• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月27日 (金)

赤とんぼでない赤とんぼ

20190915e72049
真っ赤なトンボもいました。正直言ってよくわかりませんが、赤とんぼでないことは確かです。ショウジョウトンボが一番近そうです。この日は蜻蛉にたくさん遊んでもらいました。

2019年9月26日 (木)

名残蜻蛉

20190915e72051
数はすっかり少なくなったみたいですが、折からの残暑にチョウトンボが輝いていました。

2019年9月25日 (水)

幻のトンボ

20190915e72039
K浜へ行くと子供のころ憧れの的だったギンヤンマが目の前に留まってくれました。この辺じゃ普通に飛んでいるのですが、温暖化が進むといなくなったりするのかなぁ。 

2019年9月23日 (月)

ノンパラ

20190916e72005
天気が良いものの風が強くハチクマはずっと高い空の上。その上パラダイスも閑散としていました。
20190916e72011
で、日陰で涼んでいたら一羽だけ近くを飛んでくれました。一羽だけでした。

2019年9月22日 (日)

前略、脚立の上より

20190916k32173
台風連発のおかげで、一文字の扉は閉まったまま。扉の向こうからは賑やかなシギたちの声が聞こえるだけ。仕方がないので最寄りのホームセンターで脚立を調達してのぞかせてもらいました。
おかげでダイシャクシギとオオソリハシシギに会えました。

2019年9月21日 (土)

前略、道の上より

20190915e72009
田んぼの間の道に燕が居座っていました。待ってみたけど踊りはしませんでした。 

2019年9月19日 (木)

アピール

20190915k32151
ここは春のシギチ調査ではよくキビタキを見かけるのですが、今秋はエゾビタキに会えました。実はコサメビタキも居たんだけど枝被り。エゾビタキはしっかり自己アピールしてました

2019年9月18日 (水)

イソヒヨ飛行隊

20190915k32101
イソヒヨドリが仲良く飛んでました。
20190915k32104
番と思ったのですが背面では区別がしづらい  ですね。

2019年9月17日 (火)

怪我の功名

20190916k32155
次のポイントも干潟は完全に水没、シギチは全く見えません。雑ガモらしきペアが居たので確認するために大玉出してみてたら真ん中にシギが居るではないか。
20190916k32160
お蔭様でアカアシシギ追加!
20190916k32165
結局マガモのエクリプスペアのよう。越夏したのか、早い御着きなのか?

2019年9月16日 (月)

結果オーライ

20190915k32145
シギチ調査の日、朝から潮位が高く干潟無くて反ってラッキー?で気を抜いていたら岩場からシギチを飛ばしてしまった(泣き)
20190915k32144
でも戻ってきてくれて、キアシシギ、メダイチドリ見ぃつけた。

2019年9月15日 (日)

アイドル

20190908k72038
とどめは手前の桜の枝に留まったサンショウクイ♂。カメラ目線で歌ってくれます。20190908k72039
この日集まった30人近いフォトグラファー&ウォッチャーの視線を独り占めにしました。最後までカメラ目線でした。

2019年9月14日 (土)

しまった

20190908k72016
サンショウクイに夢中になっているとその下でちょろちょろ動く影。
20190908k72022
センダイムシクイでした。大声でセンダイムシクイ!て叫んじゃったので奥に行ってしまった。

2019年9月13日 (金)

籠絡

20190908k72005
散々待たせた挙句、彼女がやっと現れました。遅いぞコノヤローとか怒っていても
20190908k72014
このしぐさを見せられたらズキューンなんです。

2019年9月12日 (木)

風格

20190907k72036
黒一色ではなくて茶や白い羽が混ざったカラス。堂々と車の近くに舞い降りました。

2019年9月11日 (水)

拒絶

20190907k72037
遠くにカワセミが留まっていました。近づかせてもらえませんでした。

2019年9月10日 (火)

バンバンバン

20190907k72020
山がだめなら田んぼはどうだ?ジシギはおらずシラサギばかり。するとクリークの向こうに変な首を見つけました。
20190907k72023
心躍らせながら数枚撮ると稲の中に消えました。でもでも画像確認してがっかり。バンも首を伸ばして立ったりするもんなのですね。

2019年9月 9日 (月)

ヘビーな一日

20190907k72018
台風の強風圏内のこの日、山は風の音ばかりで鳥の声は全くせずヘビーな一日でした。そのためでもないでしょうが見つけたのは蛇の骨。頭はどこへ行ったのでしょうか?
20190907k72040
そして先週のスズメバチ。

 

2019年9月 7日 (土)

大事

20190901028
一日中雨の日曜日でした。羽繕いは大事です。
20190901031
明日は探鳥会。たくさん来てくださいね。

2019年9月 6日 (金)

見送り

20190901025
そろそろ帰ろうと思い始めた16時30分、突然目の前の木に留まりました。お見送りに来てくれたみたいです。

2019年9月 5日 (木)

から騒ぎ

20190901020
山の頂上ではシジュウカラが群れて大騒ぎしていました。
20190901022
つんつんおつむがかわいいです。

2019年9月 4日 (水)

落ち着く

20190901015
木の天辺に居るのはやっぱりホオジロ。ここが落ち着いて良いのでしょう。

2019年9月 3日 (火)

身なり構わず

20190901008
キビタキの♀らしき個体も出てきました。
20190901010
雨に打たれた所為か羽毛も乱れていました。

2019年9月 2日 (月)

見間違い

20190901002
遠くに留まったのはエゾビタキ、双眼鏡ではのっぺりと見えて
20190901003
てっきりオオルリ雌だと思い込んでいましたが、パソコンでは模様がはっきり見えました。

2019年9月 1日 (日)

雨宿り

20190901004  
6時前に起きたのに雨だった日曜日、小雨になった午後に山へ登りました。お目あてはやっぱりコサメビッチ。
20190901006
でもコサメビタキと言えど雨はやっぱり苦手なんです。ちょっと雨宿り。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

フォト

カテゴリー