• 20171015k1012
  • 20171015k1010
  • 20171009k1038
  • 20171009k1034
  • 20171009ead4051
  • 20171009ead4046
  • 20171009k1020
  • 20171009k1015
  • 20171009k1013
  • 20171008k1040

ジシギめぐり

201709021d4027午後から西の田園を巡ってみました。畦道を覗くとジシギの姿が。タシギが入っていました。

御開帳

20151018e1d4013 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

もう一羽、タシギがこっそり眠っていました。
20151018e1d4014 そのうち起きて、長い嘴を御開帳。
20151018e1d4021 羽繕いついでに尾羽も御開帳。タシギを水辺で見かけるようになるといよいよ冬の始まりを感じます。

秋景色

20141018e1d4010 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
稲刈りの終わった田んぼでタシギが日向ぼっこをしていました。気が付いたら周りの稲がなくなっていて呆然としている訳ではないですよね。
20141018e1d4009 まだ刈っていない黄金色の稲にノビタキが留まっていました。

不老不死

20141011e1d4059 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
遠くではありましたが、ヒクイナが姿を見せていました。手前にはタシギが3羽も。
20141011e1d4060 毎年一羽だけでやってくるムナグロが今年も来ています。同じ個体であれば、もう何年も幼鳥のまま?不老不死の謎を解く鍵が彼にあるのかも。

コンビ復活

20140923e1d4040 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
結局ムジセッカに再び逢うことが出来ませんでしたが、タマシギには逢わせていただきました。先日の父子とは違う若い個体ということでした。
20140923e1d4039 ところでタマシギの手前にも鳥の影がありました。
20140923e1d4038 そちらにピントを合わせると...、思えばタマシギと最初に出逢ったときも、タシギと一緒でしたね。

大発見か

20140419e1d4140 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
朝はよいお天気でしたが、お昼過ぎから曇ってきました。日曜日の予報は雨、これで2週連続、全くサンデーバーダー泣かせの天気です。MFを回るとタシギが3羽居ました。そのうち近くに居た2羽の色が全く違います。一羽はこれぞタシギだと言わんばかりに茶褐色なのですが、
20140419e1d4146 もう一羽は濃い褐色、背中の白線も途切れ途切れで違って見えました。すわ、ハリオシギかと思い図鑑とにらめっこしましたが、過眼線の太さからするとタシギに思えました。
20140419e1d4137 ただタシギには褐色味に乏しい北米産亜種:delicataというのがいるそうで、ひょっとしてこいつがそれかも?
20140419e1d4142 その後茶褐色型に追われて少し移動しました。このときの飛翔を撮り損ねたのが今となってはとっても
痛い。いずれにせよタシギはタシギと言うことでおしまい。

名脇役

20140321eid4077 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
実はこの少し前に激しいにわか雨が振ってきて、車の中に退避していると、葦原の陰から出てきたのがタシギでした。早く雨止まないかなと待っていたら、止んだ頃にツルシギ、コチドリが出てきて、脇役に転落したのでした。
20140321eid4068 それでもタシギが居なかったら移動していたかもしれないので、引き止めてくれてたのです。名脇役に感謝。

泥の中から

20140112k52s032 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
葦原の横の池の泥の中からタシギが顔を出しました。泥の中から生まれたようです。
20140112k52s033 多くのギャラリーに見られていたものの、ほんの少し近づきました。

賑やか

201311091d4134 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
水位が低くなって、やっと岸辺が現れてました。やっとシギたちで賑やかになってきました。少しだけの時間なので大砲用意してなかったら、セイタカシギの姿もありました。ちょっと遠すぎ。
201311091d4137 毎年1羽でここにやってくるムナグロもいました。他にはアオアシシギにハマシギに、隅のほうにタシギも。

ひらひら

20121201d4004 普段は地上で見ることが多いシギ類、飛ぶこともありますがあんまり高いところを飛ぶ印象はありません。ですがこの日、一羽のダイシャクシギが、頭上の空をあっちいったりこっちいったり飛び回っていました。
20121201d4006 そのうちに疲れたか田んぼに降り立ったダイシャクシギ。こんなシチュエーションは初めてです。
20121201d4019 そしてもう一羽、嘴の長い鳥が飛びまわっていました。どうやらタシギのようです。この鳥も結構高い空を飛び回ることが出来るんですね。本来の飛翔能力は高いのでしょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Brewer's Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Heermann's gull | House Sparrow | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Northern Mockingbird | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Starling | Western gull | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 夜空 | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 雑ガモ | 飼鳥

フォト

カテゴリー