• 20181111k32034
  • 20181111k32031
  • 20181111k32028
  • 20181111k32016
  • 20181111k32014
  • 20181103e72112
  • 20181103e72110
  • 20181103e72108
  • 20181103e72105
  • 20181103e72104

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

見てるさ

チュウヒが飛んでましたがどんどん遠ざかります。「こっち飛んでくれたらいいのに。」

20180120k32036 気が付いたら元居た辺りを飛んでました。前のセリフを呟いたあたりです。
20180120k32039ちゃんと見てるのさ≫チュウヒの目が語っていました。

必死

20180120k32033 メジロが木の芽でしょうか、かぶりついてました。例年よりも寒さが厳しい中、必死に生きています。

真価発揮

20180121k3ii001 オシドリがたくさん来るというのだが、なかなかお目にかかれない、でてもはるかに遠い、など今一つ不完全燃焼。でもこの日はたくさんのオシドリが迎えてくれました。

座布団1枚

20180120k32015 クロツラヘラサギの飛び立ち見送ってたら、ふわふわ飛んできました。本当は4枚飛んでたのですが。大相撲の会場から飛んできたのかなぁ?と思ったら飛ばそうにも横綱いなかった。

1鳥ぼっち

20180120k32011 此処には相変わらず雌のミコアイサが一羽です。

20180120k32012 それでも身だしなみは大事です。E池であぶれている?♂のミコアイサmこっちにくればいいのに。

お休み

20180120k32035 公園のカンムリカイツブリ、丸くなって休憩中。カモ類とは眠り方が違うのですね。

満ち引き

20180120k32022 クロツラ調査の日、葦原で休んでいるクロツラを数えようとしたら、スコープがない!取りに帰って戻ったら葦原は空っぽ。満潮になって調整池に移動してました。そして潮が退き始めるのを待つと飛び立ちました。

20180120k32026 集団で葦原に降りるところは見ごたえありました。

待たせたね

20180114k32004 ハシブトガラスが逃げずに留まっていたのでカメラを向けようとしたら、その上にチュウヒが出現。ここでチュウヒを見るのは初めてだったのでした。

20180114k32006 チュウヒが行ってしまってもカラス君は待っててくれました。

魔法の粉

201801133ii063 やっと魔法の粉を浴びたアオジに出会えました。ちょっと降りようが少なかったようです。

雪見カワセミ


201801133ii058岩の上にずっと座っていました。

正月太り

201801133ii020 この子を見て思いました、いっぱい歩かなきゃ、運動しなきゃとね。

雪の降る日に

201801133ii042 この日はときどき雪が降って来ました。飛ばしたアオサギが、こちらに害がないとわかってくれたようで戻って来ました。降りだすとやっぱりこの歌がぐるぐる。

もう一つの雪の精

201801133ii030 ミコアイサの群れも雪の湖に到着です。やっぱあの曲がぐるぐる。

蒼い子連れて来ておくれ

201801133ii049 尻尾だけ青い子にも会えました。きっと近くにもっと青い子が来てるものと期待しています。

山から赤い子降りてきた

201801133ii003 雪のおかげでベニマシコに会えました。

雪の精

201801133ii015 金曜日の雪が土曜日の公園に残っていました。雪を付けた枝でエナガが採餌中。頭の中でNSPの歌がぐるぐる周っていました。「君は不思議な、雪の精♪」

凸凹

201801073ii025 電線に凸凹の群れが留まっていました。アトリとスズメです。
201801073ii020 仲良さげです。
201801073ii011 カワラヒワも混ざって居ました。

狙い

201801073ii029 カワセミ、木の実の中で待機中。
201801073ii035 見つめる先にはコサギが足探り(追い出し?)漁法で採餌中。これでは飛び込めないか。

妖精

201801063ii039 暗い林の中でキクイタダキの群れに遭遇、あちこちでホバリングするものの、すばしっこい、暗い、暗くてファインダーがよく見えないの3重苦、いや近すぎるの4重苦、しょうがないのでズームアウトして適当に撮りました。1枚だけちゃんとしたのがあってラッキー。FZ1000持ってくればよかったと思ったが後の祭り。

黄青地

201801063ii018 黄色い鳥が青空に映えていました。マヒワと間違えそうなくらい黄色いアオジでした。でも写真だとそれほど黄色くは見えないのがとても残念です。

豊作

201801063ii001 正月太解消のためのMF散歩、公園には山柿があちこちに残っています。昨秋は豊作でしたから。その分柿木食堂のお客さんはまばらでした。やっと一羽様いらっしゃい。周りで数羽のツグミが騒いでましたが、順番争いだったのでしょうか?それならほかの食堂に行ってもいいのに?と思っちゃいました。

オカリナ

201801043ii033 里川にも愛想のいいジョウビタキが居ました。寒さに丸くなってまるで卵に嘴と尻尾を付けたみたい。当県出身の芸人さんにも似ているような気がしました。

擬態

201801043ii026 行く手にトビがフクロウのふりして留まっていました。騙されかけました。なんて嘘です。

里川

201801043ii017 郷里の里山ならぬ里川って呼ぶのでしょうか?友人からの紹介で行ってきました。地図上は小さな池みたいでしたが行くと川沿いに歩道が整備されていてちょうどよい散歩コースでした。お目当ての鳥さんは居ませんでしたが。
201801043ii018 普通の鳥さんたちにたくさん会えました。
201801043ii019 ヒドリガモが、変形ロボみたいに形態変化して飛び立ちました。

下手打った

20171231k3ii043 青い子には会えませんでしたが、広っぱで採餌してる子に会えました。
20171231k3ii032 この後うまい具合に近くに留まったのに、画像チェックしている間にF22になっていて、真っ黒でしたcrying

ちらっとな

20171231k3ii030 メジロ主体の混群の中に混ざっていました。平地の公園にもいるもんなんですね。意外でした。

超愛想良

20171231k3ii027 ふと振り返ったら手が届きそうなところに居ました。もはや愛想が良いの次元を超えている!

友達の輪が一番下だったのでプロフィールをつつくと表示されるようにしました。
anpapaさんのブログをリンクさせていただきました。

 

枝の上

20171231k3ii005 調整池の後背地を歩くとビンズイを飛ばしてしまいました。
20171231k3ii008 さらにシロハラに出くわしました。ようやく今季初撮りです。

山茶花

20171231k3ii018 この地の山茶花はもう終わりかけ、比較的きれいな花にメジロが来てくれました。
 

撮れ高少なし

20171231k3ii002 居るところにはいるんですツクシガモ、ひとあし早く休憩に入ったこのグループが羽繕いを始めました。そこで羽ばたき狙って待ったのですが...
20171231k3ii003 いかんせん羽ばたき短すぎ、2回ほどパタパタして終わってしまい効率悪かったです。

あけましておめでとうございます

2017final001 本年もよろしくお願いします。今年もスランプでお休みすることもあるかとは思いますが、あまりじっとしているとヒメコンドルに貪られてしまうので、そこそこ頑張りたいと思います。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

フォト

カテゴリー