オナガガモ

ヒヨ渡る・カモ来る

20161015197 K-1 + A★1200mmF8 ED

背後から賑やかな声がして、ヒヨドリの群れに包まれました。手持ちシステムを用意しておけば、もっといい場面も撮れたのでしょうが。
20161015200 ハヤブサが出現することもなく。対岸へと渡って行きました。
20161015e1d4024 そこで1D4と328用意して待っていたけど、ヒヨドリは来ず、代わりにオナガガモの大群が沖へと飛んで行きました。

フライデー

20160717k1111 K-1+ ΣAPO150-500mmDG OS HSM
もう一羽のホシハジロは、オナガガモと仲良く食事中でした。思わずパパラッチしちゃいました。
20160717k1112 まずいと思ったのか、顔を隠しちゃいました。道ならぬ恋なのでしょうか。

扇風機

20160710e1d4064 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

カイツブリの親子を、オナガガモが羽ばたきで扇いでました。
20160710e1d4067 そのオナガガモの翼、羽が1枚、違う方向を向いていました。
20160710e1d4070 雛カイツブリたちが心配そうに見つめていました。

春を前に

20160221e1d4006 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII

まごまごしている間に手前の子は仲間たちの元へ帰っていきました。全部で7羽のクロツラヘラサギがいました。
20160221e1d4029 その前を春を前にきれいにおめかししたオナガガモが通り過ぎていきました。

陸の上の鴨

20151115k52s200 K-5IIs + A★1200mmF8 ED

刈取りの終わった田んぼでカルガモに
20151115k52s087 マガモに
20151115k52s090 オナガガモが大食事会。

4種同盟

20151002k52s141 K5IIs + ΣAPO150-500mmDG OS HSM

河口に残る陸地にシギが固まっていました。いるのはホウロクシギに、
20151002k52s034 ダイシャクシギとオオソリハシシギ、3種仲良くまったりと。
20151002k52s144 そこへオナガガモらしきエクリプス集団がやって来ました。カモ類も増えてきましたがいかんせん識別が面倒な羽衣を纏っています。
20151002k52s137 4種同盟を結び対抗するのは、飛行機?

飛ばしたのは

20131223k52s165 K-5IIs + A★1200mmF8 ED
河口ではカモたちがのんびりお昼寝中。
20131223k52s168 と思ったら急に飛び立ちました。
20131223k52s166 空に猛禽は見当たらず、ひょっとしてズグロカモメが犯人?
20131223k52s169 残ったカモたちも、なんだったんだぁ?と不思議顔でした。

難物

201311241d4001 EOS1Dmk4 + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XIII
拍子抜けするほど暖かい週末でした。この日の和白干潟はまだまだ閑散としていました。岸近くで鴨が採餌していたのですが、雌ばっかしですぐに名前が出てこない。
201311241d4002 マガモでもカルガモでもコガモでもヒドリガモでもなさそうな貴女はどなた?オナガガモは雄が側にいないと判り難い。

季節はずれ

Eos40d003 オナガガモ  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 6月最後の日曜日、出先のとある川の河口へふらっと時間つぶしに立ち寄ると、カモの群れが並んでいました。フィールドスコープで覘くとカルガモでないのははっきり判りました。

Eos40d008  そんな馬鹿なと近づいて確かめましたが、やっぱりオナガガモです。全部で12羽でした。1~2羽なら傷病鳥で片付けられますが、12羽はちょっと多い数字です。オナガガモは冬鳥であるという定説が間違っているのかもしれません。

_mg_1181  こちらはMFのウミアイサ、同日帰りに立ち寄りました。先週は♀だけを見かけたのですが、ペアで残っていました。♀が怪我をしていて♂が付き添っているのかもしれませんが、ここで繁殖してくれると雛や幼鳥がみれるかもと期待してしまいます。

沖田川の鴨と虹ガラス

201012305d027 オナガガモ、ヒドリガモ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 年末恒例の朝の沖田川探鳥、今年はなぜかカモ類の群れが飛び回っていました。愛宕山のテレビ塔の前を通り過ぎる瞬間を狙ってみました。

201012305d042  マガモやコガモ、ヒドリガモらは堤防を歩くと直ぐに飛んで行ってしまうのですが、ハジロ系は動じません。キンクロハジロの頭は朝日を浴びて紫に光ってくれました。キンクロハジロのこの色、銀塩時代からずっと狙っていましたが中々上手く撮れませんでした。5DMKIIは一発で仕留めてくれました。

201012305d033  同じように頭の赤いヒドリガモも居たのですが、ホシハジロだけ残りました。こちらも今まで以上に赤く輝いているようです。

201012305d051  例年猛禽類が何か出てくれるのですが今年は何も出ませんでした。その代わり虹ガラスが出てくれました。高千穂で降った雪が飛んできて溶けて虹になったようです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Black Headed Gull | Blackbird | Chaffinch | Dunnock | Egyptian Goose | Great Tit | Greenfinch | Iceland Gull | Jackdaw | Jay | Magpie | Mute Swan | Nuthatch | Ring-necked Parakeet | Woodpigeon | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカツクシガモ | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカハラダカ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イスカ | イソシギ | イソヒヨドリ | イワツバメ | イワミセキレイ | インドアカガシラサギ | ウグイス | ウズラシギ | ウソ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾムシクイ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオカラモズ | オオクイナ | オオコノハズク | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオミズナギドリ | オオメダイチドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オシドリ | オジロトウネン | オジロビタキ | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オバシギ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カツオドリ | カナダヅル | カモメ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトアオアシシギ | カラフトワシ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラバト | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | キアシシギ | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クマゲラ | クマタカ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | クロハラアジサシ | ケアシノスリ | コアオアシシギ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コオバシギ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コジュケイ | コチドリ | コチョウゲンボウ | コハクチョウ | コホオアカ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シノリガモ | シベリアオオハシシギ | シマアジ | シマキンパラ | シメ | ショウドウツバメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラホオジロ | ジョウビタキ | スズガモ | スズメ | ズグロカモメ | セイタカシギ | セグロカモメ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウヅル | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウジシギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツグミ(ハチジョウ) | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツリスガラ | ツルシギ | トウネン | トビ | トラツグミ | ナベコウ | ナベヅル | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハクセキレイ | ハクセキレイ(タイワン) | ハクセキレイ(ホオジロ) | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハマシギ | ハヤブサ | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒシクイ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメアマツバメ | ヒメイソヒヨ | ヒメウ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビンズイ | フクロウ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニアジサシ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | マガモ | マガン | マナヅル | マヒワ | マミジロアジサシ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミツユビカモメ | ミフウズラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムシクイSP | ムジセッカ | ムナグロ | ムラサキサギ | メジロ | メジロガモ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤンバルクイナ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨシゴイ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウツバメ | ルリビタキ | ワシカモメ | ワタリガラス | 亀吉一家 | 伝書鳩 | 其の他 | 動物 | 夏休み | 外コブハクチョウ | 外コリンウズラ | 外ソウシチョウ | 彫刻 | 昆虫 | 楽天 | 機材 | 水族館 | 野花 | 鉄道 | 飼鳥

フォト

カテゴリー