• 20190316e72172
  • 20190316e72177
  • 2019030332071
  • 2019030332068
  • 2019030332065
  • 2019030332040
  • 2019030332008
  • 2019030332030
  • 2019030232081
  • 2019030232076

2015年7月26日 (日)

粘り勝ち

20150718e1d4045 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
夕方多少涼しくなったところでやっとアオアシシギが餌場に飛び降りました。其処にレンズ向けてみると、ヒクイナの姿が。
20150718e1d4057 暇つぶしに粘った甲斐がありました。夏はより赤が鮮やかです。

2014年10月18日 (土)

不老不死

20141011e1d4059 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
遠くではありましたが、ヒクイナが姿を見せていました。手前にはタシギが3羽も。
20141011e1d4060 毎年一羽だけでやってくるムナグロが今年も来ています。同じ個体であれば、もう何年も幼鳥のまま?不老不死の謎を解く鍵が彼にあるのかも。

2014年4月 5日 (土)

はちじょうさん?

20140323e1d4027_2 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
葦原の中で見つけた赤い鳥、お目当ての葦原の主、でもそのNo.3のヒクイナ、少しだけ顔を出してくれました。
20140323e1d4005 そしてもう一羽赤い鳥、ハチジョウツグミですよね、多分。

2014年2月23日 (日)

越冬ヒクイナ

20140216id4157 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
夕方も4時を過ぎると、あの人気者はお休みです。すっかり人影も減って油断したのか、葦原から、ヒクイナが顔を出してくれました。
20140216id4160 折からの西日に映えて緋色が鮮やかでしたが、酔っ払いのようでした。越冬ヒクイナ、やっぱり居るのですね。

2011年7月27日 (水)

フェードアウト

2011072240d011ヒクイナ EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 ヒクイナは慌てる風もなくひょうひょうと歩いていきました。そういえば最初に逢ったときも走ったりはしなかったですね。

2011072240d014 向きを変えました。尾がすくっと立っています。アメリカンバイクもどきの背もたれみたいに。

2011072240d015 やっと藪に辿り着きました。もしこの状態で出逢っていたらなかなか見つけられなかったでしょう。そしてゆっくりと藪の中に身を消していきました。鳥枯れの季節、こういう偶発的出逢いは本当にありがたい。

2011年7月26日 (火)

ヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒクイナ

2011072240d002
ヒクイナ
 EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 今月の始めに夕方サッカーの試合を見てたら、セッカがよ~く鳴いていたのです。今日もサッカー場へ寄ったついでにセッカ居ないか、軽装で行ってみました。セッカの鳴き声も聞こえていたのですが姿は遠く帰ろうとした時でした。近くからバンのような声が聞こえました。はて?と覘いた雑草が刈られた空き地で、ヒクイナがひょこひょこ歩いていました。

2011072240d003
 こちらに気がついて少し急ぎ足です。雑草が道路から数メートル刈られているので薮まで距離があってラッキーでした。

2011072240d008
 立ち止まってこちらを確認したような気がします。このとき着ていたのはエンジ色のTシャツでした。仲間と思ってくれたらうれしいですね。

2011072240d009
 夕方の光を浴びて綺麗でした。見ようと思っても中々見れないヒクイナですが、水辺から遠いこの場所で偶然出逢えるとは、何かいいこと有りそうな予感です。

2010年11月 7日 (日)

レッド番外

101103d053 ヒクイナ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII トリミング

 黄色の次は体の一部が赤い鳥をと思って、MFへ戻りました。ところが想定外の赤い鳥が現れました。レンズの砲列が敷かれているところへ臆病なこの鳥が顔を出したので、みんな唖然としていました。

101103d054  こちらの視線に気が付いたか、ちょっとポーズを決めてくれました。

101103d060  それからすたこらさっさと草むらへ戻りました。デジカメでは初撮りです。なんだかとっても儲けた気分です。

2009年5月29日 (金)

珍しくもあり、珍しくも無く

Hikuina001 ヒクイナ EOS7 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 だいぶ前のことですが、休みの日はE公園の、その頃整備されたばかりの菖蒲池でカワセミを見かけたことが有って、ちょくちょく出かけたものです。その日も、カワセミは居ないなと思いつつ、池の畔に立つと、池の中から、ポ、ポ、ポンという鼓の早打ちのような音がして、びっくりしてみると、赤い鳥が池から現れ出でて、向こう岸を歩いて行きました。

Hikuina002  図鑑を見てもそんな鳴き方は載ってなく、人に聞いても知らないと言われます。キョッキョッキョと鳴いたのがあまりにも近すぎてポ、ポ、ポンと聞こえたのかもしれませんが、その赤い色とともに今でも記憶に残っています。 

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー