• 20190316e72172
  • 20190316e72177
  • 2019030332071
  • 2019030332068
  • 2019030332065
  • 2019030332040
  • 2019030332008
  • 2019030332030
  • 2019030232081
  • 2019030232076

2013年3月27日 (水)

花やっちゃん

201303241d4012 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
今年も逢えましたヤツガシラ。でも物凄く遠かった。ハイタカが飛び回っている所為か、神経質でぴりぴりしている感じ。それでも一輪だけ咲いていた花に寄ってくれました。
201303241d4015 その後砂浴びを少しだけ。以前T公園に現れた時のようにフレンドリーにはなれませんでした。冠羽を立てるところは見せてもらえませんでした。

2012年3月24日 (土)

渡り鳥警戒警報発令中

20120303e5d316 ヤツガシラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 今年もヤツガシラが民家の庭先をいきなり訪問してくる季節がやって来ました。このお宅でも布団干しか何かに使っているような竹ざおにヤツガシラが留まっていました。
20120303e5d317  前を向いていたヤツガシラ、後を向いてきょろきょろ。
20120303e5d318  その後、下を向きました、食べ物になる虫が蠢いたのかな?
20120303e5d319  それからこちらを向きました。ヤツガシラも警戒しているようですが、我々もこの季節、何時どんなところに渡り鳥が現れてもいいように警戒を怠ってはなりません。楽しい季節が始まりました。

2009年11月24日 (火)

もひとつおまけに

Yatugasira041 ヤツガシラ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 一旦は車に戻ったのですが、再び400mmを持ってヤツガシラのところに行きました。するとまた動き始めていて下のほうへ行きそうな雰囲気なので先回りして待っていました。シジュウカラが桜の木に留まっていたのでレンズを向けようとしたその時、ヤツガシラが飛んできて枝に留まりました。聞いていたとおり止った直後に冠を立てましたが、丁度枝と枝の間でした。

Yatugasira042  それからすぐにまた歩道に下りたヤツガシラは、溜まった砂の上に寝そべると砂浴びを始めました。

Yatugasira043  時々向きを変えながら何度も何度も砂浴びをしました。

Yatugasira048  ヤツガシラの顔の辺りに、砂煙が立っていました。ここで丁度玉切れとなりました。

2009年11月23日 (月)

カーニバル

Yatugasira064 ヤツガシラ K20D+ A★1200mmF8 ED

 周りを囲んでいた人々が一人帰り、二人帰りして少なくなったころあいを見計らって今度は長く冠羽を立ててくれました。前から見るとこんな感じです。

Yatugasira072  それからゆっくり左を向きました。なんだかサンバのリズムが聞こえてきそうです。

Yatugasira073  僕は思わずありがとうといって十分満足したので帰る事にしました。しかしあんまり冠ばかり見ていたので翼や尾羽の動きを見忘れてたようです。これは次回の課題ですね。

2009年11月22日 (日)

休憩時間

Yatugasira082 ヤツガシラ  K20D+ A★1200mmF8 ED

 満腹になったヤツガシラは歩道の縁石の上に留まり動かなくなってしまいました。のんびり日向ぼっこという感じです。

Yatugasira084  時々きょろきょろして辺りを見回すのは、周りを取り囲んでいる僕らを警戒しているからでしょうか。人が周りにいるので動きたくても動けない状況だと説明する方も居られました。

Yatugasira086  しかし、眠たくなったりもするようです。時々強い風が吹いたりもするので木の枝には留まらないのではと考えられます。それから羽繕いを始めたので21コマで連写して撮った画像のチェックをしていたら突然始まりました。

Yatugasira090  あわててレリーズボタンを押しましたが、肝心の頭がフレームアウトしてしまいました。こちらが油断しているのを察知されたようです。

2009年11月21日 (土)

ペンタの味わい

Yatugasira052 ヤツガシラ  K20D+ A★1200mmF8 ED

 大急ぎで1200mmを持って戻ると、ヤツガシラはまだ採餌していました。今度は緑色の芋虫を咥えています。

Yatugasira053_2  悲しいことに3コマ/秒ではマシュマロキャッチを写せませんでした。21コマ連写モードを使ったら面白かったかもしれません。

Yatugasira054  今回は雅で現像してみました。風景や鮮やかではどぎつくなりすぎましたので。

2009年11月20日 (金)

はちあわせ

Yatugasira028 ヤツガシラ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 ヤツガシラが遠ざかるので、車に1200mmを取りに戻ろうと思い、植え込みの裏を抜けたところでどこに移動したのか確認するために近づくと、なんとすぐ近くに居ました。これで飛ばしてしまっていたら大顰蹙を買ったところですが、ヤツガシラは逃げませんでした。

Yatugasira029  すると僕に対しての威嚇なのかサービスなのか、体を低くして冠を立て始めました。

Yatugasira033_2  さらにすくっと立ち上がって、ずっと見たかったヤツガシラの八冠が開きました。これでもう思い残すことは無いと、心置きなく1200mmを取りに戻りました。

2009年11月19日 (木)

マシュマロキャッチ

Yatugasira017 ヤツガシラ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 次にやってきたのは色づいた葉っぱが散らばっている桜の木の根元です。何か見つけたようです。

Yatugasira019  蛾の幼虫か何か、少し黄緑がかった芋虫のようなものを咥えています。

Yatugasira020  嘴で丸めるとポイッと放り投げて食べてしまいました。この食べ方は何べん見ても上手ですね。

2009年11月18日 (水)

八冠王

Yatugasira006 ヤツガシラ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 昔住んでいた場所の近くの公園にヤツガシラが来ているという情報が有りました。それから風邪ひいたり雨降ったり寒くなったりして、流石にもう居ないだろうとあきらめていたのですが、まだ居るというのを聞いて、おっとり刀で訪ねてみました。狙いはまだ撮ったこと無い冠羽を立てたところです。数人に取り囲まれたヤツガシラはしきりに餌を食べていました。桜の林には何かの幼虫がたくさん居るようです。ずっと追っていたら少しだけ冠を立てかけました。

Yatugasira007  嘴を開いて何かを咥えました。

Yatugasira010  茶色い虫の様なものを咥えています。前にアカショウビンの顎鬚に驚きましたが、ヤツガシラにも顎鬚があることに気づきました。

2009年4月25日 (土)

去年の見島より②ヤツガシラ

Misima2008001_2 ヤツガシラ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング 

 見島で知り合ったTさんと一緒に回った3日目の八町八反、Tさんが早起きをしてヤツガシラがジーコンポの方へ飛んでいったというので、朝食後に探しに行きました。ですがヤツガシラは出ず、海岸でノゴマも出ず、戻りかけたところに向こうから飛んできたのがヤツガシラでした

Misima2008004   最初に降り立ったところにそっと近づいてカメラを構えると、近くの木に留まっていたカラスが鳴いて逃げられてしまったけど、すぐ後ろに舞い降りていて、ミミズを捕まえて上手に丸めて一口で食べてしまいました。今年も会えているのでしょうか。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー