• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

ダニーボーイ

20181028k72104 足元のスズメがなぜか逃げません。どうしたものかとよく見ると頭にダニがくっついていました。ベニマシコ、ホオジロに続いて3種目です。ちょっと弱っているようでした。たくさん血を吸ったダニが満足して離れてくれるのを祈ります。

2018年10月30日 (火)

ちらほら

20181021k72074 まだ100羽も来ていませんが、山の湖のオシドリの季節が始まりました。

2018年10月29日 (月)

山ノビタキ

20181021k72059 ノビタキは平地の田園地帯だけを通過するかと思ってましたが、結構山にも居るのです。でも畑っぽいところが好きなのは間違いないようです。

20181021k72060 黄金ノビタキだけでなく、紅葉絡みもいいものです。

2018年10月28日 (日)

季節違い

20181021k72054

 

 

過ぎし夏がが蘇ったかのような晴天でした。天辺好きのジョプビタキも堪らず木陰で休んでいました。ジョウビタキと背景が合わず違和感が残りました。

2018年10月27日 (土)

編隊

20181021k72004 小さな鳥の群れが前を通り過ぎました。パソコンで確認するとアトリだったようです。テンでバラバラな集団でした。

20181021k72050 こちらはぶつかるんじゃないかと心配するくらいの編隊飛行でした。

2018年10月26日 (金)

石の上にも3時間

20181021k72003 海峡を遠くに臨む山に登ってみました。いきなりハイタカと鉢合わせ。慌ててレンズで追いましたが危うく瞳を焼くところでした。

20181021k72006 それからしばらく木陰の石の上に座って待ってましたらもう一羽が海をバックに飛んでくれました。なお自分の目には全く見えませんでしたが上空をたくさん渡っていたそうです。

2018年10月25日 (木)

何はともあれ

20181020k72033 山にも登ってみましたが頼みのカラスザンショの実はもう少しかかりそうで見事に空振り。最後に下界の公園でエナガの群れに出くわしました。たくさんシャッター押しました。冬鳥がくるまでもう少し。

2018年10月24日 (水)

前日

20181020k72016 こうなったら今が旬のノビタキをゆっくり撮ろうかと思いましたが、思ったより風が強いのと

20181020k72023 航空祭前日のためが3機のヘリがぐるぐる飛び回って落ち着かないのでした。

2018年10月23日 (火)

到着

20181020k72004 到着したばかりのジョウビタキ、まだまだ不慣れで遠目から。

20181020k72006 その下で蠢くのはホオジロ。木陰から覗いていました。

2018年10月22日 (月)

平和

20181020k72001 10月だというのに昔のように大物飛来が聞こえてきません。その昔アカツクシで大賑わいだった河口にはカイツブリの集団が浮かんでいるのみ。

20181020k72002 足元から飛び出したカワセミが石積みに留まりました。

2018年10月21日 (日)

冬近し

20181014e72071 河口にはユリカモメの群れが到着していました。クロツラはまだかいな~。

2018年10月20日 (土)

黄秋

20181014e72064 麓の田んぼは稲刈りの真っ最中。ノビタキの季節がやってきてました。

20181014e72069 畔の雑草に留まるノビタキは車からは撮りにくく少し離れたところを狙っていたら
20181014e72063 停めた車の傍にも留まってくれました。

2018年10月19日 (金)

見ーつけた

20181014e72031 他に居ないかと目を凝らすと小さなシギが双眼鏡に飛び込んできました。頭には黒い線がくっきり、キリアイじゃないですか!

20181014e72040 ゴカイらしいのを摂ってて食べてました。目を離すと見失ってしまいそうでした。
20181014e72045 最後は満腹したのか眠っちゃいました。

2018年10月18日 (木)

定番

20181014e72048 いつもの顔ぶれがそろってきました。アオアシシギは3羽

20181014e72050 ムナグロは2羽、まったりと羽を休めています。

2018年10月17日 (水)

じゃぶじゃぶ

20181014e72012イソシギの水浴び。

20181014e72011_2 とても気持ちよさそう。
20181014e72027 最後はおなじみの羽ばたき浮遊

2018年10月16日 (火)

旋回せんかい

20181014e72003 遠くまでよく見える季節になりました。これなら見つけやすいはず?でも一向に飛んできません。ハイタカも渡りももう打ち止めでしょうか?結局3時間ほどで2羽見たのみでした。

20181014e72007 旋回してほしいなぁと思いつつも一筋に東のそらへ消えていきました。

2018年10月15日 (月)

花は2の次3の次

20181007k1201 夏の猛暑と相次ぐ台風にめげず咲き誇る花たち。

20181007k1047 久々に引っ張り出した魚眼ズームやマクロレンズが大活躍。
20181007k1015 それでもやっぱり鳥に行ってしまう性なのでした。

2018年10月14日 (日)

インパルス

20181007ki112 台風襲来で忘れていましたが、ヒヨドリの季節。でもこの日はもっと大きな怪鳥が渡って行きました。

20181007k1002 ヒヨドリも後をついていきました。

2018年10月 7日 (日)

一番柱

20180923e72041 遠くの山に鷹柱が立ちました。双眼鏡で、フィールドスコープで、そしてファインダーでみんな目を凝らしてみてました。

20180923k32017 すると誰かが背後の鷹柱に気付きました。ずっと近い場所、しかも青空の見えるところに鷹柱が上がっていました。今年の探鳥会の一番でした。

2018年10月 6日 (土)

エナガの学校

20180923e72064 電線がにぎやかでした。

2018年10月 5日 (金)

太刀打ちできず

20180923e72033 流石のカマキリ拳法もモズには敵いませんでした。はやにえにされることなく完食でした。

2018年10月 4日 (木)

ピーク

20180923k32003 ようやく愛想の良いコサメビタキに逢えました。

20180923k32009 今年のピークはエゾビタキと2,3週ずれていたようです。フェンス泊まりはともかく歩む先々で待っててくれました。
20180923k32012 最後は自然背景のいいところに留まってくれました。

2018年10月 2日 (火)

帰りついで

20180923e72160 とりあえず満足したので下山、途中でシギチのご機嫌伺い。今日も草陰のアオシシギは健在でした。

20180923e72161 水田ポイントは乾いていて何もいないかと思ったらムナグロが休んでました。
20180923e72177 しばらく固まっていましたが、動き出しました。

2018年10月 1日 (月)

赤が出ない

20180922e72004 ちょっと席を外したすきに鳥人たちが大騒ぎ、アカハラだのチゴハヤだの大騒ぎ、とりあえず目に入った大きめの鳥を狙って連写!しっかりハヤブサを引いてしまいました。

20180922e72081 でもチゴハヤブサはその後何度も通過、やはりハヤブサと比べるとスマートです。
20180923e72139 終了間際油断してたら近い所を飛びました。後姿になって残念。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

フォト

カテゴリー