• 20191019k32070
  • 20191019k32066
  • 20191019k32067
  • 20191019k32060
  • 20191019e1d4004
  • 20191019e1d4027
  • 20191019e1d4033
  • 20191027k32054
  • 20191027k32057
  • 20191027k32070

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

初期化脳

20180922e72067 1年ぶりのタカ類秋の渡り、案外忘れているようでこのシルエットでサシバ!と思ったらノスリでした。ノスリっていたなぁファインダーでは思い出せないくらい忘れていました。

20180922e72061 ちなみにサシバもちゃんと写っていました。全然違うのに困ったものです。

2018年9月29日 (土)

密集ハチクマ?

20180923e72101 珍しく密集して飛ぶハチクマ、夢中で連写してたらいつの間にか被写体がトビになっていた。後で検証すると真ん中はトビ!

2018年9月27日 (木)

やることは一緒

20180922e72040 カラスが湧いたあたりから飛び立したのはカラスじゃない、なんとオオタカだって。

20180922e72042 でもやることはカラスと変わらない。なぜかハチクマを追いかけるのでした。

2018年9月26日 (水)

受難

20180922e72039 カラスの被害にトビも見舞われました。これはこれで迫力ある近さでした。

2018年9月25日 (火)

お手柄

20180922e72017 鷹柱ならぬカラス柱が立ったと思ったら、ハチクマを追い込んでくれました。

20180922e72021 ハチクマには大迷惑だろうけど、カラスグッジョブ!

2018年9月23日 (日)

眼下のコサメビッチ

3連休初日、S山に登るつもりがぎりぎりになって気が変わり海辺の山へ。しかし目利きの観察チームがはるか洋上を飛ぶハチクマをカウントす20180922e72011 るのみ。手持無沙汰なので眼下の林に来るコサメビタキに遊んでもらいました。今年はエゾビタキとピークが違うようです。

軍配

20180916e72006 今年初めての登頂、しかし予想はずれの雨とガス、午後まで粘ってやっと1羽撮れました。しかしC社のカメラはこの1枚の後背景ばっかり追いかけ始めました。

20180916k32012 続きはP社のカメラに持ち替えて撮りました。

2018年9月22日 (土)

ゆらゆら剣

20180916k1074 潮待ちの間ダイサギに遊んでもらいました。水面に映る影がゆらゆらとまったりしてたら

20180916k1075 いきなり突っ込みました。
20180916k1078 割と大きめのハゼゲットです。さながら剣豪のようでした。

2018年9月21日 (金)

手に負えなかった?

20180916k32100 移動しようと思ったらイソヒヨドリが向こうからやって来ました。アゲハかなんかの幼虫咥えて。しばらくのしたりしていましたが。持て余しているようでした。

20180916k32104 で、こっち見てあんたにあげる?
20180916k32106 命拾いした幼虫でした。

2018年9月20日 (木)

おまけ

20180916k32079 同じ場所にコチドリ1羽、しっかりカウントしました。

2018年9月19日 (水)

入れ替わり

20180916k32067 シギチ踏査、朝早くから河口を観察するも、シギチが全くいない?移動中途中の水田でトウネン発見!先週のタカブシギはもう消えていました。今年の天候不順はシギチの渡りを攪乱しているよう。

2018年9月18日 (火)

大玉怖い

20180909k32219 最後にMFの目を付けていた水田へ、するとタカブシギが寄ってました。なんだか久しぶり。150-450mmで撮りましたがちっとも動かない。328でも抑えておくかとレンズを向けたらあっという間に飛んで逃げました。そんなに見た目違うのですかね。

2018年9月17日 (月)

雨上がり

20180909e72101 雨が堪った耕地の一角、アオアシシギが1羽、採餌してました。

2018年9月16日 (日)

3羽めに気付かず

20180909e72110 さらに田圃を巡るとタシギを2羽見つけました。ところがパソコンで見ると3羽居るではありませんか。もう少しゆっくり観察すればよかった。

2018年9月15日 (土)

帰り道

20180909e72104 パラダイスの帰り、高速を途中で降りて田んぼめぐり。チュウジシギがご到着。

20180909e72107 こちらは別個体、色合いとか違いますが個体差の範囲だろうと思います。X2のテレコン持ってくるべきだったなぁと少し反省。

2018年9月14日 (金)

どさくさ

20180909k32192 サンショウクイが引き金になっていろいろな小鳥が出てきました。ヤマガラは大忙し。


20180909k32194
あっち
こっちで飛び回りました。

2018年9月13日 (木)

パラダイス!!

20180909e72066 ♂が少ないなぁと残念に思ってましたら、ちゃんと近くに来てくれました。

20180909e72090 おまけに樹冠の下のこんなところにも。パラダイスというよりユートピアと呼ぶべき場所でした。

2018年9月12日 (水)

パラダイス!

20180909e72004 蝉の声に混じってヒリリの声が聞こえます。空耳かと思ってたら遠くの枝に♂が留まりました。見張り役なんですね。

20180909e72028 それを引き金にたくさんの♀が降りてきました。
20180909e72040 中にはとても近い所に留まるものも。

2018年9月11日 (火)

パラダイス?

20180909k32121 お目当てのコサメビッチらしき個体が遠くの枝に留まってくれました。

2018年9月10日 (月)

パラダイス

20180909k32148 9月第2週末はあいにくの雨、小雨になってきたので、今季まだ見ぬコサメビッチを求めて、全天候型鳥見スポット、自称「パラダイス」へ出かける。まだ蝉の声が鳴り響き、お目当てのヒタキ類は一向に出ない。

20180909e72063 それでもやっと、エゾビタキが出てくれました。
20180909k32127 カラスザンショの実は熟れる傍から啄まれているようです。

2018年9月 7日 (金)

午睡

2018090232114 アオアシシギが3羽居ましたが、車停めたら両端の2羽は飛んで行っちゃいました。真ん中の1羽だけ、隠れているつもりなのか全く動じません。

2018090232115 眠かったみたいです。

2018年9月 5日 (水)

希少

20180902e72157 ところがファインダーに入るサンショウクイは♀もしくは幼鳥ばかり。なかなか♂が居ません。撮った群れは♂が極端に少ないのです。

20180902e72070 それでも執念で希少な♂をゲットできました。しかも逆光気味でしたがいいところに留まってくれました。

2018年9月 4日 (火)

V字回復

20180902e72023 前日の大雨から打って変った秋空の中を、サンショウクイの群れが飛んで行きます。

20180902e72016 桜が伐られて2年目の秋、昨年はなかなか留まらずやきもきしましたが、今年はいいところに次々留まってくれました。

2018年9月 1日 (土)

あの子

20180826e72004 場所をかえたらあの場所にあの子の姿がありました。昨季はあまり見かけなかったけれど今年は長居してくれるといいな。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

フォト

カテゴリー