• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

2017年9月13日 (水)

ドラえもん

20170910k1009 スマートなシギに混じってまん丸いのがいました。目の前に残った干潟にやってきてくれました。

2016年9月23日 (金)

一羽イソシギ

20160911070 K-1 + A★1200mmF8 ED

メダイチドリらしきのが1羽は居るなと思っていたら、潮に追われてバラバラと沖の草地から飛んできました。6羽飛んできたのでとりあえず撮って確認。オオメダイチドリではないようです。
20160911071 2羽はシロチドリでした。時折白っぽく見えてたやつです。
20160911069 そして一羽、シギの嘴をしたこの子、お腹が黒くなかったらいまだに首をひねってたかも。

2015年5月14日 (木)

だるまさんが並んだ

20150507e1d4104 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この日、目立っていたのは赤いメダイチドリとトウネン、干潟で丸く休む姿はまるで大だるまと小だるまの様でした。
20150507e1d4010 もちろん飛んだり
20150507e1d4012 歩いたりもしてくれました。

2014年5月22日 (木)

満潮下がりの一文字(2)

20140511k52s059 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
その他に居たのは夏羽の腹黒ハマシギと、それに混ざって酔い顔のトウネン。
20140511k52s023 ダイゼンと石柱を鋏んで、これも赤いメダイチドリ。
20140511k52s051 さらにはキアシシギが一羽。
20140511e1d4066 その内干潟が現れるにつれて、ダイゼンが2波に分かれて飛び立ち、
20140511e1d4071 ハマシギがどどっと去って、メダイチドリのみが時間切れまで動きませんでした。

2014年5月14日 (水)

計算違い

20140428e1d40602 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
昨年は大砲を下まで牽いていった結果機動力がなく、干潟を隅々まで見れず、いくつかのライファーを見逃してしまったので、今年は軽装+フィールドスコープで臨んだのでしたが...潮と天気が違うと機動力を発揮するまもなく潮が動きました。トウネン類のチェックも中途半端でした。それでも飛んでるところを撮って判別できれば...お陰でソリハシシギを見つけました。

20140428k52s179 再び陸ができて降りてきたトウネンは少しもじっとせず、砲台からでは手に余りました。メダイチドリはちっとも動かないのですけどね。まだ2年目、ここの潮には慣れが必要です。

2014年5月 5日 (月)

アラカルト

20140428e1d4123 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この日の探鳥会は大忙し、メインディッシュをゆっくり食べる暇もなく移動、出てくる順番が逆だけれどアラカルト、キョウジョシギが岩場の上に。
20140428e1d4126 赤くなったメダイチドリの姿もありました。
20140428e1d4146 すっかり夏羽のハマシギたちもやって来ました。三ツ星レストランでした。

2013年9月18日 (水)

ちらほら

201309081d4166 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
K浜の観察舎に場所を移すも、干潟には鳥の姿なし。でもその内ちらほら飛んできました。まずは奥のほうでメダイチドリ、干潟に降りると豆粒ほどの距離でした。
201309081d4175 それからアオアシシギの一団も。
201309081d4172 次々と降り立ちましたが中位遠くの干潟でした。

2013年6月 9日 (日)

私も忘れちゃイヤよ

201304291d4004 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
干潟で休むハマシギの中にひときわ目立つ赤いメダイチドリ。この近さで見るのは初めてです。
201304291d4010 ざっと見て2羽直ぐに見つけました。でも写真を見ると、その間に雌が居たんですね。「こら、私を忘れるんじゃねーよ」と叫んでいたようなんですね。
201304291d4005 その声が全く聞こえてませんでした。1枚もピント合わせていなくてごめんなさい。

2010年9月27日 (月)

キアシシギのベッド

K20_3356 キアシシギ  K20D+ A★1200mmF8 ED

 翌朝の一文字には昨夕見た中型シギの姿はもう有りませんでした。キアシシギが打ち上げられた木屑のベットから今起きたかのように姿を現しました。この夏の水害の影響でしょうか?一文字には春には無かったごみがやたら打ち上げられていました。

K20_3299  ダイゼンには夏羽の個体がまだ居ました。メダイチドリの姿も見えました。

K20_3622  ダイゼンと同じくらいのシギが居ました、オバシギではないかと思われます。他にはシロチドリ、ハマシギ、ソリハシシギなどを確認できました。ハマシギはまだ少数で、そこが春とは違うところですね。

 

2010年5月 8日 (土)

釣り人様様

20100429049 シギチの群れ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM  + EF2XII

 釣り人がやって来て防波堤の下から第一投目を投げた瞬間、一文字のシギ・チドリがいっせいに飛び立ってしまいました。

Img_0276  チュウシャクシギ・ホウロクシギ 同トリミング

 チュウシャクシギの群れん混じってホウロクシギも飛んでいきます。前を飛ぶのはオバシギでしょうか。シギたちは飛んでいってしまいました。

Img_0334  でもしばらくすると戻ってきました。まだ干潟が出ておらず留まる所がなかったのでしょう。一文字の上をぐるぐると飛びまわります。オオソリハシシギも見えました。

Img_0341  おや、チュウシャクシギが着地しようとするところにメダイチドリが居ます。これには全く気が付きませんでした。いったい何時の間に現れたやら。気が付けば1200mmの方でも撮れたのに。何はともあれメダイチドリの赤、初撮りです。飛ばしてくれた釣り人に感謝。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー