• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

隠れシマアジ

20200426k32141
オナガガモの群れ、何気なく双眼鏡向けるとなんだか違和感あり。超望遠レンズ向けて確認、シマアジが紛れ込んでいました。今季は噂ばかりで見れてなかったのでラッキー。

2020年4月29日 (水)

コツコツ、チーピン

202004195e72016
お山では働き者のコゲラの、コツコツと木をたたく音が。
202004195e72036
木の上から喉がはりさけそうなメジロの歌声が注いでいました。

2020年4月28日 (火)

ミタゾノ

202004195e72013
アオジもまだ残っていました。小枝の陰から覗いていました。

2020年4月27日 (月)

名残花

202004195e72030
今年は庭のモチノキにまだ実が残っています。先日までは一羽のヒヨドリが少しずつ食べていたのですが、彼も来なくなりました。お山に行くと散った桜の木にヒヨドリが沢山いました。
202004195e72023
少しだけ残った花の蜜を吸ったり、実?を啄んでいました。

2020年4月26日 (日)

花シロハラ

202004195e72052
シロハラはまだたくさん残っていてあちこちで出くわすのだが、みんなよそよそしい。

202004195e72050
ところが最後にあったこの一羽、ツグミへの対抗心かいいところでまったりしてくれました。

2020年4月25日 (土)

花ツグミ

202004195e72038
ツグミがまだ居ました。でもこの1羽だけかも?山頂広場に居座っているよう。
202004195e72041
そして今年はツツジの開花も早いのでした。

2020年4月24日 (金)

悩む

202004195e72001
R山に夏鳥の渡りを期待していってみました。オオルリやキビタキは見えず。一羽だけでいたこの鳥、角度が悪くてよくわからない。だいぶ粘ったが結局ご尊顔は見せてもらえなかった。
202004195e72003
ずんぐりした印象からリュウキュウサンショウクイかと悩んだのだが、額の白の大きさからサンショウクイなのではと判断。リュウキュウだったらまた会えるかも。

2020年4月23日 (木)

誰が君は?

202004185e72043
まっすぐに向かって飛んでくる未確認飛行物体。
202004185e72046
いったいなんだ?カワウでした。

2020年4月22日 (水)

端境期

202004185e72038
まだ少数ですがカモが残っています。ヨシガモの頭は緑輝きました。
202004185e72041
その向こうにはホウロクとチュウシャクシギがちらほら。 
202004185e72035  
そしてミサゴが去り行く春を惜しんでいるかのよう

2020年4月21日 (火)

仲良し

202004185e72031
すっかりヘラサギ2羽は仲良くなったみたいです。
202004185e72033
獲物の取り合いしそうでしたが全く心配の必要はありませんでした。

2020年4月20日 (月)

反対票大歓迎

202004185e72016
獲物を見つけたセグロカモメが舞い降りて、ハゼみたいな魚をゲット。泥まんま丸呑みしました。
202004185e72026  
 
夏羽になって頭がきれいです。足が黄色くニシセグロかキアシセグロか迷うところですが、ニシセグロに一票。

2020年4月19日 (日)

白黒ごま塩

202004185e72002
ユリカモメの一団が水浴びしてました。
202004185e72004
頭が色とりどりでした。

2020年4月 8日 (水)

一写打尽

20200315e72260_20200405235201
満潮時にいつもの場所で休んでいたクロツラヘラサギ、いつもは一羽2羽と葦原に戻るのですが、この日は一気に飛び立ちました。おかげで全羽写し込めました。

2020年4月 7日 (火)

さよなら

20200315e72257
たぶんこの日が今季最後のジョウビタキ。また来年会いましょう。

2020年4月 6日 (月)

接近

20200321k32022
K浜のカンムリカイツブリ、見つけたときは池の真ん中で遠い位置でした。
20200321k32032
ところがずんずんこっちに近寄ってくれました。わざわざこっちに来てくれたのかとうれしく思いましたが、
20200321k32035
池の端の方が獲物の魚が多かっただけでした

2020年4月 5日 (日)

鶯の声も立てずに現れり

20200321k32042
前の日の大風にのって何か来てないかとうろつきましたが、何もいません。と思ってたら茂みからウグイスが出てきました。囀りも地鳴きもなしに。
20200321k32045
こちらをかまわず採餌に夢中でした。

2020年4月 4日 (土)

モジモジ君

20200321k32005
大きな声が聞こえると思ったらカワウが求愛行動してました。
20200321k32014
後から加わったメスが私も入れてくれとばかりに割り込もうとしましたが、
20200321k32009
2羽の眼中にはないようです。そして左横に居た求愛行動しないかなと注目してたこのオスは、
20200321k32018
頬を赤くしてモジモジするばかりでした。

2020年4月 3日 (金)

元祖

20200315e72265
もちろんズグロカモメもまだまだいます。引き潮になるとカニを探して飛び回ります。かわいい声付きで。
20200315e72269
そして早くも頭が黒くなった個体がなん羽 かいました。

2020年4月 2日 (木)

大群さんいらっしゃい

20200315k32046
ユリカモメの大群が来ていました。例年よりずいぶん早いのでは。
20200315e72285
頭茶色カモメもいました。

2020年4月 1日 (水)

合流

20200321k32123
前にボッチだったあの子、この日久々に会えました。もう一羽のヘラサギと一緒です。元気でよかった。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

フォト

カテゴリー