• 20171202e1d4003
  • 20171202e1d4002
  • 20171202e1d4001
  • 20171202e1d4004
  • 20171126k3ii039
  • 20171126k3ii038
  • 20171126k3ii1004
  • 20171126k3ii1003
  • 20171126k3ii1002
  • 20171126k3ii1017

サザエさん

20171119k3ii025 サザエさんカット?のカンムリカイツブリに出会いました。

ほのか

20170325k1034 カンムリカイツブリが入り江の奥まで入ってきてました。夏羽が少しだけ見え隠れ。

MF巡り 大群

20161113e1d4020 I調整池へと移動、今朝はクロツラの姿なし。足元から飛ぶアオアシシギのタンディム飛行。

20161113e1d4028 凪いだ海にはカンムリカイツブリ。
20161113e1d4033 そしてスズガモの大群が海へと移動を開始。
20161113e1d4038 この瞬間に出くわすなんて、今日はいい日になりそう。

ストーカー

20150329e1d4315 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
K浜の東の海には夏羽のカンムリカイツブリのアベックが浮いていました。
20150329e1d4308 角度が悪くて良く判りませんが、2羽で顔見合わせて口づけしているよう。とっても中良さそうでした。
20150329e1d4321 ところが近くに現れた未だ冬羽の残るカンムリカイツブリ、2羽に猛然と近づいて
20150329e1d4326 一羽を追っ払い、
20150329e1d4328 残る一羽にしつこく付きまとっていました。
ストーカーか?こいつは。

かんむり大福

20150310e1d4031 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
海には今年は少ない?カンムリカイツブリが浮かんでいました。海の色だけなら暖かそうに見えるのですが、陸と同じくらい寒いのでしょうね。夏羽カイツブリは丸まって大福餅みたいです。
20150310e1d4032 その近くを冬羽の子が颯爽と泳いでいました。この2羽とも見てる間は潜りませんでした。やっぱり冷たいのはお嫌いなのでしょうか?

クリーク調査指令

20140428e1d4107 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
干拓地巡りで成果少なく、昼食後もう帰ろうかと思いましたが、クリーク調査指令を受け再び干拓地へ。お陰で今季初認のオオヨシキリ、クリーク沿いで鳴いていました。
20140428e1d4117 さらには完全夏羽のカンムリカイツブリ。鳥果は今一でしたが来年の下見と思えば十分すぎるほど干拓地を走り回りました。
20140428e1d4116 それにしても正面からみるとお髭が蝶ネクタイの様でした。

ミッキーとミニー

201312231d4080 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
海上にはカンムリカイツブリの姿も。角度によっては冠がどうにもミッキーマウスの耳に見えてきて仕方がありませんでした。さしずめこの2羽はミッキーとミニー。
201312231d4092 余り近くでみると耳には見えまないけどね。
201312231d4119 なかには少し夏羽の気配が残る個体もいました。

エッシー

201301131d4087 吊橋から湖面を見下ろすと、カンムリカイツブリが浮かんでいました。こちらへと近づいてきてくれます。長い首と胴、見ようによっては竜脚類と同じフォルム、ブロントザウルス(名実共に絶滅しましたが)の末裔に違い有りません、多分。
201301131d4088 吊橋の下まで来て流石に近づきすぎたと思ったのか、Uターンしていきました。写らなかったけれど足ひれが忙しなく動いているのが見えました。ここのカンムリカイツブリは湖の名前を取ってエッシーと呼ぶことにしよう。

水しぶきの主

201211031d40048 海へと飛び立ったスズガモを追って堤防から身を乗り出すと、そこに浮いてた鳥が驚いて水しぶきを残して潜ってしまいました。
201211031d40049 その主は、当たり前のように冬の海に浮かぶ
カンムリカイツブリ。この久しぶりの出逢いに懐かしさを感じました。

春の海

20120401fz093 カンムリカイツブリ FZ150×1.7
 冬鳥が去った博多湾に夏羽のカンムリカイツブリが一羽浮かんでいました。博多は一足先に桜満開、海沿いを吹く風も冷たくありませんでした。
20120401fz095  潜ったので距離をつめてみました。中々浮いてこないなぁと思っていたら眼の前に浮いてきました。潜る前は倍の距離にいたので向こうも面食らったかも。
20120401fz096  カメラ目線?でこちらを向いてくれました。音が静かでレンズの小さいFZ150×1.7、鳥があまり怖がらない風なのが一番の救いです。328だったらまた直ぐに潜られたのかなぁ?。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Brewer's Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Heermann's gull | House Sparrow | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Northern Mockingbird | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Starling | Western gull | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒメコンドル | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 夜空 | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 雑ガモ | 飼鳥

フォト

カテゴリー