• 20171015k1015
  • 20171015k1007
  • 20171015k1003
  • 20171015k1002
  • 20171015k1012
  • 20171015k1010
  • 20171009k1038
  • 20171009k1034
  • 20171009ead4051
  • 20171009ead4046

リハビリ

しばらく使ってなかったら、撮り方忘れている?カメラの設定も今一覚えていない。そこで飛行訓練中のコシアカツバメにリハビリに付き合っても20170730k1001 らいました。

20170730k1002 背景有はことごとく没、かろうじてピントは合ってたものの画角が...

お遊び

20170429k1097 調査終了!フリータイムということで、コシアカツバメと遊びました。数うちゃ当たるの精神で。

20170429k1105 電線留まりの飛び立ち狙いもフレームオーバー、遊ばれてしまいました。

ツバメ団地

20160521fz040 FZ1000/4K

今年も集団営巣しているようです。盛んに橋の下からコシアカツバメが出たり入ったりしていました。どんな風に巣が出来ているのか見てみたいけれど、物理的に難しい。

F14

20160424e1d4049 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

昨年見つけたコシアカツバメの集団営巣地、今年も飛び交っていました。
20160424e1d4050 このポーズを見るとF14トムキャットを連想せずにおれません。

20150620k52s014 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM
近くの橋の下に集団営巣しているようで、たくさんのコシアカツバメが出入りしていました。意外にもこの組み合わせは背景に引っ張られることも少なく、飛んでるツバメに合ってくれるのでした。
20150620k52s013 ペンタックスのAFはあきらめていましたが、中々どうしてシチュエーションによっては、キャノンが不得手な絵が撮れるのでした。チープなレンズにもかかわらず実力も有してました。

20150620k52s001 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM
鳶に飽きたのでしばらくは干潟観察、トビハゼやカニと戯れました。レンズが軽いので楽で楽しいですね。
20150620k52s003 すると近くにカニが、近接撮影は328なら腕が震えて大変なのですが、軽々です。手振れ補正も効いているのでしょう。
20150620k52s010 すると対岸から賑やかな声、何が居るんだと行ってみると、久々間近に見るコシアカツバメ、2羽で楽しくおしゃべりしていました。やっぱり憑いている?

摩擦熱

20140524e1d4007 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
声は聞かせども姿は見せず、山の天辺で本命鳥には振られましたが、真っ赤なコシアカツバメが遊んでくれました。でも速過ぎで追いつけない。上面は翼も含めて赤みがかっていました。
20140524e1d4008 本当にコシアカ?、下面を見ると縦筋が入っているので間違いないとは思いますが、こちらも結構赤い。もしかしてあまりのスピードに摩擦熱で発熱し赤色化しているのかも、まさかね。冗談はともかくコシアカツバメ久々に見ました。普通のツバメも飛び交っていたので、見落としているのでしょう。

天翔る

Amakakeru002 イワツバメ EOS5DMKII + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 大山の駐車場の上空をツバメが飛んでいました。なんとか1枚撮れました。イワツバメでした。飛んでいてもかわいいですね。

Amakakeru003 コシアカツバメ 

 神西湖の畔を飛んでいたのはコシアカツバメでした。口に何か咥えています。前泊地の宿にもコシアカツバメが居ました。最近あまり見かけなくなりましたが、山陰にはまだまだたくさん居るようです。

Amakakeru004 ツバメ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM  + EF2XII トリミング 

 大瀬川天下橋周辺にもツバメが飛んでいました。ただツバメでした。ここいらの地名、天下と書いてあもりと読みます、天下りではありません

Amakakeru001 アマツバメ EOS5DMKII + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

そして、馬ヶ背ではアマツバメです。速過ぎて顔を捉えることができませんでした。他のに比べると翼が長くて細いのがよく判りました。 

絶滅危惧種?

Koshiaka01_2 コシアカツバメの巣 EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 最近スズメが少なくなったと言われておりますが、コシアカツバメはもっと見かけなくなりました。舗装化が進み巣材の泥が少なくなったことも原因の一つかもしれません。昨年の夏、実家の近くでコシアカツバメの立派な巣を見つけました。近くの電線には若鶏なのでしょうか、お腹の色が図鑑ほど茶色でないコシアカツバメが鳴いておりました。

Koshiaka02_2 コシアカツバメ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 今年のGWに、もうコシアカツバメ、来てるかな?と思いその場所を尋ねると、家が取り壊されて更地になっていました。ここに巣をかけていた鳥たちは途方にくれているのではないでしょうか?どこかいい場所があればいいのですが。なぜかツバメ類は僕の実家には営巣しないのですけど、言葉が通じるならうちにおいでよと伝えてあげたい。

Koshiaka03_2  驚いたことに、最近買った「日本の野鳥図鑑」(ナツメ社2008年)にはコシアカツバメが載っていないんです。もはやなじみの薄い鳥になってしまったのでしょうか。そういえばヤクルト球団のユニホームからも縦じま消えましたね。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Brewer's Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Heermann's gull | House Sparrow | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Northern Mockingbird | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Starling | Western gull | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トモエガモ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 夜空 | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 雑ガモ | 飼鳥

フォト

カテゴリー