• 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031
  • 20190609k32011
  • 20190609k32012
  • 20190609k32008
  • 20190609k32009
  • 20190609k32001
  • 20190609k32004

2018年3月 5日 (月)

予兆

201802183ii070 おやつタイムが終わってまったりしてたオオバンが突然大騒ぎ。いったい何事?葦原の主が背後に現れたのかと、注意すると、いきなり葦原から飛び出したハイイロチュウヒ!いったいいつからここに居たのか。

201802183ii074 スマホ見てるあいだに飛び込んできたのなら惜しいことをしたかも。

2017年12月 6日 (水)

若武者

20171125k3ii034 駅までの回り道、出そうなところを通ってみたらば出ました!翼の先が黒いので若♂でしょう。きれいな大人になるまで毎年来てくれるかな。

2017年1月23日 (月)

雨宿り

20170109e1d4002 翌朝は真っ黒な空、ゆっくり朝食を摂って部屋に戻って外を見ると、佳さげなお天気。すぐに仕度をして出かけるも、塒立ちはすでに終わっていました。
20170109e1d4005 寝坊したハイイロチュウヒが飛んで行った方にいた、ガンの群れに近づくと、アカツクシガモ見っけ!ずっと寝てたけど一瞬起きたのを逃しませんでした。
20170109e1d4008 それでも稲光と黒い雲と大粒の雨が降ってきて、警戒心が緩んだマガンを間近に見ながら雨宿り。

2017年1月21日 (土)

突然

201701081d4097 また斐伊川河口に戻り、遠くのガン・ハクチョウを眺めていると、ハイイロチュウヒ♀が掠めていきました。

201701081d4103 今年は山に雪がないので猛禽類も少ないと米子のおじいさんが言っておられましたが、この雪で賑やかになっているかも?

2016年2月25日 (木)

影絵

20160211e1d4208 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM

燃える夕日をバックにチュウヒが舞ってくれました。
20160211e1d4219 この時間は刻々と空が変わります。
20160211e1d4198 それより少し前、ハイイロチュウヒも飛んでくれました。もう少し早ければキラキラしてたのですが、残念。

2015年3月 1日 (日)

終幕

20150215e1d4108 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ハイイロチュウヒにライバル心を燃やしているのがコチョウゲンボウ、この日も主役の周りにちょろちょろと現れます。
20150215e1d4110 特にスピード勝負が大好きで後ろから来てあっというまに抜かしたり、
20150215e1d4139 主役の前を横切ったり、そんなことしてて捕まっても知らないよ。

2015年2月27日 (金)

第2幕

20150215e1d4114 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
閉園時間も迫りあきらめて、園外にでると白い鳥がひらひらと舞っている!こんどはズグロカモメじゃありません!!
20150215e1d4101 おまけに2羽!!!
20150215e1d4102 園を出る時に換えてて良かったコンパクトフラッシュ、30分ほどで何百枚撮っただろうか。

2015年2月25日 (水)

第一幕

20150215e1d4051 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
午後の約3時間、K浜のトーチカに籠もってみました。3週間前と同じことが起これば其処は猛禽パラダイスのはず。でも現実は厳しく、しばらくはズグロカモメに遊んでもらうだけで時間が過ぎていきました。
20150215e1d4057 ずいぶん経ってやっとノスリが飛んでくれました。
20150215e1d4076 それから干潟の上をチュウヒがサーチ飛行、狙いはハマシギそれともカニ?K浜情報ではミサゴが落とした魚を狙うこともあるとか。
20150215e1d4090 最後に狙い通り、ハイイイロチュウヒが顔が判る所を飛んでってくれました。でも期待してた♂は現れず。

2015年2月 8日 (日)

閉園

2015025fz4k157 FZ1000/4K
驚いたことに、昨年末で山口県最大のテーマパーク・猛禽ランドが閉園してたらしい。あまりに人気がありすぎて肝心の猛禽が寄りつかなくなったとか。人気も無くなり寂れたランドの周りを走ると、タヒバリの群れに出逢った。
今ならタヒバリもゆっくりできるのだろう。車の前方は一眼では難しいのだがFZ1000なら撮り易い。
2015025e1d4151 アリスイも葉っぱがすっかり落ちた木に姿を見せてくれた。もう少し明るい時間に出てほしかったところである。流石にこの暗さはFZ1000では太刀打ちできず、以下一眼で撮影。

2015025e1d4149 ハイイロチュウヒの雌が一羽、葦原の小鳥を飛ばして、去っていった。この冬の旧猛禽ランド、小鳥類で賑わうといいなぁ。

2015年2月 5日 (木)

地縁

2015025e1d4128 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
春になると、白いハイチュウと茶色のハイチュウが、
上になったり下になったり、
下になったり上になったり、
いいな、いいな、春っていいな。
2015025e1d4133 大学に、同郷の4年生が居ることを母が何処からか聞きつけてきた。学部も学年も違うので、よもやキャンパスで出くわすことはないと思っていた。だが偶然にも、サークルの新歓合宿の夕食のテーブルの真向かいに彼女は座っていた。冒頭の文はその先輩が余興で披露してくれた詩?を少し変えたもの。2羽のハイイロチュウヒが飛び交う様を見て、久しぶりに思い出した。
2015025e1d4135 こちらへ来てからも、同郷や宮崎に縁のある人と出会うことがたたある。また遠征先で、今度は山口に縁のある方とよく出会ったりもする。縁とは不思議なものなり。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー