• 20190316e72172
  • 20190316e72177
  • 2019030332071
  • 2019030332068
  • 2019030332065
  • 2019030332040
  • 2019030332008
  • 2019030332030
  • 2019030232081
  • 2019030232076

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

塒入り

20180721e7d2089 空が赤みを増したころ、出かけていた鷺たちが帰って来ました。

2018年7月30日 (月)

格差

20180721e7d2054 青空を気持ち良さそうにトンビが飛んでました。でも一羽はボロボロ。

20180721e7d2061 もう一羽は立派な羽姿でした。この格差はどこから来るのだろうか??

2018年7月29日 (日)

食いもん寄こせ

20180721e7d2098 コロニーではアオサギの食事タイム。親と同じ大きさの幼鳥がせがんでいます。

20180721e7d2105 よほどお腹が空いているのか、親の顔まで食べようとしていました。

2018年7月27日 (金)

上昇中

20180721e7d2064 ホシゴイも列をなして上昇してました。

2018年7月26日 (木)

爽やか

20180721e7d2015 毎日うだるような暑さですが夕方の川辺ではゴイサギが飛び回っていました。

20180721e7d2009 とてもさわやかな光景で心が現れました。ゴイサギの高感度とっても上昇中!

2018年7月14日 (土)

生きる

20180701e7d2049 すると行く手の砂浜に抱卵中と思われるコアジサシ。このあと台風に大雨があったが今頃どうしているだろうか?

2018年7月13日 (金)

イエローカード

20180701e7d2043 帰ろうとすると彼らのテリトリーを侵したみたいで警告を受けました。

2018年7月12日 (木)

贈り物

20180701e7d2033中には魚を咥えた子も飛んでいました。求愛もしくはわが子へもプレゼント?

2018年7月11日 (水)

天変地異

20180701e7d2007 大雨で移動したコロニー、次の大雨でまた消えていました。でも少数のコアジサシがまだ踏ん張っていました。

2018年7月 9日 (月)

主の品格

20180630k32063 そのムクドリを蹴散らしてカラスがやって来ました。ゴミ箱近くで見るのと違い、森のカラスには品を感じました。

2018年7月 8日 (日)

森林の

20180630k32064 開けた場所で見るのとは違い森の中で出会ったムクドリには神秘さを感じました。気のせいでしょうが。

2018年7月 7日 (土)

苦戦

20180626k32053 スズメが路上で二にか咥えています。カナブンみたいです。

20180626k32054 丸くて滑るのか咥えるのに思いのほか苦戦していました。

2018年7月 6日 (金)

草原の

20180626k32050 草原で見かけたムクドリ、一応お花からみ。小さな群れが集団で採食していました。

20180626k32052 中には尾っぽの短いお子ちゃまも居ました。この季節よく見る口径でした。

2018年7月 5日 (木)

ガッツポーズ

20180626e1d4034 カイツブリ事件を目撃する羽目になったのは、この日淡水池になかなか飛んでこないクロハラアジサシを待ってたから。あきらめて帰ろうと思ったところでやっと来てくれました。

20180626e7d2417 沢山連写した甲斐あって、思わずガッツポーズしてしまうくらいの1枚が撮れました。

2018年7月 4日 (水)

落城 犯人(ホシ)ガラス

20180626e7d2383 カラスは雛を咥えたまま飛び去って行きました。まだ子育て中なのでしょうか?

20180626e7d2363 犯人(ホシ)はこいつです。翼に白点が見えるので個体識別可能。最初の奇襲に失敗したところです。
20180626e7d2386 夢中でシャッター切ってたけれどなぜか残る罪悪感、レンジャーさんたちにお見せしたら少し軽くなったかな。

2018年7月 3日 (火)

落城 水鉄砲

20180626e7d2364 でもカラスはあきらめていませんでした。
20180626e7d2367

油断していたか、雛一羽が居た隣の巣を強襲。
20180626e7d2381 親は水飛沫をあげて攻撃しますが、もちろんカラスには堪えません。
20180626e7d2382 雛を咥えたまま飛び上がりました。

2018年7月 2日 (月)

落城 序

20180626e7d2359 カイツブリの楽園と思って眺めていました。

20180626e7d2360 でも空から不穏な黒い影が近づいていました。
20180626e7d2361 気付いた親たちが騒いで、襲うのをあきらめたようでした。

2018年7月 1日 (日)

真似しっ子

20180626e7d2328 カイツブリの親子、親が水浴びを始めました。じっと見ている雛。

20180626e7d2354 負けじと雛も水浴びを始めました。水飛沫がかわいい。
20180626e7d2355 親は羽ばたきでフィニッシュ、あーすっきりしたって気分でしょうか。
20180626e7d2356 雛も負けじと小さな翼で羽ばたきました。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

フォト

カテゴリー