• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

2018年1月 6日 (土)

ちらっとな

20171231k3ii030 メジロ主体の混群の中に混ざっていました。平地の公園にもいるもんなんですね。意外でした。

2016年8月21日 (日)

孤高の鳥

20160820e1d4002 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

山の上ではまだホオジロが囀っていました。積雪に長年耐えてきたのであろう枯れ枝に味があります。
20160820e1d4001 ゴジュウカラも枯れ木の天辺に留まりました。下界ではなかなかお目にかかれない光景でした。

2014年7月27日 (日)

ホンドゴジュウカラ

20140720e1d4150 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
日暮れ前、宿舎近くの車道を歩いていたらアスファルトの上に鳥のようなものがいた。薄暗くもありとりあえず撮って液晶で確認すると、ゴジュウカラではないか。これまでシロハラゴジュウカラや、蘭ゴジュウカラなら、撮ったことがあったのだが、本土のゴジュウカラは初撮り。贅沢を言わせて貰えば、幹に逆さに留まっているところに出くわしたかった。
20140720e1d4168 翌朝も張り切って探したが、まだ薄暗いうちに逢えたこの一枚だけ。シジュウカラやコガラの群れの中に居たので、幼鳥なのかもしれないが、ゴジュウカラは見慣れていないのでよくわからない。

2011年7月25日 (月)

北の街総集編

Kitanomachi40di131
マガモ 
中島公園 

 さすがに中島公園は情報どおり、大して見所も有りませんでしたが、マガモは芝生(の雑草?)を食べながらどんどん近寄ってくれました。

Kitanomachi40d012
アオジ 豊平川 

 豊平川ではアオジのほかにオオセグロカモメも。朝早く散歩したかったのですが、二日酔いと雨に邪魔されました。豊平公園も早朝に行ってみたかった。ここは地下鉄の駅が近いので冬来ることが有れば絶対行ってみたいところです。

Kitanomachi5dmkii068
ゴジュウカラ 旭山記念公園 

 旭山記念公園ではたくさん出てくれました。中でもゴジュウカラは最接近約3mくらいの近さの木の幹に留まってくれました。幹には食べれそうな虫も留まっているようですが、好みのではないのかゴジュウカラは無視して行っちゃいました。 藻岩山への上り口ではツツドリの声、アオジとキビタキの囀り、ヤブサメの声、ガイドブックに載っている鳥達も確かにいるようですが姿は見れませんでした。残念ながらビジネスシューズだったのでこれ以上は登れませんでした。旭山記念公園の展望台から眺めた街です。市街地がこんなに近いんですね。

2011072240d001
 見られた鳥:ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、ホオジロ、アオジ、シジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、センダイムシクイ、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、キジバト、マガモ、オオセグロカモメ

 見逃した鳥:キビタキ、ヤブサメ、ツツドリ、ウグイス

2011年7月20日 (水)

下に~、上に~

Kitanomachi5dmkii063
ゴジュウカラ
 EOS5DMKII EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 シロハラゴジュウカラがまた戻ってきました。幹の皮を突いて食べ物を探しています。

Kitanomachi5dmkii065
 それから下に向かって駆け出しました。いかにもゴジュウカラらしい行動です。
Kitanomachi5dmkii073
 今度は逆に上に向かって駆け出しました。シロハラゴジュウカラも尾の付け根の辺は赤茶色なのがよく判りました。

2011年7月17日 (日)

おもてなし

Kitanomachi5dmkii045
ゴジュウカラ
 EOS5DMKII EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 ヤマガラの出現を合図に、堰を切ったようにいろんな鳥がもてなしてくれました。ヤマガラと同じくらい愛想がよかったのはゴジュウカラです。亜種シロハラゴジュウカラは内地のゴジュウカラと違って郊外の公園にもいるし、うれしいことにかなり近寄って呉れるんですね。

Kitanomachi5dmkii052
 下向きに留まってくれました。それからこの木の幹をあちこち移動してくれました。

Kitanomachi5dmkii056
 反対側に移って最後は一声鳴いてまた森へと消えていきました。

2009年2月24日 (火)

ようやくわかりかけてきた

10

ゴジュウカラ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1983年 道東

 先日、家族と久々にボーリングに行った。自分の持ち玉は素直な回転で威力がなく、いいコースへ行っても1本残ったり、スプリットになることが多い。横回転の威力あるボールが投げられる人たちをいつもうらやましく思っていた。

 この日は、いつもなら2ゲームでやめるのだが、あまりにスコアが悪かったのでもう一ゲームプレイした。腕が疲れたのでいつもならまっすぐ振りぬくところを、フィニッシュで手の甲が上を向くように振ってみた。この方がひじの辺りに掛かる負担が少ないからである。するとシュート回転で勢いのあるボールが転がっていくではないか。その回転でストライクを取ったときのピンのはじける様は爽快であった。これだ、この年になってやっと投げ方がわかった!

 50になっても楽しめるスポーツにボーリングもなるといいなあ。で、こじ付けで(シロハラ)ゴジュウカラでした。

 

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー