ハシボソガラス

カラスの子

20160710k1162 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

カラスが何か咥えていました。貝のようにも蝉の幼虫のようにも見えましたが、なんだかよくわからなかったけれど食べちゃいました。
20160710k1165 カラスとはいえ嘴の隅が赤い幼鳥は可愛いですね。

一心不乱

20160319k52s023 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

足元をハシボソガラスが一心不乱に掘ってました。どんな獲物を掘り当てるのだろう?楽しみに待ってましたが、仲間がやってきて、近くでカメラ構えていることを伝えた途端、飛んで行きました。

迷信

20150813e1d4023 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

人が亡くなるとカラスが鳴くという、昔聞いたお話。その時は迷信じゃろと聞き流していたが、6年前の今朝はカラスがやたら鳴いていて、あぁやっぱり本当なんだと。尤もあの時の声はハシブトガラスだったが。

陽炎のベール

20150426fz009 FZ1000/4K
浜辺に残った小さな水路に愛らしいメダイチドリやキョウジョシギ、ハマシギなどが憩っていました。でも昼過ぎの日差しが容赦なく降りかかり、頼みの1200mmはボケボケ、FZ1000の動画切り出しで誤魔化すのが精一杯のキョウジョシギの羽ばたきです。メダイチドリも何度も飛んでくれたのだけどね。
20150426e1d4050 そんなシギたちを蹴散らしてハシボソガラスが時折やってきます。水を飲んでるだけかと思ってましたが、実はゴカイを獲って食べているのです。ゴミばかり漁ってばかりと思っているのは全くの誤解なのでした。

青い瞳

20140506e1d4038 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
カラスの幼鳥が迷っていました。まだ飛ぶことは出来ないようで塀に飛びついてじたばた。
20140506e1d4040 それから地面に降りました。後ろから親に突かれるのではとおびえながらもパチパチ、青い瞳が澄んでいました。子供には罪はありませんね。
20140506e1d4046 それから親に誘導されて森の方へと歩いていきました。その途中のお花畑で花絡み。この後おじさんが自転車でやってきたらぎゃぁぎゃぁと親が騒いでいました。

どへくった too

20140412e1d4033 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
川面に飛び降りたカラスが大きなカニを捕まえました。カニの脚を嘴で咥えています。そういえばミサゴなんかと違って足で持ってるのは見たことないですね。
20140412e1d4035 僕らが居る岸のほうへどんどん寄ってきました。一番近かったからね。それにしてもカニの爪、でかいです。モクズガニなんじゃないかな?
20140412e1d4036 やっと岸までたどり着きました。でもカニが見当たりません。いったい何処に?実は直前で水の中に落っことしてしまいました。不安定な持ち方だったからねぇ。さっきへくった時の僕もこんな顔していたのでしょうね、きっと。

ボディーガード

201311091d4175 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
西の田んぼにミヤマガラスの群れが着いていました。コクマル探したけれど見当たらず。
201311091d4173 車を停めたらさっとミヤマガラスは飛んでしまうのだけれど、なぜか周辺に居るハシボソガラスは動かないのです。体張ってミヤマガラスを守っているのかな。

鳥達~おなじみさん

Amd1008bdj001 アオサギ FZ150
 ヨーロッパで最もコモンな鷺がこのGray Heron。この公園にも3羽ほど居らっしゃいました。なかでも倒れた巨木に留まった1羽が印象的でした。
Amd1008bd067  この個体、後ろから見るとこんな感じです。公園ではたくさんの人がジョギングしていました。直ぐ近くで体操している集団もいたのですが、じっとこの場所に佇んでいました。
Amd1008bd046  おなじみさんの最後はハシボソガラス(Carrion Crow)、ニシコクマルガラスが多かったのですが1羽だけ見かけました。Raven(ワタリガラス)に逢いたかったけれどこの辺はなぜか空白地帯だったりする。Rockみたいな小さめのも見かけたんだけれど確認できず。そして、期待してたHouse Sparrowには逢えずじまい。農村地帯に行かないと居ないのかな?Jack Sparrowなら行きの機内でたっぷり見ましたけどね。

おねだり②

Kitanomachi40d002
ハシブトガラス 
EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 中島公園の朝、ハシブトガラスが甘えた声で鳴いていました。松の木の枝で大きな口を開いて朝ごはんをねだっています。

Kitanomachi40d001
 直ぐ下の枝には親のハシブトガラスが留まっています。時折こちらを威嚇するような声で鳴きますが、子供に対しては知らんぷり。

Kitanomachi40d003
 子供はさらに羽を広げてねだっていました。内心、親鳥に襲われるのではないかとびくびくしながら撮ってましたが、特段何事も起こりませんでした。

Kitanomachi40d009
 こちらは豊平川沿いにいたハシボソガラスです。これらは全てノートリミングでした。札幌のカラスはやたら横着な奴らでした。

 

行縢雀と意地悪ガラス

201012305d023 スズメ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 郷里の名峰、行縢を背景に入れてみました。F20まで絞り込んでみたら山の稜線がわかる程度にぼけてくれました。SSは1/500でISO2500です。

201012305d022  ハシボソガラス2羽がトビを追っかけていました。追われているトビはまだまだ綺麗な個体です。そのうちぼろぼろにされてしまうのかも。

Img_8072  追っかけているカラスのアップにしました。不敵な笑いを浮かべて、とっても意地悪そうな口元です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アカアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシハジロ | ホシムクドリ | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤンバルクイナ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 飼鳥

フォト

カテゴリー