• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

2016年1月16日 (土)

とばっちり

20160110e1d4187 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

スズガモの近くにバンがやって来ました。それを気に食わないのか、
20160110e1d4188 オオバンが葦原から突然飛び出してきて追いかけっこ
20160110e1d4189 スズガモはとばっちりでせっかく羽繕いしたのにまた濡れちゃった。

2015年10月29日 (木)

大足

20151018k52s113 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

クリークにいつの間にかバンの巣ができていました。雛の足の大きいこと大きいこと。
20151018k52s114 その丈夫な脚で、すぐに巣を離れていきました。

2015年5月 2日 (土)

プロテイン

20150419fz046 FZ1000/4K
オオバンが石の陰で何かを食べている。いつものようは苔や水草ではなさそう。なんと獲物はアメリカザリガニ、思いっきり格闘しているみたいに水しぶきが凄い。
20150419fz048 遂にKO勝ちと実況したいところだが、実はザリガニは既に死んでた。
20150419fz052 陸の上ではバンもザリガニを貪っていました。繁殖時期にはたんぱく質も必要なんだそうだ。

2014年12月23日 (火)

食い意地

20141124e1d4064 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
葦がゆらゆら揺れるので、あいつか!と注視したら、黒い塊がばさばさと羽ばたきながら登ってきました。
20141124e1d4067 はて?、バンがなんでまた、食べたいものが此処にあったようです。面白い行動を見せてもらいました。

2014年9月 5日 (金)

実りの秋

20140830e1d4059 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
稲穂も色づき、頭を垂れてきました。チュウサギが佇み思案の秋。
20140830e1d4062 畦にはバンの姿も、なんとものどかな秋らしい一日でした。
20140830e1d4151 ただし、こちらの田んぼにはこんな“現行犯”の姿も。実りの秋=食欲の秋でもあります。

2013年12月24日 (火)

バン・バン・バン

20131223q10027 Q10 + 06-TELEPHOTO ZOOM  15-45mm
久々というか師走初めての鳥見です。数多くのバンが出迎えてくれました。
201312231d4002 以下EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
幼さの残るバンたちは、かなり近くまで寄ってくれます。
201312231d4010 ホテイアオイの上を闊歩して美味しいところに齧りつきます。
201312231d4012 一羽だけ居た成鳥は余り近くには来てくれませんでした。

2013年11月21日 (木)

主は留守

201311091d4180 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
葦原の主を訪ねてだいぶ待ったのですが現れませんでした。その代わりにバンが2羽。
201311091d4177 そのうちの1羽は、水草をむしゃむしゃ食べていました。

2012年11月 3日 (土)

小群

201210211d4019 ハマシギの姿がちらほらしてきましたが、まだまだ小さい群れです。群れてないとなんだか違うシギのようで、期待してがっくりしています。ハマシギが4羽並んでいました。サイズが少し違うように見えますがファミリーなのでしょうか?そうだといいな。
201210211d4009 こちらは2羽の新婚さんそれともフルムーン?、バンが傍を通り過ぎていきましたが、全く反応しませんでした。
201210211d4015 食事をしているとイソシギとばったり、このツーショットは初めてかも。違いが良く判ります。

2012年4月28日 (土)

災難

20120408e5d147 コガモ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 身震いと羽ばたき歩行ですっかり水気を飛ばした小鴨麻呂、ゆっくり羽繕いして今日はお休みのつもりでしたが....
20120408e5d152  そこへイラついた判清盛がやってきていきなりけんかを吹っかけました。
20120408e5d154  慌てて逃げる小鴨麻呂、葦に足をとられて転んでしまいました。またびしょぬれです。
20120408e5d155  判清盛が去った後、あ痛たたとぼやきながら羽繕いを最初から。飛んだ災難でした。
 

2012年4月17日 (火)

雅なる赤

20120408e5d108 バン  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 平清盛が視聴率で苦戦しているようですが、自分にしては珍しく毎週楽しみに見ています。大河ドラマはずーっと見ていなくて龍馬も篤姫もなんのこっちゃでしたが、今回ばかりは嵌ってしまいました。清盛の若き日々なんてこれまで習ったことも読んだ事もありませんから新鮮です。さて車で待っていたら、足元の葦原からバンが姿を現しました。番なのでしょうか言葉を交わしているようです。
20120408e5d109  嘴の赤が鮮やかでしたが、脚の緑色も強烈でした。残念ながら写真には残せませんでした。繁殖期ってことも有っていっそう鮮やかなのでしょうね。
20120408e5d110  正直バンがこんなに鮮やかであること、雅やかな色合いをしているとは今まで気づきませんでした。まるで平家の生まれ変わりのよう。そういえば真後ろの海の向こうは関門海峡だったりして。
20120408e5d118  それでも花粉症でしょうか。お眼目がかゆいようです。元々赤い分充血しているようにも見えます。清盛も最後は病に倒れたとか。お大事に。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー