• 20181202k32011
  • 20181202k32007
  • 20181202k32003
  • 20181202k32001
  • 20181124k1056
  • 20181125k32054
  • 20181125k32069
  • 20181124k1048
  • 20181124k1047
  • 20181124k1045

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

一目瞭然

20180422k32079 クロツラヘラサギの中にヘラサギ2羽、顔だけだと紛らわしいクロツラが居るのですが、ヘラサギは嘴の裏を見れば一目瞭然。大トリミングで画質荒いですがご勘弁。

靄の中

20180422k1007 渡りの途中らしいクロツラヘラサギ、両端の2羽は夏羽の黄色が出てて、中の3羽は少し小さく若鳥に見えました。ツルのように家族単位で行動しているのかしらと思いました。が、答えは靄の中。

親子

20180421k32016 アオサギは一足早く店じまい?この2羽は親子なのでしょう。

準備中

20180421k32001 サギのコロニーを覗いてきました。ダイサギが開店準備中。

20180421k32010 巣材を咥えて飛ぶ姿も。

一羽だけの春

20180421k32070 東の干拓地偵察、コチドリをやっと1羽見つけました。賑やかな春はまだ遠し。

目立ちたがり

20180421k32030 この時期にしては珍しくウグイスが堂々と歌っていました。なんでも毎日こうなんだって。観衆の前で歌うのが快感なのかも?

花の髄まで

20180415k32004 散った桜の花をヒヨドリが見上げていました。まだ食べるところが残っているのかしら。

ごちそう

20180415k32006 シロハラはまだたくさん残っていました。落ちた椿の花は思わぬごちそうなのかも。興味深げに覗いていました。

低空飛行

20180415k32027 トビがやけに低空飛行していました。眼下に広がるお弁当の中身を狙っているようです。気を付けてくださいね。

かくれんぼ

20180415k32031 新緑の季節になるとメジロは声ばかり。なかなか見つかりません。でもつつじの花が揺れてここだと教えてくれました。

そダニー

20180415k32011 頬にダニ付けたホオジロがいました。前に見たベニマシコに続いて2回目。結構あるのですね。
20180415k32013 近くで♂が心配そうにしていましたとさ。

一軍

20180407k32079 対岸にたくさんのカモメが居たので行ってみました。ユリカモメでした。強風の風向きのせいか基地近くにたまっています。

20180407k32046 ユリカモメにはすっかり頭の色が変わった個体がたくさん居ました。

2軍

20180407k32042 潮が退いた河口でズグロカモメが飛び交っていました。でも頭の黒い子は居ず。一足早く北へ向かったのでしょうか?

分担

20180407k32029 ムクドリの嘴が鮮やかになりました。
20180407k32031

雄はこちらを警戒しているようですが雌は気にせずずっと食べていました。

引力

20180407k32010 シロハラが黄色い花に魅かれていました。

20180407k32025 どんどん近づいていきます。
20180407k32026 遂にここまで。恐るべし黄花の引力。

鮮やかに

20180407k32037 アトリのオスはより鮮やかになっていました。2羽で旅しているのでしょうか?

新緑

20180407k32002 新緑の中でアオジが目立っていました。もうすぐ旅立つのでしょうが、名残惜しいようです。

杞憂

20180401k1045 翌日のE公園、桜がきれいでした。考えてみれば桜満開の日にここへ来たのははじめてかも。

20180310k3ii045 花芽をウソがモグモグ食べるのを見るたび、今年の桜は大丈夫かだろうかと思ったりしますが、
20180401k32005 全くの杞憂なのでした。

ブルームーン

20180401k1020 夜桜と月がきれいでした。

20180324k3ii035 そしてクレーム対策のブルーヘロン。

なんだろな?

20180324k3ii033 トビが留まりました。嘴に何か咥えています。ネズミか何かに見えました。

20180324k321001 大きくトリミングして見ました。食べ物には見えませんでした。

筆の誤り

20180316k3ii032 在庫からです。エビを捕まえたダイサギ、いつものようにぱくっと食べようとしましたが。。。。

20180316k3ii033 エビが横になって閊えてしまいました。ちゃんちゃん。

ぼうず

20180318k32063 その昔、渓流釣りに親しんでいたころ、狙いのヤマメ(アマゴ)、イワナが1匹も釣れなくて坊主で帰るのはざらにあった。渓流の鳥を狙ったこの日、久しぶりの坊主を味わってしまった。唯一の生き物はクサガメ!もう冬眠から覚めているんですね。家の亀吉たちも起こさなきゃ。

20180318k32065 折角なので寝たろう号をお土産に帰りました。狙いの鳥はブラインド締っていたら、ケット一声飛びすぎました。ちなみにちょっと前のの出来事です。

好みの問題

20180324e1d4181 念のために1Dml4でも撮っておきました。P社のAFを信じてなかったわけではありませんが。でもC社だと海の色があっさりしすぎていて物足らないことに気付かされました。

20180324e1d4184 プロ仕様としてはこちらの方が正しいのかもしれませんけどね。それにしても飛び込む前が面白いオオミズナギドリでした。

20180324k3ii117 波間にはウミアイサが浮かんでいました。

20180324k3ii146 オオミズナギドリの手前ではウミネコが飛び交っていました。実はウミネコを見てたらオオミズナギドリを確認できたのです。

20180324k3ii143 ウミネコが獲物を紹介してくれました。小魚が湧いていたようです。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

フォト

カテゴリー