• 20191124k32008
  • 20191124k32011
  • 20191124k32002
  • 20191124k32003
  • 20191117e72045
  • 20191117e72047
  • 20191117e72045
  • 20191117k32072
  • 20191117e72042
  • 20191117e1d4001

2011年4月18日 (月)

犬鷲との遭遇

Eagles005  間接的支援ということで、甲子園まで応援に行ってきました。若いピッチャーが粘りの投球を見せてくれたのだけれど、いかんせん打線が1番~4番までしか機能せず、敗れてしまいました。今まで生で見た試合は負けたことなかっただけに悔しいです。お客さんの入りはアルプススタンドと外野席はよかったけれど、高い内野席の方はがらがらでした。

Eagles006  甲子園の1塁側アルプススタンドで贔屓チームの応援をするなんてなんだか奇妙な感覚です。おまけに対面にはためく黄色い猛牛旗や“いてまえ”の横断幕は、かって一緒に近鉄を応援していた頃の仲間なんです。外野席の楽天応援団も旧近鉄系応援団なので、こっちの方が本場仙台の応援団よりもリズム的に合ってたりします。

Eagles001  帰りの新神戸駅で時間つぶしをしていたら、目の前にガタイのいい人が座りました。一瞬怖い人かと思ったらやさしい顔をしています。なんと山﨑 武選手ではないですか。今日のチケットにサインしてもらいました。改札口からはそろいのスーツを着た選手たちがぞろぞろやってくるのですが、ユニホームじゃないのでほとんど判りませんでした。それでも岩村選手や川岸投手と磯部コーチくらいは識別できました。どうやら博多へ移動する選手たちと同じ新幹線だったようです。

2009年10月18日 (日)

いざ札幌へ

Rakuten00 Kスタ宮城 09年7月19日 

 今年のイーグルスは札幌での開幕3連勝に始まり、前半は絶好調だったので調子に乗って7月の連休の切符を買ったのは5月のことだった。しかし高須のけがなどもありそれからぐんぐん落ちていって7月はAクラスも遠い状況だった。それでも切符を買ってしまったので応援に行きました。2試合見るはずだったのだけど1試合目はさあ球場へ入ろうかというところで中止のアナウンス、翌日も朝のうちは雨模様だったけど、何とか試合がありました。先発はエース岩隈だったけど体が重そうで序盤で4失点、時折降る雨の中重苦しい展開でした。

Rakuten01  しかし相手のまずい守備に付け込み今年初めてのサヨナラ勝ち、終盤の粘り強い勝ち方の原型のような試合でした。サヨナラ安打を打ったのはリンデン選手、もう見れないのが残念だけど、終盤戦ではいい仕事をしてくれたと思います。しかし日ハム戦ではからっきし打てない印象が残っていますね。

Rakuten  その7月がどん底でそれからV時回復した今年のイーグルス、はるばる応援しに行った甲斐がありました。最後も札幌で連勝して締めくくってくれるといいね。

 しかしなんだね、経験者が少ないのが弱点なのかね。それじゃこの前のロッテの日本一は?去年の西武の復活劇は?、むしろクライマックスシリーズにずっと勝ち抜けないチームに構造的に勝てない理由が有るのではないの、とも思ってみたりします。

 

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴジュウカラ(シロハラ) サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー