• 20191124k32008
  • 20191124k32011
  • 20191124k32002
  • 20191124k32003
  • 20191117e72045
  • 20191117e72047
  • 20191117e72045
  • 20191117k32072
  • 20191117e72042
  • 20191117e1d4001

2018年7月 8日 (日)

森林の

20180630k32064 開けた場所で見るのとは違い森の中で出会ったムクドリには神秘さを感じました。気のせいでしょうが。

2018年7月 6日 (金)

草原の

20180626k32050 草原で見かけたムクドリ、一応お花からみ。小さな群れが集団で採食していました。

20180626k32052 中には尾っぽの短いお子ちゃまも居ました。この季節よく見る口径でした。

2018年4月12日 (木)

分担

20180407k32029 ムクドリの嘴が鮮やかになりました。
20180407k32031

雄はこちらを警戒しているようですが雌は気にせずずっと食べていました。

2017年5月23日 (火)

足元

20170520k1004 名物の彫刻の足元で、ムクドリが群れてました。

2016年12月25日 (日)

ゼロ

20161218k1076 50羽以上のムクドリの群れ、一羽一羽顔を検めましたが、ザ、ムクドリのみ。

20161218k1080 文句あんのか?ありません

2016年1月 7日 (木)

花より団子

20151230k52s009 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

シロハラが夕日を愛でてる横で、ムクドリが飛び回っていました。
20151230k52s012 生きていくには食わねばならぬ。夕餉の時間でした。

2015年12月19日 (土)

児童館

20151202k52s087 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

児童館に段ボールを持っていったら、電線にムクドリの群れ。白頭探しましたが、白顔のみ、そう甘くはないのでした。

2015年6月 9日 (火)

僕らも

20150606e1d4034 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
親ツバメは何度も何度も子ツバメに食べ物を運んでいました。
20150606e1d4014 それを見て“僕も!”と思ったのか、スズメが何度かやって来ました。でもスズメ意外にもツバメよりも大きく、親ツバメは全く相手にしませんでした。
20150606e1d4013 真上の電線にムクドリもやってきて、騒がしく鳴いてましたが、相手にされませんでした。。

2014年6月29日 (日)

うちのお父さん

20140623eid4048 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
電線にムクドリが3羽留まっていました。成鳥が2羽、幼鳥が1羽です。
20140623eid4049 きっと親子なんだろうな、巣立った子と来春まで過ごすのでしょうか。
20140623eid4050 先頭の一羽がここの「うちのお父さん」だな、きっと。

2014年2月16日 (日)

未だ熟せず?

201402091d4064 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
ムクドリの小さな群れ、白いのが混じってなくて残念。
201402091d4068 実を食べるかと思いきや、熟れ具合を確かめるような仕草をして、
201402091d4070 飛んでいってしまいました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴジュウカラ(シロハラ) サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー