• 20171202k3ii006
  • 20171202e1d4003
  • 20171202e1d4002
  • 20171202e1d4001
  • 20171202e1d4004
  • 20171126k3ii039
  • 20171126k3ii038
  • 20171126k3ii1004
  • 20171126k3ii1003
  • 20171126k3ii1002

お邪魔虫

20170225k1013 今年は見つからないと思ってた公園の青い鳥、遠いながらも出てきてくれました。

20170225k1023 何とか大きく撮ろうと工夫するのだけれど、いつも邪魔が入ります。
20170225k1018 そうですこの子です。雌のジョウビタキってとってもいじわる。
20170225k1033 それでも何とか、植栽越しのルリビタキ。

妖怪人間

20170222k1096 突然、ルリビタキが遊歩道上に、よく見ると虫を咥えています。

20170222k1098 美味しかったのでしょうか?少しだけ踊りました。
20170222k1100 それから慌てて日陰へ、そうルリビタキは妖怪人間と一緒で、闇が大好き。
20170222k1101 でもわずかな日陰では足りなくて、飛び去りました。

やっと会えた

20160131fz1000024 FZ1000/4K

大雪の1週間後はぽかぽか日曜日でした。今年初めてE公園でルリビタキ見つけました。
20160131fz1000025 高いところにしか留まらなかったけれど、とりあえず安心しました。

お見送り

20150208e1d4106 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
鳥の形の石が置いてあると思ったらルリビタキ♀でした。じっとしてて動きません。
20150208e1d4107 口元がわずかに動いたと思ったら、種を吐き出してしたのです。
20150208e1d4108 その種が地面に落ちて、
20150208e1d4111 コロンと倒れました。

蒼の気配

2015024e1d4003 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
赤い鳥を探しにお山へ、赤い鳥には逢えませんでしたが青い鳥に逢えました。このごろルリビタキの気配が判る様になって、藪の前で待っていたら出てきてくれました。こっち向いた瞬間シリーズ第三弾です。
2015024e1d4007_2 ガードレールと地面を行ったりきたりして虫を捕まえていました。「美味しかったですか?」「ハイ!」
2015024e1d4015 その後ずっと行った所で今度は若いルリビタキ♂がでてくれました。ここのルリビタキはガードレールがお好きなようです。

四合わせの青い鳥

20150110e1d4032 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
MFでの初鳥見はE公園から、今日も1万歩以上歩きました。昨年見かけた辺りで藪の中に鳥の気配がするのでしばらく待って見ると、今季初見のルリビタ男くん登場!
20150110e1d4059 さらに歩を進めると、木の上から聞きなれぬさえずりが?聞こえ、見上げると小さな鳥が2羽。若いルリビタキのカップルのようです。ビデオも撮って見ましたが肝心の声は雑音と風の音にかき消されていました。残念。
20150110e1d4035 上を見上げていたら足元の暗がりにも、ルリビタ子さん登場!4個体を確認できました。ジョウビタキ軍団に敗れた宮崎の借りを返すことが出来てしあわせです。

転宅

201401191d4090 EOS1Dmk4 + EF100-400mm  IS USM
此処の公園、数年前は藪だらけでしたが、民間委託されてから整備されて雑草が少なくなりました。土日の間も、園内あちこちを整備していました。水清くして魚住まずじゃないですが、小鳥類が以前より減ったとの印象があります。ルリビタキ♂が良く出ていたあの場所も、藪がなくなった所為か、姿を見せませんでした。そんなルリビタキ♂を公園の奥でやっと見つけました。お引越ししていたのですね、きっと。
201401191d4092 この整備の勢いだと、此処の藪も取り除かれるかもしれません。そしたら何処へ行こうか。考え込んでいるように見えました。

いつもの場所

201301131d4069 ルリビタキの♀をよく見かけるポイントまでやってくると、待っていたみたいに林から飛び出してきました。たいてい越冬する場所が決まっているのは、同じ個体だからなのでしょうか?
201301131d4070 この子もヒタキ特有の仕草で僕を誑かそうとします。
201301131d4073 尾羽を広げました。ブルーを見せて欲しいのですが枝に隠れて見れません。もっと長い間一緒に過ごしたかったのですが。
201301131d4075 嫉妬に狂った女王様がやってきて追い出してしまいました。逃げる時にやっとブルーが見えました。

ビタキ違い

201301031d4025 ルリビタキも久しぶりです。昨シーズンは結局会えなかったんだっけ。今季もジョウビタキの方が多くて此処では少ないと聞いていたのですが、あっさりと出てくれました。
201301031d4026 それでも本命は別のヒタキだったもんで、ちょっと残念。
201301031d4029 そんな中綺麗な雄のルリビタキが程よい枝の上で長居してくれました。きっと代わりに慰めてくれたんだね。

思えばたくさん見たもんだ

20110116d037ルリビタキ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII

 この冬はルリビタキの当たり年でした。年末年始の旅行や宮崎の松林で久々にルリビタキ見たー!と思っていたら、MFの江汐公園にもたくさんでてくれました。そして雪の日のルリビタキ♀、丸々としてとっても可愛かったです。

20110116d034 ミズキの実でしょうか?ルリビタキは冬枯れた枝に残ったしぼんだ実を食べていました。
20110116d031
 枝に留まった横顔はきりっとしていました。いよいよ明日から鳥無月ですね。切り札切るの少し早すぎたかしら。再度、暑中お見舞い申し上げます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 夜空 | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 雑ガモ | 飼鳥

フォト

カテゴリー