• 20200321k32123
  • 20200321k32111
  • 20200321k32113
  • 20200321k32202
  • 20200321k32211
  • 20200321k32215
  • 20200321k32145
  • 20200321k1245
  • 20200321k1225
  • 20200321k32165

2020年3月16日 (月)

ドングリ

20200308k32083
もっと大きな水たまりにはカラスの姿が、コツコツとアスファルトを突く音が聞こえてきていったい何をしているのやら。
20200308k32085
よく見るとドングリを咥えているようでした。
20200308k32089
足も使って何とか食べようとしてました。

2020年3月13日 (金)

焼け跡

20200308k32070
焼け跡で蠢く黒い鳥影、ハシボソガラスが採餌していました。背景に黒を吸い取られたか茶色く見えました。

2019年11月20日 (水)

にわか

20191111k32123
楕円のボールだったらもっと面白かったのですが、ハシブトガラスが早朝の公園でボール遊び。
20191111k32121
でっかい卵だと思っていたのでしょうね。 

2019年11月15日 (金)

白い冬

20191109k32033
北の街は紅葉がきれいでした。折角なので大通り公園で紅葉狩り。でも2時過ぎるとカメラが冷たく感じるくらい冷えてきました。
20191109k32051
カラスも羽が白くなっていました。

2019年9月12日 (木)

風格

20190907k72036
黒一色ではなくて茶や白い羽が混ざったカラス。堂々と車の近くに舞い降りました。

2018年11月 1日 (木)

コクマルを探せ。

20181028k72113 ミヤマガラスの群れが空一面に飛び立ちました。

20181028k72190_2 この群れにはコクマルガラスの黒色型が混ざっていました。
20181028k72107 飛び姿も可愛いのです。コクマルガラスは嘴の造りとかがハシボソガラスに似ててミニチュア版って感じです。
20181028k72108近くにハシボソガラスも留まってくれました。貫禄が違います。

2018年8月10日 (金)

語らい

20180804e72016 夕暮れの淡水池でハシボソガラスが愛を語り合っていました。

2018年7月 9日 (月)

主の品格

20180630k32063 そのムクドリを蹴散らしてカラスがやって来ました。ゴミ箱近くで見るのと違い、森のカラスには品を感じました。

2018年7月 4日 (水)

落城 犯人(ホシ)ガラス

20180626e7d2383 カラスは雛を咥えたまま飛び去って行きました。まだ子育て中なのでしょうか?

20180626e7d2363 犯人(ホシ)はこいつです。翼に白点が見えるので個体識別可能。最初の奇襲に失敗したところです。
20180626e7d2386 夢中でシャッター切ってたけれどなぜか残る罪悪感、レンジャーさんたちにお見せしたら少し軽くなったかな。

2018年7月 3日 (火)

落城 水鉄砲

20180626e7d2364 でもカラスはあきらめていませんでした。
20180626e7d2367

油断していたか、雛一羽が居た隣の巣を強襲。
20180626e7d2381 親は水飛沫をあげて攻撃しますが、もちろんカラスには堪えません。
20180626e7d2382 雛を咥えたまま飛び上がりました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Black Tern Blackbird Brewer's Blackbird Caspian Tern Chaffinch Chinese Bulbul Common Myna Crested Goshawk Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Grey Treepie Gull-billed Tern Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Javan Myna Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Plain Prinia Red Turtle Dove Ring-necked Parakeet Sacred Ibis Spotted Dove Starling Taiwan Barbet Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴジュウカラ(シロハラ) サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウカナダガン チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー