、まるでアゲハチョウみたいに色があるのです。何はともあれ久しぶりのライファーでした。

2017年11月10日 (金)

20171104e1037 ハイタカの後を追うようにセイタカシギが飛んできました。もう言葉がありません。

2017年11月 9日 (木)

早とちり

20171104e1023 続いて急速に接近して通り過ぎたのはハイタカ、最初は配色と行動パターンからハヤブサと思い込んでました。

20171104e1024 南国らしく黒っぽくて野性味を感じる一羽でした。

2017年11月 8日 (水)

猛禽 i ランド

20171104e1004 帰省ついでに寄って来ました。河の中州の猛禽島、着いていきなりチュウヒがお出迎え。
20171104e1007

午前中ひっきりなしに飛んでくれました。
20171103k1116 流石に川を渡ってはくれなかったので、大玉も使ってみました。

2017年11月 7日 (火)

一足お先に

20171103k1034 クロツラはまだ来ませんが、一足先にズグロカモメ到着。

20171103k1051 何かを見つけて急降下。
20171103k1045 相変わらずのカニ捕りり名人なのでした。

2017年11月 6日 (月)

タ繋がり

20171103k1005 MFパトロール、刈り入れの終わった田んぼにタゲリが一羽。なにか見つけたようです。

20171103k1007 一応野花絡みです。
20171103k1010 移動して堤防沿い走っていたらタヒバリが一羽。こいつは田んぼでは見つけにくいが、場所が良かった。

2017年11月 2日 (木)

違和感

20171029k1016 シルエットでは???でした。モニターで確認しても違和感が。尻尾、どうしちゃったんでしょうね。

2017年11月 1日 (水)

乱れ飛び

20171029k1004 海辺ではショウドウツバメが乱舞していました。

20171029k1011 楽しめました。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

フォト

カテゴリー