• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

空弁

20180626e7d2282 クロハラアジサシが獲物を咥えて飛び回っていました。

20180626e7d2292 美味しそうなエビですね。見せびらかすように前を飛んで行きました。
20180626e7d2294 そのうち旋回しながら呑み込んでいきます。
20180626e7d2297ごちそうさま、クロハラアジサシの空弁でした。

2018年6月29日 (金)

丸見え

20180626e7d2315 頭の上からホーホケキョ、見上げると葉っぱの無い小枝の中で囀っていました。

20180626e7d2323 丸見えなのに堂々としていて、枝がかぶらないところまで近づいてもまだ歌っていました。

2018年6月27日 (水)

コレクター

20180617e72120 勿論アメリカコガモの羽ばたきコレクションもゲット。タテの白線は翼ではなく胴体にあるのですね。

20180617e72158 センスのように翼を広げました。確かに淡色帯はしろくありません。

2018年6月24日 (日)

目覚め

20180617e72092 3時を過ぎたころやっと目覚めてくれました。まずは盛大な飛沫を上げて水浴びです。

2018年6月23日 (土)

だちょう

20180617e72038 本日も水浴びするかな?と思いましたが、裏をかかれました。だちょうの様なポーズでおどけてくれました。

2018年6月22日 (金)

浮城

20180617e72018 淡水池にはいくつかの浮城ができていました。抱卵中でしょうか、城の主が睨みを聞かせています。

20180617e72013 既に孵った雛が背中に隠れていました。

2018年6月21日 (木)

お昼寝タイム

20180617e72008 30年以上ぶりに出会えたアメリカコガモは旅の疲れか熟眠中でした。日差しも強いし昼時は眠いよね。

2018年6月20日 (水)

エキゾチック

20180617e72005 強い日差しを浴びたヒヨドリの羽色が地味ながら毒々しいくらいに濃くエキゾチックに見えました。

2018年6月19日 (火)

救い

20180617k32001 6月の探鳥会、声はすれども姿は見せず。きびしい探鳥会でした。

20180617k32002 キジバトが近くに出てくれて少し救われました。このキジバトは開始前に撮ったものです。あしからず。

2018年6月17日 (日)

宣言

20180609k32095 ツバメが巣の再建中。なんでもカラスに襲われた後、残った壊れた巣を撤去したんだそうです。

20180609k32092 土を運んで居るのでしょうか、何度も壁に引っ付いてました。
20180609k32093 「烏なんかに負けないぞー」と叫んでいるようでした。

2018年6月16日 (土)

みそらひばり

20180609k32075 ヒバリが石灰岩の上で囀っていました。

20180609k32076 これがホントの岩ヒバリと言ってたら、空へと戻って行きました。

2018年6月15日 (金)

手ぶら

20180609k32073 セッカもたくさんモデルになってくれましたが、毎回手ぶらいや口ぶらというべきでしょうか?餌は運んでいませんでした。

20180609k32082 まだホオアカほど忙しくはないのかも?

2018年6月14日 (木)

オオツバメ

20180609e1d4037 電線に留まったカッコウ、その恰好がツバメにみたい。なんかでっかいツバメがいるなぁと。

20180609e1d4042

確かめに行きました。やっぱりカッコウでした。

2018年6月13日 (水)

大忙し

20180609k32066 ホオアカがひっきりなしに餌を運んでいました。

20180609k32071 その度何度も何度もモデルになってくれました。

2018年6月12日 (火)

カッコー

20180609e1d4023 梅雨の晴れ間の爽やかな日でした。カッコーの声間近で聴けました。

2018年6月11日 (月)

野焼きの後

20180602k32022 火が入った葦原は、瞬く間に再生し緑の葉がきれいでした。

20180602k32031 そこはたくさんのオオヨシキリの住処なのです。

2018年6月10日 (日)

昼下がりのセイタカシギ

20180602k32043 午後に訪れたK浜、マスコットのセイタカシギがまったりしてました。なんでも昨日からこうしているとのこと。ハヤブサに狙われなければよいがと思います。

2018年6月 9日 (土)

風呂

20180602k32017 アオサギだって水浴びをするんです。それにしてもいきなり池に飛び込んでお風呂みたいに使っていました。あまりばしゃばしゃはやらず、、マナーの良いアオサギでした。

2018年6月 8日 (金)

単身赴任

20180602k32005 冬の間は多くのカモ類で賑やかだったため池、ホシハジロがポツンと一羽で残っていました。単身赴任で池の留守番を引き受けたのかも。

2018年6月 7日 (木)

夏サシバ

20180602k32007 夏山に夏鳥を訪ねに行きました。肝心のオオルリは声すらしなかったけれど、サシバが出てくれました。

20180602k32008 こちらは換羽中の♀、ここらで繁殖するようです。

2018年6月 6日 (水)

弟子

20180527k32042 アオサギの動きをずっと観察していたアマサギ、アオサギが見逃したたミミズをゲットしました。

2018年6月 5日 (火)

饗宴

20180527k32029 田んぼの中のアオサギは意外に目立たないものです。

20180527k32032 でもそのおかげか次々と大きなミミズをゲットしていました。

2018年6月 4日 (月)

花絡み

20180527k32049 アマサギの花絡み、シロツメ草と

20180527k32026 こちらはレンゲソウかな
20180527k32014 黄色いのはなんだろう?

2018年6月 3日 (日)

田起こしの季節

20180527k32017 やっとアマ色のサギに出会えました。

20180527k32018 トラクターが行きかう田んぼにいました。

2018年6月 2日 (土)

後ろのカラシラアサギ

20180520k32352 午前中どこかへ飛んで行ったカラシラサギが、クロツラヘラサギの後ろに突然現れました。この後沖の方へと移動していってまた姿を消しました。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

フォト

カテゴリー