• 20191019k32070
  • 20191019k32066
  • 20191019k32067
  • 20191019k32060
  • 20191019e1d4004
  • 20191019e1d4027
  • 20191019e1d4033
  • 20191027k32054
  • 20191027k32057
  • 20191027k32070

2018年1月 4日 (木)

枝の上

20171231k3ii005 調整池の後背地を歩くとビンズイを飛ばしてしまいました。
20171231k3ii008 さらにシロハラに出くわしました。ようやく今季初撮りです。

2017年2月16日 (木)

タビンズイ

20170212fz009 何かが蠢いている?双眼鏡で探すとビンズイが残雪の中で採食していました。

2017年2月 8日 (水)

青空から降ってくる声

201701271004 公園に着いたら真っ先に空から声が降って来ました。

2015年3月 2日 (月)

偵察

20150228fz1000006 FZ1000/4K
春はどの位来ているかしら。R山に偵察に行ってみましたが、冷たい風が吹いて冬のままでした。遊具を風除けにして、隠れていたらビンズイがでてくれました。

20150228fz1000009 地べたじゃネタにならんのだろう、とばかりに枝に移ってくれました。20150228fz1000010 最後はこっち向いた瞬間シリーズ。この冬はMF2箇所でビンズイが見れました。

2014年4月26日 (土)

ささやき

20140419e1d4039 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
別の桜にも鳥の影、何か珍しそうな鳥!と少しときめきましたがよくよく見るとビンズイでした。
20140419e1d4045 ビンズイは老耳に聞き取るのが難しい声でささやくように鳴いていました。まだまだここで囀るわけにはいかないようです。
20140419e1d4059 この日、山道にはアオジの姿も。もうすっかり夏羽なんじゃないでしょうか。
20140419e1d4056 この子は恐らくエゾビタキ、秋は常連ですが、春も此処を通ってくれるのですね。そのほかキビタキにもこの春初めて出会えました。

2013年5月12日 (日)

変わり目

20130430e1d4002 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
四月の最終日、朝のうちにR山を訪ねてみました。夏鳥が羽を休めていないかと思ったのです。新緑の間で見つけたのはビンズイでした。この山で見るのは初めてです。一応夏鳥かな。
20130430e1d4001 被った枝が無ければ良い雰囲気のところに留まってくれたのですが。
20130430e1d4006 この日はのんびり屋のアオジも居ました。おや、もう初夏なのか?と首をかしげているようです。

2013年1月15日 (火)

大きいことはいいことだ♪

201301031d4061 ビンズイをあちこちで見かけるのですがいずれも遠いし、面白みが無くネタにならない。
20130103q10077 そこで新兵器の投入です。Q10+FA★200mmF2.8×1.4で、1562mm相当ですと。これなら携帯できるんです。ベンチの上に構えて撮って見ました。どうだでかい(だけ)だろう(ノートリミング)。
20130103q10078 一応花がらみ(とはいえ野菜みたいですが)も、押さえてみました。×1.4は蛇足でしたね

2011年1月14日 (金)

親戚大集合

201101025d250 ビンズイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 シメの手前にもう一羽降りてきて、ビンズイでした。ビンズイは何を探しに来たのか判りませんでした。ビンズイには毎年鹿児島で逢っていたので今年はもう逢えないかと思っていましたが地元で出逢えました。

201101025d222  正月と言えば親戚が集まったりするわけですが、この日の夕方にはタヒバリ、ハクセキレイが田んぼに降りていました。タヒバリとビンズイ、顔つき・背中の色・胸の模様の太さが違うのかな。

201101025d220  ビンズイの遠い親戚?のハクセキレイがこちらを向いてました、この時期にしてはセグロセキレイ並みに色が黒いです。

201101025d221  こちらは幼鳥ハクセキレイ。可愛らしいポーズをとってくれました。

201012195d135  キセキレイには、年末に実家近くで出会いました。ビンズイと同じようなポーズをしています。お腹の黄色が綺麗な個体でした。足の色はビンズイもキセキレイも良く似ていますね。(EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

2011010240d165  キセキレイは都濃神社の境内にも居て、ぴょんぴょん跳ねながら飛んでくる虫を捕まえているようでした。(EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

201012305d047  おっと、セグロセキレイを忘れていました。年末に沖田川で出会いました。みんな宮崎に帰省してるんですかね。

2010年1月13日 (水)

温泉街の野鳥達

Img_4592_2 メジロ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 宿に戻って周辺を歩いてみました。いかにも南国風の木にはメジロが居ました。

Img_4621_2  モズが梢に留まっています。綿毛のようなものは飛んでいました。何かの種なんでしょうか?

Img_4662  藪の中にはジョウビタキのオスです。

Img_4702  真正面から見るとなんだか白い帽子をかぶっているようです。

Img_4687  松ぼっくりが転がっていると思ったら1つはビンズイでした。

Img_4713  松の枝で大きな地鳴き声を上げている鳥はウグイスでしょうか。こうして1月1日の時間がゆっくりと過ぎていきました。2010年1月1日の記録②

2009年6月12日 (金)

秋の課題

Binzui01 夏のビンズイ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1983年頃

 6月ごろの蔵王で撮ったビンズイ、おそらくは葉っぱの上で囀っていたところだと思うが詳細は覚えていない。ビンズイとくればタヒバリではというのがつき物で、昔はタヒバリを見る機会の方がずっと多かった気がするが、最近ビンズイを見ることも多くなった。

Binzui02 冬のビンズイ  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング 2008年1月

 去年の正月、指宿で越冬しているビンズイの群れに会った。夕暮れが近かったためか眠そうな眼をしている。地面にいるときは暗くて撮れなかったが、丁度岩の上に上がったところでシャッターチャンスを作ってくれた。

Binzui03 春のビンズイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング 2008年4月

 去年の見島はビンズイが多かった。特に前半は絶対数が少ない割にはビンズイを良く見かけた。小路脇の木の枝に留まったビンズイは旅の疲れか眠たい眼をしていた。

 ここまでくれば、秋のビンズイもぜひ見なくてはと思うが、秋の渡りのころはどの辺を通るのだろうか。この秋の課題がまた一つ。とはいえビンズイは季節が変わっても変わり映えなさそうですが

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull Blackbird Brewer's Blackbird Chaffinch Dunnock Egyptian Goose Great Tit Greenfinch Heermann's gull House Sparrow Iceland Gull Jackdaw Jay Magpie Mute Swan Northern Mockingbird Nuthatch Ring-necked Parakeet Starling Western gull Woodpigeon アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオジ(シベリア) アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アマサギ アマツバメ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イワツバメ イワミセキレイ インドアカガシラサギ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオカラモズ オオクイナ オオコノハズク オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カラシラサギ カラスバト カラフトアオアシシギ カラフトワシ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラバト カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンムクドリ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウノトリ コウライアイサ コオバシギ コガモ コガモ(アメリカ) コガラ コクガン コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コホオアカ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラガホオジロ シラコバト シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ スズガモ スズメ ズグロカモメ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ タンチョウヅル ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウジシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツグミ(ハチジョウ) ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツリスガラ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ ナベコウ ナベヅル ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハクセキレイ(タイワン) ハクセキレイ(ホオジロ) ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメコンドル ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マナヅル マヒワ マミジロアジサシ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムシクイSP ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ リュウキュウコノハズク リュウキュウツバメ ルリビタキ ワシカモメ ワタリガラス 亀吉一家 伝書鳩 其の他 動物 夏休み 外コブハクチョウ 外コリンウズラ 外ソウシチョウ 夜空 彫刻 昆虫 楽天 機材 水族館 野花 鉄道 雑ガモ 飼鳥

フォト

カテゴリー