• 20171015k1012
  • 20171015k1010
  • 20171009k1038
  • 20171009k1034
  • 20171009ead4051
  • 20171009ead4046
  • 20171009k1020
  • 20171009k1015
  • 20171009k1013
  • 20171008k1040

印象操作

20170923k1048 見上げた時と見降ろした時でこれほど印象の違う鳥はないのではと、いつも思ってしまうシジュウカラ。

お子ちゃま

20160514fz004 FZ1000/4K

R山には早くもシジュウカラのお子ちゃまが居ました。この直前、親に餌もらっていたのですがそこは撮り逃して非常に残念bleah

好奇心

20150705k52s044 K-5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM
シジュウカラの子供が飛び出してきました。きっとこの近くで孵ったのでしょう。
20150705k52s045 支柱のパイプの穴が気になるようで、大きな虫が潜んでいるのではと思っているのかな。

桜2015

20150411fz246 FZ1000・4K
とどめの雨が止んだ朝、青い空が広がっていました。今年の桜は雨に泣かされました。でも人には冷たくされる散った後の桜は鳥たちには大人気なのです。シジュウカラが残った花びらを味わっていました。
20150411fz247 コゲラまでが桜の木でえさ探し
20150411fz256 ホオジロは散る花びらを惜しむように歌っていました。
20150411fz263 旅の途中のアトリが休んでいました。

三国志

2015018fz4k009 FZ1000/4K
昔々、とあるところにエナガの国がありました。其処へシジュウカラがやってきてエナガを追い出しました。
2015018fz4k013 一羽のエナガが最後まで抵抗したのですが、
2015018fz4k015 シジュウカラはエナガの脳天に嘴攻撃、こうしてエナガの国はシジュウカラに占領されました。
2015018fz4k017 でも力で奪った物は力で奪われてしまいます。メジロがやってきてシジュウカラ王朝はあっけなく滅んでしまいました、とさ。

センター

20140720e1d4213 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
でもセンターを取っているのはやっぱりシジュウカラ、なんたっていつの間にかエナガもコガラも消えて、シジュウカラだけ残っていることも多いし。
20140720e1d4232 おまけにいっちょ前にプリントネクタイ柄の衣装を着てるしね。

共同作業

20140524e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
シジュウカラが巣材を運んでいました。おそらく2回目の営巣用ではなのでしょう。
20140524e1d4002 2羽連れ立って共同で巣作りの真っ最中のようなのがほほ笑ましい。

4次元カーブミラー

20140428e1d4078 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
電線に留まったシジュウカラ、嘴に蜘蛛を咥えていました。そればっかり気を取られていて全く気づかなかったけれど、尾に変な吹流しが。こいのぼりの季節ですからね。
20140428e1d4081 カーブミラーの支柱の上に留まって覗き込んでいると思ったら、
20140428e1d4086 支柱に吸い込まれてしまいました。4次元空間への入り口だったのですね。

桜カラー

20140406e1d4013 EOS1Dmk4 + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EF2XIII
そういえばホンの少し前は、いろんなフィルム買って桜を撮ったりもしていました。桜を撮るならやっぱりサクラカラーでしょうね。でもデジタル時代の今は桜始終カラーだったりします。調子に乗って前ボケなんかも入れてみました。いや入ってしまいましたが正しいですね。
20140406e1d4017 そんなフィルム時代から長年お世話になった100-400に遂にお別れの日が来てしまいました。代わりにやって来た新しいレンズは花と一緒に鳥を撮るのがとても楽しいレンズなのでした。

林を歩けば、混群に当たる

201401181d4003 EOS1Dmk4 + EF100-400mm  IS USM
運がよければ、林を歩けば、混群に当たります。最初にエナガが林から飛び出してきました。
201401181d4004 続いて現れたのはシジュウカラ、しっかりと実を採って行きました。
201401181d4005 しんがりにやってきたのはグリーン軍団。常緑樹の中にメジロが溶け込んでいます。
201401181d4006 薄緑の子が居ると思ったらキクイタダキ、こちらの混群で見かけるのは珍しい。数の多かった昨季はキクイタダキだけで群れを作ってましたけどね。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Brewer's Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Heermann's gull | House Sparrow | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Northern Mockingbird | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Starling | Western gull | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 夜空 | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 雑ガモ | 飼鳥

フォト

カテゴリー