• 20190316e72172
  • 20190316e72177
  • 2019030332071
  • 2019030332068
  • 2019030332065
  • 2019030332040
  • 2019030332008
  • 2019030332030
  • 2019030232081
  • 2019030232076

2019年3月31日 (日)

エラー王

20190317k32046
ヒヨドリも負けじと実を食べにやって来ました。普通に啄むのでなく、
20190317k32047
 逆さまになって実を捩じらして、下の枝の実を啄みました。まさに名人芸!
20190317k32048
だがしかし、あろうことか名人の嘴から実がポロリ!!  

2019年1月14日 (月)

寝正月

20190104k32002 正月は早起きができず、初鳥見は4日の夕方、しかしながら芳しい成果もなく宿に帰ると甲高い声が聞こえ窓の外には二頭の鹿。
20190104k32006 夕間詰のもぐもぐタイム。
20190105k32141 翌朝は折角早起きできたのに出かける頃からあいにくの雨が落ちてきて断念、窓の外でヒヨドリが慰めてくれました。

2018年10月14日 (日)

インパルス

20181007ki112 台風襲来で忘れていましたが、ヒヨドリの季節。でもこの日はもっと大きな怪鳥が渡って行きました。

20181007k1002 ヒヨドリも後をついていきました。

2018年6月20日 (水)

エキゾチック

20180617e72005 強い日差しを浴びたヒヨドリの羽色が地味ながら毒々しいくらいに濃くエキゾチックに見えました。

2018年4月20日 (金)

花の髄まで

20180415k32004 散った桜の花をヒヨドリが見上げていました。まだ食べるところが残っているのかしら。

2018年3月17日 (土)

しまった

20180310k3ii016 ヒヨドリが下を覗きこんでいました。なぜかな?

20180310k3ii015 一枚前のコマには、ドングリを落とした瞬間が写っていました。

2018年3月 1日 (木)

がせねた

某所に木の実を食べに大群が来るというので確認に。ぴょーともぎぎゃとも鳴かないというのでひょっとしてと思いましたが、着くとぴょーの声201802183ii002 が。やっぱりヒヨドリでした。シロハラもきてました。

2018年2月20日 (火)

フリーズ

201802123ii056 この日も動くのが面倒なヒヨドリが居ました。

2017年10月18日 (水)

20171009k1034 対岸に向かったヒヨドリが戻って来ました、真っ直ぐに。羽ばたきの音に包まれましたが、へぼゆえ決定的写真は撮れず。て言うか広角レンズ持ってりゃよかった。

20171009k1038 背後の葦原に入って行きました。時節柄鳴き声が、票票票票と聞こえました。まぁ政治家から見れば国民なんてヒヨドリの群れと一緒なのではと思いたくような今日この頃です。

2017年10月16日 (月)

くぐり岩

20171009k1013 龍の山のその先から、龍が舞う。

20171009k1015 くぐり岩を抜けて龍が飛ぶ。
20171009k1020 海面低くすれすれに渡って行きました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー