• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2013年8月17日 (土)

ポチャン!

201307041d4104 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
暑いですね。涼んでいってください。

2013年8月14日 (水)

チャプン!

201307021d4098 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
暑いですね。涼んでいってください。

2013年8月12日 (月)

森のクリオネ

201307041d4105 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
サンコウチョウは水浴びの前によくホバリングをするのです。これがまた挑発的な行動なんですがなかなか捉えることが出来ません。でも何度かチャレンジしてたら、ファインダーの中でスッと結像しました。クリオネが氷の妖精なら、サンコウチョウは森の妖精です。間違いなく。

2013年7月25日 (木)

煩悩

20107041d4074 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
この森に溢れているのはアカショウビンだけではない。サンコウチョウも溢れているのだ。なにせMFでは枝かぶりでも感激ものなのだが、此処では枝被りなし!も夢ではないのだ。
20107041d4075 でも簡単に撮れてしまうので直に煩悩が頭を擡げてくるのだった。
20107041d4078 で、水浴びのシーンを撮ろうとするのだがチャンスはほんの一瞬。アカショウビンよりも難しい。
20107041d4079 龍のように尾っぽをくねらせて昇る姿がまたいいんです。ぼけぼけですが、まあ雰囲気だけでも伝わればいいかな

2013年5月30日 (木)

幸先良好

20130505e5d2023 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
今年もサンコウチョウ・チャレンジの季節がやって来ました。ここ数年声は聞けども姿はチラッとで撮れはせず状態。さてそろそろ着いた頃かとお山に行ってみると果たして囀りが聞こえます。なんでも今季初日だったとか。でもそれからいくら待っても姿どころか声もせず。そこへ強力な助っ人・小さな鳥博士が合流して俄然状況好転。彼の若くて純粋な目や耳は大人と違って、簡単に声から位置を、姿を捉えます。でもでもカメラが捉えたのはボケボケのこの姿。うーん、いつかパシッと撮ってやる!
20130505e5d2024 枝に留まりました。嘴の先から尾っぽまでなんとか写せました。
20130505e5d2026 アップにするとブルーリングがかろうじて、顔の前の小枝が無かったらと思わずには居られません。
20130505e5d2027 それから魚のように体をくねらせて飛んで行きました。何はともあれ今年は初日から見れて撮れて、幸先良い出だしです。

2009年6月 6日 (土)

第二次暁作戦

Sankoutyou01 サンコウチョウ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 本日早朝、第二次暁作戦を敢行しました。作戦場所は第一次のR山では声すら聞けなかったので、S山に変更しました。先日の雨の日は結構声が聞こえたのですが、本日はほとんどしません。それでも遠くのほうから2回声が聞こえたので気長に待ってみることにしました。そして7時20分ごろ、近くで声がしました。遠くから近づいて来たわけではなく突然でした。見ると頭上の枝に長い尻尾が見えます。慌てて連写したのですが、ピンボケのシルエットばかり。そしてすぐに見失ってしまいました。森はまた鎮まりかえりましたが、このままでは帰れないと思い、先日よく鳴いていた辺りへ移動しましたがやはり声はしません。また、先ほど見た木の下でしばらく待ってみることにしました。すると、背後から声がします。どこだどこだと探していたら近づいてきて、また頭の上から声が降ってきました。またもや逆光、真下からの悪条件でしたが、先ほどよりも1時間たった分だけ明るく、とりあえず写真に収めることができました。

Sankoutyou04 アイリング

 ほとんど真下からでしたのでアイリングが一番判るのはこの写真でした。見事に枝が重なっていて、道理でAFが迷うはずです。

Sankoutyou03 尻尾

 顔を隠している枝が無ければバッチリだったのにというのがこの写真。ファインダーで顔見えんけど尻尾はよう見えると思いながら撮りました。この後、留まったあたりの枝を横から狙える位置で、少し粘ったのですが現れませんでした。第三次作戦の必要ありといったところです。ちなみに感度は3200でノイズリダクションを現像時にかけています。

2009年5月19日 (火)

雨の日はしょうがない

Sankotyou2008003 サンコウチョウ(幼鳥)  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 雨の中S山に行ってきました。目的はあの鳥が今年も来ているか確認することです。登山道を入るとすぐに声が聞こえてきました。誰でも一度聞けば絶対覚えられるあの歌声です。でも姿は全く見えませんでした。晴れていても暗い森の中、雨粒で揺れる葉っぱが囮となって、野鳥の姿は全くわかりませんでした。去年の夏に会ったあの幼鳥は今年この森にやってこれたのでしょうか。再会してもわからんでしょうけどね。

090517009 ヤマガラ  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 雨脚が大きくなったので東屋で雨宿りをしていたら近くで大きな声がしました。ヤマガラです。手品を一つ見せてくれてまた森の中へ消えていきました。首から上はいったいどこに消えたのでしょうか?

090517010

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー