• 20181111k32034
  • 20181111k32031
  • 20181111k32028
  • 20181111k32016
  • 20181111k32014
  • 20181103e72112
  • 20181103e72110
  • 20181103e72108
  • 20181103e72105
  • 20181103e72104

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

ありがとうございました。

2017final013 今年も最後までご覧いただきありがとうございます。

焼け跡

2017final021 車に戻る途中、雑草を焼いた空き地にタゲリが集まっていました。焼けておいしくなった実?でもあるのでしょうか?それとも虫が見つけやすくなったのかな。

成長記録

20171216k3ii037 その先の漁港に浮かぶセグロカモメに混じって、シロカモメが浮いてました。毎年来ていますが去年はちらっと見ただけだった。今年は成長冬羽の装いです。

多分

20171216k3ii035 その堤防の先に、ニシセグロカモメが留まっていました。奥に居るピンク色の足をしたセグロカモメとは足の色と背中の濃さが違うのでニシセグロなのでしょう。

お邪魔

20171216k3ii028 堤防にイソヒヨドリが留まっていました。飛ばしても飛ばしても先の堤防に留まるので邪魔して悪かったね。

家族単位

20171216k3ii024 干潮時、クロツラヘラサギが採餌していました。広い干潟でも岸近くの細い流れで採餌するので結構近くてびっくり。かたまってそれから近くの2羽と合流して4羽になりました。

20171216k3ii030 満潮時は9羽(8+1)でしたが、此処には4羽でした。ツルもよく家族単位で行動していますが、クロツラヘラサギもきっと家族単位なのかなぁと思った次第です。なので、ポツンと離れて休んでいた1羽(幼鳥でした)は、ボッチなのかも。

意外

20171216k3ii021 池の上でホバリングするミサゴじゃない鳥?いったいなんなんだぁ??ノスリだったようで池の魚を狙っていたのか?ちなみにカモ類は全く反応しませんでした。

少ないながらも

20171216k3ii019 出動の時間が来たのかスズガモが飛び立っていきました。以前よりもずっと数が減っているような、気のせいじゃないといいのですが。

お久

20171216k3ii013 採餌に夢中のハシビロガモ、真下までやって来ました。久々に♂の冬羽を間近に見ました。この配色が好きなんですよね。

一羽

20171216k3ii003 ミコアイサを探してたら、ハジロカイツブリが見つかりました。春先は群れを見ることもありますがとりあえず1羽のみ。

寒い、動きたくない

20171216k3ii002 堤防すぐ下で休むアオサギ、いつもならゲッと鳴いて飛んで行くのに動かない。12月の寒い朝でした。

蒼空

20171203k3ii012 この日は青空にハイタカが舞ってました。

狩人

20171203k3ii017いきなり現れた虫を咥えたものの逆光でなんだかわからない。

20171203k3ii018 補正かましてモニター確認、モズでした。

なり物

20171203k3ii019 遠くの木にイカルがたくさんなっていました。

露出補正

20171203k3ii009 逆光の中に小鳥が見えました。

20171203k3ii010 相当きつく補正をかけたら顔が見えました。

蒼空

20171202k3ii008 昨冬オシドリを見つけた池に行ってみましたが、なんと水が無い!失望して空を見上げたら、ノスリが舞ってました。

爽快

20171202k3ii006 セグロカモメの水浴びが気持ちよさそうでした。

落ち着くとこに

20171202e1d4002 クロツラヘラサギの群れが2つに分かれて、一つはいつもの池で休んでいます。

20171202e1d4003 毎冬の光景が戻って来ました。

ぶらぶら

20171202e1d4004 葦が微妙にぶらぶらしてたので、双眼鏡を向けるとツリスガラ。

20171202e1d4001 広い葦原の片隅に偶々来てたようです。この後奥に行って観えなくなりました。

懺悔

20171126k3ii038 この日は前日の影響で7人乗りモード、大玉を載せてなかったので、もっと近くに行ってみました。でも見つからない。もう一度元の場所に戻って場所を再確認、それから近くに行って双眼鏡をのぞくと目があってしまいました。やべっと思った瞬間、大きな水音が....

20171126k3ii039 飛んで行ってしまいました。

2尾目駆除

20171126k3ii1002 それからサンカノゴイは長い時間まったりと過ごしていたのですが、隣で待ってた鳥人が待ちきれず帰るのを待っていたかのように、2尾目を咥えて現れました。

20171126k3ii1003 呑み込む時少しつかえたみたいで尾が見えて今した。
20171126k3ii1004 でも首を太くして御馳走様しました。

1尾目駆除中

20171126k3ii1015 消えたと思ったら魚くわえて戻って来ました。雷魚の稚魚らしいです。

20171126k3ii1017 呑み込むのはあっという間でした。首が妙に太くなりました。

葦の中

20171126k3ii001 久しぶりにサンカノゴイに会わせてもらえました。

20171126k3ii002 葦原に急に姿を見せました。
20171126k3ii004 そして足の中に入って行きました。
20171126k3ii005 そして全く見えなくなりました。

堤防のテーブル

20171125k3ii048 ハクセキレイは堤防が大好き。いったいなんでだろう?撮った写真に理由が写っていました。

若武者

20171125k3ii034 駅までの回り道、出そうなところを通ってみたらば出ました!翼の先が黒いので若♂でしょう。きれいな大人になるまで毎年来てくれるかな。

無欲の勝利

20171125k3ii008 幸先よくベニマシコに出会えました。

20171125k3ii014 暇つぶしに来ただけだったので、欲がなかったのがよかったのかも。

鏡アオジ

20171125k3ii003 アオジが2羽、向かい合わせに、まるで鏡に映っているかのように留まっていました。
20171125k3ii007

おまけに、同じように顔を動かすのです。

あっかんべー

20171123k3ii022 その答えはタカサゴモズでした。たくさんの鳥屋さんが連日詣でてます。でもなかなか近くには寄ってくれないのです。

20171123k3ii032 お願いだから近くに留まってとだめもとでお願いしましたが、あっかんベーされてしまいました。

さざ波

20171123k3ii011 ブルーなクサシギ、行きつけの採食場の近くに、なぜだかいつも人間がおおくて行けないのです。なんでだろう?

旧市内

20171119k3ii040 旧市内を流れる川にもクロツラヘラサギがやって来ました。

20171119k3ii041ここで見たのは初めてですが、以前から来てたのでしょうね。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

フォト

カテゴリー