• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

2016年9月26日 (月)

コムク色の空

20160919e1d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

3連休の最後の日、ため息をつきながら鉛色の空を眺めていると、小鳥の団体がどこからかやってきて、近くの電柱に留まった。コムクドリ約70羽が、電柱に電線に満艦飾。
20160919e1d4009 これからは鉛色の空をコムク色の空と呼ぶことにした。

2016年9月16日 (金)

大群

20160911026 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM

鳴き声も立てずに飛び去る鳥の群れ、コムクドリの群れでした。この秋は近くに留まってくれず、数が多かった割に残念。

2015年5月13日 (水)

こんなところで

20150507e5d2157 連休過ぎてから"聖地"へ行って来ました。朝早く着き過ぎたので干潟はまだこんな感じ。しかも曇り時々小雨のバッドなコンディション。
20150507e1d4006 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
K浜で探し回ったコムクドリの群れ、結局見つけられませんでしたが、"聖地
"裏の公園で巡りあえました。道沿いの桜の木に10羽ほどでたかっていました。
20150507e1d4004 こちらは雄の側で囀りを聴く雌の姿。帰るときにはもう群れは居なかったので、結果オーライですかね。

2013年5月19日 (日)

食事に夢中

20130501e1d4053 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
コムクの群れが先へと飛んだので、遠くの方をみていたら、真横に一羽残っていました。ちょうどお食事に夢中だったようです。この朝は30羽以上の群れが豊富なグミの実を朝ごはんにしていました。
20130501e1d4055 手前に障害物があったのでそっと身をずらしたらすっきりしました。この近さのコムクは盛岡以来だと思います。

2012年9月30日 (日)

コムクが覗いてる

201209181d4008 桜の木の陰に白っぽい鳥がちらほら、探してたら枝の陰から覗いていました。
201209181d4010 あの美しい緑の羽根をちらっとだけ見せてくれましたが、見事な枝被り。
201209181d4012 こちらは少し地味な雌のコムクドリ。
201209181d4015 20羽くらいの群れで動いていました。桜の木にはこのほかに、エゾビタキ、コサメビタキ、メジロ、ホオジロが隠れていました。

2011年9月17日 (土)

ハッピーバースディ

20110915bd007 コゲラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 誕生日をたくさんの鳥たちに祝ってもらいました。朝一は珍しいコゲラのツーショット。
20110915bd091 サンショウクイ
 それを皮切りにたくさんのサンショウクイがやってきてくれました。
20110915bd066  こちらをじっと見つめてくれるもの
20110915bd014  プレゼントを持ってきてくれるもの
20110915bd090  お辞儀だけをしてくれるもの
20110915bd023  こちらは最敬礼です、かたじけない。
20110915bd092  柱の陰からそっとささやくもの
20110915bd034  コムクドリはそっけなく
20110915bd047  首をかしげてフォトジェニック・ポーズ執ってくれるもの
20110915bd059  大声で「おめでとー」と言ってくれるもの
 今年一番のサンショウクイでした。本命は来なかったけれど早起きしてよかった。

2010年9月14日 (火)

6時半から45分の出来事

Img_0361 6時35分 コムクドリがオオルリご用達の木に留まりました。この朝はテッペンが見通せる場所に位置取りしといた甲斐がありました。2枚撮ったところで、コムクドリ、近いよって叫んだら飛んで行ってしまいました。

Img_0391 6時40分 コムクドリの群れが土曜日に留まったのと同じ木に入りました。さっき近くに留まった個体もいるのかもしれません。コムクドリの他にサンショウクイが混ざっていて枝の上の方に留まっていましたが直ぐに飛んで行ってしまいました。

Img_0413 6時45分 ヤマガラが2羽賑やかにやってきました。オオルリご用達の木はこの朝は大人気です。人数が少ないことも一因でしょうね。

2010年9月 6日 (月)

秋の気配

Img_9793 コムクドリ EOS40D + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII トリミング

 日中はまだまだ暑い日差しが照りつけますが朝夕はだいぶ涼しくなりました。R山にもやっと秋の気配が。早朝でかけると数名のご同類がもう来ていました。みんなあの鳥を見に来ているのです。が、今日は飛び立ちませんでした。詳しい方の解説によると風が強すぎるとか。少し遠くの木にコムクドリの群れが留まっていました。雄のとぼけた表情がみえます。

Img_9772  その中に本命さんが混ざっているとのことでしたが、僕の位置からはよく判りませんでした。きっとアングル悪くて見れなかったのだろうと思っていましたが、パソコンで見ると本命さんらしいお顔が写っていました。

Img_9824  そのうち群れが飛び立ちました。思ったより多かったので一同、こんなに居たのかと驚きました。飛び立った中に本命さんは見つかりませんでした。本命さんって、何のことかお分かりになりました?

2009年7月22日 (水)

この日一番!

16komukudori01 コムクドリ ♂ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 今度はコムクドリの雄がやって来ました。まずは電線に留まりました。虫をたくさん咥えています。ノートリミングです。実に近いです。もう感動でうるうるです

16komukudori02  先ほどの巣穴のある枝に飛び移ると、穴の中に顔をつこっみました。可愛い声が一段と賑やかになります。羽の光沢も鮮やかに見えました。

16komukudori03

2009年7月21日 (火)

聞きなれぬ声の主

14komukudori00 コムクドリ ♀ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 新幹線と川の間の道を歩いていたら、この日の朝、公園で聞いたのと同じ聞きなれない声がしました。コムクドリを見たときの声です。川沿いの巨木を見上げるとコムクドリの雌がすぐ近くに止まっていました。コムクドリの足元からその声がします。

14komukudori01  コムクドリは下を覗いて細い枝に留まって上を見上げると、木の枝の裏側に飛び移り、小さく開いた丸い穴に顔を突っ込みました。 小さな可愛い声が穴から聞こえました。

14komukudori02 14komukudori03

14komukudori04  コムクドリの雛の声はムクドリとは全く違うことを初めて知りました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー