• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

2017年12月13日 (水)

ぶらぶら

20171202e1d4004 葦が微妙にぶらぶらしてたので、双眼鏡を向けるとツリスガラ。

20171202e1d4001 広い葦原の片隅に偶々来てたようです。この後奥に行って観えなくなりました。

2016年2月15日 (月)

非日常鳥景

20160207e1d4233 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

そんな嘆きが聞こえたか、すれ違ったMさんに窓越しに教えてもらいました。あの葦原に久々に賑やかな鳥の声。ツリスガラの団体さんご到着!
20160207e1d4262 ガマの穂の食い散らかしぶりからすると少し前からやってきてたのでしょうね。

2015年5月 7日 (木)

冬と夏の間に

20150425e1d4094 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
南にまだまだツリスガラ居るよということで、そのうちまたこっちに現れるんじゃないかと思っていたら、やっぱり居ましたツリスガラ!
20150425e1d4095 冬のなごりの枯れ尾花、逆光気味の初夏の日差しが眩しい午後でした。

2015年2月10日 (火)

小鳥ランド

20150131e1d4031 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
この日もツリスガラに出会えました。しかも車から撮れる良い位置に!皮を剥いで中に居る虫を上手に取り出していました。
20150131e1d4051 しかも一眼でたまたまですが飛び立ちシーンが撮れました。とりあえず小鳥ランドとして細々営業中。

2015年2月 2日 (月)

イメチェン

2015025e1d4073 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
赤い鳥を探していたらツリスガラを見つけてしまいました。
2015025e1d4075 こっち向いた瞬間第4弾、少し背伸びしてこちらを見ています。風が強くなって葦の揺れが大きくなってしまい、居なくなるかなと思ったら、
2015025e1d4083 木の枝に移りました。此処なら揺れません。カマキリの卵のようなものをつくじっていました。
2015025e1d4088 小枝に留まるツリスガラを見たのは初めてです。ツリスガラの違う一面を見てしまった。

2014年4月10日 (木)

スケルトン

20140323e1d4068 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
レジェンドが結婚してたってニュースびっくりしましたね。まぁ匂わせるような発言してたかな、今にして思えば。
20140323e1d4070 ジャンプやスケートも面白かったですが、深夜に見たスケルトンもよかったです。で、
20140323e1d4071 飛び出したツリスガラ、エアースケルトンの練習中みたいです。

2014年4月 4日 (金)

邂逅

20140323e1d4045 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
車の中から葦原の主が出てこないかなぁと待っていたら、思いがけずツリスガラがやって来ました。今年はもうあきらめていたので大喜びです。頭が白っぽくなっていましたが、朝焼けのため写真では良く判りません。
20140323e1d4051 ツリスガラは2羽で旅をしてるようです。オオジュリンと同じように葦の茎を突いていましたが、くちばしが細いので錐で穴を空ける見たいです。
20140323e1d4036 ほんのひと時でしたが、物凄い数の画像を残して去っていきました。

2014年3月11日 (火)

在庫より

20140112k52s058 EOS1Dmk4 + EF100-400mm  IS USM
デジタルになって初めてツリスガラに逢えたのですが、328は入院中、遠くの葦原の中でした。チフチャフ君のお陰でじっくり撮り直すこともできず、お蔵入りのはずだったのですが....

2010年7月 2日 (金)

セピア色がお似合い

Turisugara048 カワラヒワ EOS7 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 2003年冬

 昔は自然観察公園に行くと園外も歩いてました。その頃の写真です。写した場所と季節からするとオオカワラヒワだったかもしれませんね。

Turisugara051ツリスガラ 同

 あの頃は、周りの干拓地もまだ荒地だったので、いろいろ見ることができました。ツリスガラを駐車場の南側の干拓地で見つけました。ガマの穂のようなものを突いて餌を探しています。

Turisugara046 同トリミング

 トリミングしたら大昔に諫早で撮ったのよりも少し写りがいい気がします。道具の違いよりもフィルムの進歩が大きく寄与しているのではないでしょうか。しかしこれもトレビ400ですね。フィルム代に窮してた当時がしのばれます。

Turisugara050  こちらは雌のツリスガラと思われます。セピア色の景色にツリスガラはよく似合います。

2009年2月12日 (木)

数打ちゃ当たるではいけない。

Turisugara_2

ツリスガラ ME-super + Σ600mmF8ミラー 1983年諫早にて

 思えば、数打ちゃ当たるは野鳥撮影始めた頃からのスタイルだった。ただフィルム代とモードラがないから出来なかっただけのこと。本当は連写すればいいものではなくて、鳥が向こうから近づいてきてくれた時にちゃんと撮れる成功率が高い。
 このツリスガラは、反対側で農作業していたおばさんに追われて僕の前に出てきてくれた時のもの。ツリスガラには数回遭遇しているがこんな近くまで来てくれたことはない。
 サッカーのゴールも向こうから近づいてきてくれたらうれしいのに。

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー