• 20190506k32016
  • 20190506k32021
  • 20190506k32013
  • 20190506k32001
  • 20190502ip5s2005
  • 20190503ip5s2006
  • 20190503ip5s2007
  • 20190502e1d4003
  • 20190502e1d4008
  • 20190430e1d4098

2019年5月15日 (水)

令和最初の日~ライファーならず

20190430e1d4081
令和最初の朝は、何カ所かのポイントをMさんたちやYさんに案内してもらうも鳥が少ない。それでもなんとかツメナガセキレイを出してもらえました。前の日はまだ多かったらしいのですが、天候が回復したので渡って行っているようです。
20190430e1d4090
ツメナガセキレイは原っぱを移動しながら、草の実を食べていました。真黄っ黄のキマユや、見たことの無いキタツメナガセキレイを見たかったけれどこの瞬間が撮れたので良しとしよう。ありがとうございました。

2012年3月31日 (土)

もう一羽のツメナガセキレイ

20120320e5d056 ツメナガセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 本家ツメナガセキレイは枝にも留まってくれました。本当に愛想良い個体だったんだけれど、やっぱり黄色味が少ないと物足りません。
20120320e5d036  同じ場所にもっと黄色いツメナガセキレイも居ました。こちらはマミジロツメナガセキレイでした。体全体が黄色いけれど、こちらも尻尾が短く幼鳥ぽい個体でした。
20120320e5d041  残念ながら、あまりフォトジェニックな場所には留まってくれませんでした。

2012年3月25日 (日)

立て、飛べ、行け

20120320e5d001 ツメナガセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 立て、光みなぎるこの丘に♪~
光よりも臭気がみなぎる丘にツメナガセキレイが立っていました。黄眉の本家ツメナガセキレイは初めてです。顔のところとお腹のところが少しだけ黄色くなっていました。尾もまだまだ短いようです。人間なら高校生くらいでしょうか。
20120320e5d003  飛べ、強く羽ばたけ大空を♪~
シマアジが焼いた葦原に立ち寄ってくれました。岸辺近くまで寄ってきて呉れましたが、通行人があり飛び立ってしまいました。思わずその人の背中に、Good jobの言葉をかけてしまいました。常連鴨の飛ぶシーンよりも、滅多に逢えない鴨の飛ぶ姿のほうが絶対価値が高いからね。
20120320e5d002  行け、広き世界の国々へ
♪~
珍しくオオハムが小さな漁港に入ってくれました。こんな距離でオオハムが見れるなんてラッキーでした。でも何時までもここに居てはいけません。早く大海原に戻って立派な生殖羽に変わって逞しく成長して欲しいものです。

2009年4月28日 (火)

去年の見島より⑤ツメナガセキレイ

Misima2008005ツメナガセキレイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 3日目の夕方、宿に戻るため八町八反の入り口付近の畑のそばを通りました。畑にキセキレイが降りていたので、ちょっと写真でも撮らせてもらおうかとカメラを向けたその時、何鳥かが飛んできてキセキレイを追い払ってしまいました。「何すんだこの野郎」とむかつきつつやってきた鳥を見ると、ツメナガセキレイではありませんかヽ(´▽`)/。ツメナガセキレイは大昔に佐土原の養鰻池で最初に出会った時、ピンぼけの写真しか撮れず、証拠写真にもならなかった鳥です。2004年の見島ではるか遠くに居るのを見たことになってもいます。もう一度再会したかった、というか見島に来る最大の目標の1つでした。

Misima2008007_2  畑に降り立ったツメナガセキレイはその後もっと撮りやすい場所に移動してくれました。心が通じたと勝手に思っています。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー