• 20200913k72024
  • 20200913k72008
  • 20200913k72018
  • 20200913k72007
  • 20200906k32008
  • 20200906k32010
  • 20200906k32012
  • 20200906k32005
  • 20200906k32006
  • 20200906k32002

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月23日 (土)

肩こり

20200517k1i063
デスクワークしてると肩が凝りますね。じっとしているダイシャクシギも同じようです。
20200517k1i062
だから時々翼を動かします。
20200517k1i059
まるで肩を回しているよう。

2020年5月22日 (金)

密を避けて

20200517k72028
チュウシャクシギの群れがなぜか分散している気がします。
20200517k72047   
時節柄なのでしょうか?
20200517k72036
この春は奴らとは呼び難い雰囲気です。

2020年5月21日 (木)

夏羽ダイゼン

20200517k72006
干潟では白黒はっきりしたダイゼンたちが駆け回ってました。きっと入れ替わっているのでしょう。

2020年5月20日 (水)

遅いぞキアシ

20200517k72010
今日の干潟にはキアシシギの姿が沢山、夢の勢ぞろいはなりませんでした。
20200517k72038
違う場所ではアオアシシギの中に一羽混ざっていました。惜しい。

2020年5月19日 (火)

母の日

20200510k72020
母の日に珍鳥の連絡、時間がない中、助手席から探してみたのですが、ムナグロを見つけるだけで精いっぱい。
20200510k72022
もっとも自分で運転してたらムナグロも見つけられなかったかも。Kさん、また折角のお知らせを無駄にしてすいません。またよろしくお願いします。

2020年5月18日 (月)

花愛でる暇もなく

20200504k72012     
参拝の帰りに立ち寄った小さな公園、ムクドリが虫を咥えて飛び立っていきました。もうどこかで育てているのでしょうか。
20200504k72013
その背後ではセグロセキレイも働いていました。一応花がらみ。

2020年5月17日 (日)

五月晴れ

20200504k72002
去年は遠征先で雨にたたられましたが、今年はあほのような青空でした。
20200504k72004
折角のお天気なので歩いて氏神様にお参りに行きました。

2020年5月 4日 (月)

黒と黒

20200426e72034
耕された田んぼにカラスが沢山、カラスに混ざって黒服のツルシギが一羽。
20200426k32095
結構飛び回ってあちこちで採食してました。

2020年5月 3日 (日)

青と赤

20200426k32117
潮が満ちてきて居場所をなくしたアオアシシギ、しばらく飛び回ってました。
20200426k32112
アカアシシギは遠くの岸壁に1羽留まっていました。

2020年5月 2日 (土)

紅一点

20200426k32102
シギチの調査、たくさんのハマシギを数えるのは疲れます。300以上居やがりました。しかしその中に紅一点、サルハマシギが混ざっていました。
20200426k32106  
調査が終わってじっくり撮ろうと思ったら姿を消していました。

2020年5月 1日 (金)

モスキート軍団

20200426e72045
うれしいことに遠出をしなくてもセイタカシギがやってきてくれました。しかも5羽。相変わらず採餌する姿は腕に留まった蚊みたいでムズムズします。小さい何かを啄んでいました。
20200426e72078
でもこの1羽はミミズでしょうか、大物ゲットです。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

フォト

カテゴリー