• 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031
  • 20190609k32011
  • 20190609k32012
  • 20190609k32008
  • 20190609k32009
  • 20190609k32001
  • 20190609k32004

2019年3月26日 (火)

20190317k32023
旅立つ前のアオジは食欲旺盛です。貝までも食べてしまうのです!
20190317k32026
この子は食べるのが忙し過ぎて、愛想よすぎでした。

2019年1月24日 (木)

殿様バッタ

アオジを足元の草むらから飛ばすと、羽音も聞こえて、子供の頃なかなか捕まえられなかった殿様バッタを思い出します。色合いも何となく似て20190114k32008 るし。この日は餌探しに夢中で開けた場所に居たので飛ばす前に見つけました。


2018年4月 9日 (月)

新緑

20180407k32002 新緑の中でアオジが目立っていました。もうすぐ旅立つのでしょうが、名残惜しいようです。

2018年2月18日 (日)

雪アオジ

201802123ii016 この日は遠出をしようかと思っていたのですが、朝起きるとまたまた雪景色。いつもの公園でアオジに遊んでもらいました。

201802123ii031 クロジやルリビタキにはこの日も会えず。今年はやっぱりここまで降りて来てないのかも。

2018年2月 1日 (木)

馴れアオジ

20180120k32030 K浜アオジ、かなり馴れているようで進むのを躊躇させられました。

2018年1月23日 (火)

魔法の粉

201801133ii063 やっと魔法の粉を浴びたアオジに出会えました。ちょっと降りようが少なかったようです。

2018年1月12日 (金)

黄青地

201801063ii018 黄色い鳥が青空に映えていました。マヒワと間違えそうなくらい黄色いアオジでした。でも写真だとそれほど黄色くは見えないのがとても残念です。

2017年12月 4日 (月)

鏡アオジ

20171125k3ii003 アオジが2羽、向かい合わせに、まるで鏡に映っているかのように留まっていました。
20171125k3ii007

おまけに、同じように顔を動かすのです。

2017年2月 3日 (金)

一番効くのはやっぱり

201701141026 公園のミヤマオオジロガ増えてきました。でも黄色いシャッポの子は少ないんです。そういう子に近づこうとすると足元から、地味な子たちがパッと散って、黄色い子はさらに遠ざかります(泣き)。折角背景のいい場所に群れが居たんだけどね。

201701141029 魔法の粉が一番効いたのはこのアオジでした。歩道沿いの枝にパッと留まって、こっちが飽きるまでじっとしてました。

2016年4月25日 (月)

歩道食堂

20160417k52s001 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

R山の歩道上で、アカハラを含む小鳥たちが食事中。人が歩いて飛び去っても、しばらくすると戻ってきます。
20160417k52s032 他に来るのはアトリとカワラヒワと、アオジ。食べているのは草の種や、虫の幼虫などでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー